地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
FAX:03-3713-9932
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org
 
 

地球ことば村日本語特別授業「世界でひとつの 私の歌2008」
第2回授業

 

 針生美智子さんの「小さい秋 見つけた」の歌から、2回目の授業開始。今日はそれぞれ、歌にしたい思い出をまず作文にしてみます。書き終えた何人かが、朗読して発表。楽しかった夏休みやスポーツで感じた喜びなど、さまざま。そして一回目の授業で聴いた「砂山」と「雪やこんこ」の歌詞をお手本に、歌になることばにしていきます。

 1. 文字の数をそろえる。2. リズム感のあることばを。3. 息が吸えること。この3つがポイントと角先生。次回の授業では、その全作品に曲がつけられると聞いて、皆真剣な表情で原稿用紙に向かいます。

授業のようす 「書き終えられなかったひとは宿題です。なにか特別なことを書かなくては、と思わなくていいんですよ。毎日学校に来たりする、そういうことも詩になる。今日の最後にその見本の歌を聴きましょう。教室で立たされたり、そういう毎日のことが歌になっていますから」井上陽水の「決められたリズム」を針生さんが歌います。「笑われたこと 立たされたこと・・・・ときめいたこと 渡された白いラブレター」くすくすっと笑うひともいました。3月の授業でどんな歌が聴けるか、子どもたちも先生も楽しみにしています。