地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
FAX:03-3713-9932
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

ことば村・ことばのサロンB

2006・4月のことばのサロン
▼ことばのサロンB
「『かわいい』を考える?ポジティブフェイスと潜在的威信」
話題提供 八木橋宏勇・慶應義塾大学博士課程

現代の女子高生を中心に、絶対的価値として使われている「かわいい」をとことん考えてみるサロンでした。

そのように(この場合は「かわいい」)いわれたい・仲間になりたいという友好的な面=ポジティブフェイスと、同じことばを使うことで仲間であることを確認する・使わない世代を切り離す=潜在的威信 の両面が若者のことばにあります。

まず、参加者がそれぞれ、かわいいと思う・かっこいいと思う・かわいくないと思うの例として芸能人をあげてみました。

例えば かわいい=仲間由紀恵 かっこいい= かわいくない=泉ピンコ など。そこからわかること。

「かわいい」とは無垢・はかなさ・年下・心理的に近い
「かっこいい」とは強さや大きさ・成熟や完成・あこがれ・心理的に遠い
「かわいくない」とは未完成なのに完成していると自認・自己主張・他人に厳しい
などが連想されて・・・・。

また、女子高生の携帯メールの文字を取り上げ、小文字の多用、絵文字の多用、などがみな、「かわいい」から使われていること、そこから、彼女たちはことばの意味だけでなく、「パラ言語的要素」を自由自在に使っていることがわかりました。つまり、声の抑揚やリズムなどを視覚化しているわけで、これらの文章は実は文章というより、声による会話が形をかえたものなのだ、と。

参加者の中から、世代を超えて、女性は「かわいい」といわれることに抵抗が無い。けれども、男性は「かわいい」といわれると一瞬たじろぐという意見が出ました。そこから、「やっぱり、おんなは気立て良く、器量よしで、バカがいい」という先入見があるのではないかという声も。

判じ文字のような携帯メールに取り組んだり、笑いの絶えない楽しいひとときでしたが、現代の若者の心の一端に触れたように思えます。この続きはまた、6月のフォーラムに発展することになりました。