地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
FAX:03-3713-9932
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

ことば村・ことばのサロン

2012・4月のことばのサロン
▼ことばのサロン

 

「ネパールのことばと文化」


● 2012年4月7日(土)午後2時-4時30分
● 慶應義塾大学三田キャンパス研究室棟126会議室
● 話題提供:サルジュ・パンディットさん
 (カトマンズ大学3年生・コンピューターサイエンス)


サルジュさんと小林会員 初めて日本を訪れたというサルジュさん、ネパール語の会話をデワナガリー文字でホワイトボードに書き、参加者ひとりずつ、発音練習をしました。英語での説明を小林会員が訳して、ネパール語の特色、ネパールの文化について聞きました。最貧国のひとつで、その原因のひとつには、教育水準がまだ低いこと、政治家が私腹をこやす場合があること、カースト制があるらしいこと、など、率直なお話に、参加者からも質問が相次ぎ、知っているようで知らないヒマラヤの国に思いをはせました。
 当日配布されたレジュメを以下に掲載します。


ヒマラヤの国 ネパールのことばと文化

【ことば】

NamasTe, mero nam Sarju ho.
ナマステ、私の 名前は サルジュ です。

Tapaiko nam ke ho?
あなたの 名前は 何 ですか。

Mero nam Kobayashi ho.
私の 名前は 小林 です。

文字はサンスクリット系のデワナガリー文字である。

デワナガリー文字 ネパール語は国民の70%が話すインド・アーリア系の言語で、ほかにチベット・ビルマ系の言語、モンゴル系の言語がある。ネパール語の音図は日本語の五十音図の順序と同じで、母音はア、イ、ウ、エ、オ、子音はアカサタナハマヤラワである。語順は日本語と同じで、尊敬語もある。
 母音は12個、子音が36個もあり、人称により動詞の語尾が変化するのはヨーロッパの言語のようである。

【地理】

 ネパールは東西と南をインドに接し、北を中国にかこまれた南アジアの内陸国である。ネパールは東西に800km、南北に200kmある。面積は14.7万平方km(北海道の1.8倍、北海道・九州・四国を合わせた大きさ)、人口は2,700万人。そのうち約200万人がアラブ首長国連邦、マレーシアなどに出稼ぎに行っている。カトマンズが最大の都市で人口は約500万人。
 国土は三つの部分からなる。ヒマラヤ山脈、丘陵部、平野部である。南は亜熱帯地帯で北は一年中雪に覆われている。エベレストは8,848mで、ほかにも世界最高峰の山が7つもある。20,000フィート(6,096m)を越える峰だけでも240を数える。
 ネパールでは季節は五つに分かれている。夏、モンスーン、秋、冬、春である。

【宗教】

 ネパールにはヒンドゥ教徒が最も多く、ついで仏教徒が続く。しかし、多くのネパール人はヒンドゥ教と仏教を厳密には区別せず、仏教系のお祭りにも参加する。北部山岳地帯には仏教徒も多い。9月の祭りDashainは何日も続く。ほかにもTihar、Jayanti(釈迦の誕生日)など大きな祭りがある。
 釈迦はネパール南部のルンビニで生れたとされ、ルンビニは現在世界遺産になっている。中国の僧侶玄奘三蔵は7世紀にそこを訪れ詳細な記録を残している。

【生き神様】

 ヒンドゥ教には生き神様を崇拝する習慣がある。生き神様は「クマリ」と呼ばれ、Taleju神の生まれ変わりだと信じられている。ネパールには生き神様が数人いる。有名なのはカトマンズの宮殿に住む「クマリ」で、ヒンドゥ教の神であるが仏教徒である。生き神様には生理前の女性が選ばれる。

【歴史・王制】

 ネパールは王制であった。1768年にグルカ族の王Prithvi Narayan shahがいくつかの小国を統一してネパールに王制を敷いた。シャーはインドから兵器の援助を受け、一時はキッシムやチベットへも進出したが、やがて、ネパールはイギリス東インド会社と対立しネパール・イギリス戦争(1814-1816)へと発展した。
 はじめは英国軍が優勢であったが、やがて勇猛なグルーカ兵に圧倒されるにいたる。戦争は1816年Sugauli条約により終結し、ネパールは獲得した領地のうちシッキムなどを失うことになった。この戦争はグルカ戦争とも呼ばれる。グルーカ兵はその後もイギリスの植民地で傭兵として使われることになる。
 1996年に共産党毛沢東主義派が王制を打破すべく人民戦争を開始した。2006年には民主化要求デモが流血事件に発展し、2008年には王制が廃止され共和制に移行した。ネパールの大統領はDr. Ram Baran Yadavである。
 ネパールでは18歳から選挙権が与えられる。

【社会】

 ネパールでは1924年まで奴隷制が行われていた。その後も借金のかたに奴隷になるものは後を絶たず、子どもの代までそれが受け継がれるなど、社会問題化した。
 1990年代の初めまでは女性の地位は低く、家長の地位が絶対的だった。ネパールには92の民族が住んでいるといわれ、女性の地位は民族によっても異なる。しかし、現在では女性も教育の機会を与えられようになってはきている。
 しかし、ネパールにはカースト制もあり、社会階層は複雑である。
 現在ネパールでは兵役は義務ではなく、死刑は廃止されており、アジアでは数少ない国になっている。また、同性の間の結婚が認められているアジアでは数少ない国の一つでもある。

【教育】

 人口の約40%が14歳以下、約60%が15歳から64歳で、65歳以上はわずか3.7%、平均年齢が20.7歳という若い国である。
 ネパールには国内最古のトリブバン大学、カトマンズ大学などいくつかの大学がある。しかし、国民の識字率は68%といわれている。つまり、人口の3分の1は非識字者ということである。

【経済】

 国民一人当たりの国民総生産は1,200ドルである。国民の25%は最貧困層(1日1ドル25セント未満で生活)であり、失業率は就労可能人口の40%ともいわれている。貧富の差は大きく上位10%の世帯が経済の40%を支配しているといわれる。
 農業が主な産業でありネパールのGDPの40%、人口の76%を農業が占めている。ネパールの経済は年間5,000万ドルに及ぶグルーカ兵からの送金でまかなわれている。
 ネパール人はインドへの行き来はパスポートもビザもなしに行われる。しかし、内陸国のため、輸出入はインドのカルカッタを通して行われているが、道路などインフラの整備は遅れている。

【文化】

 ネパールの料理はインド系でdal-bhat-tarkariが有名である。ダルは豆のスープで、タルカリー(野菜カレー)とともにご飯にかけて食べる。東京にも渋谷の桜ヶ丘などネパール料理の店がいくつかあり、モモ(ネパール式蒸し餃子)、バター茶などが味わえる。
 ネパールの新年は4月中旬であり、休日は土曜日である。
 ネパールの民謡はlok geetやlokdohariなどがある。

【日本とネパール】

 日本とネパールの関係は現在良好であり、経済援助額はイギリスについで世界第二位である。最近では東日本大震災で帰国した中国人の農業研修生にかわってネパール人の研修生を受け入れる動きもでてきている。

以上

(文責:事務局)