地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

ことば村・ことばのサロン

2016・1月のことばのサロン
▼ことばのサロン

 

「南インド―言葉と祈りと音楽と」


● 2016年1月23日(土)午後2時-4時30分
● 慶應義塾大学三田キャンパス南校舎452教室
● 話題提供:井生明先生(写真家・インド古典音楽研究)


会場のようす


井生明先生  井生明先生は世界中を旅する中で、インドの古典音楽に魅了され、チェンナイに滞在、南インドの音楽をはじめとしてその風土、人々の魅力を伝えようと活動していらっしゃいます。デリーなどの北インドにくらべて紹介されることが少ない南インド、そのカルナータカ音楽は、井生先生によれば「ハイパー宗教音楽」。ヒンドゥ―教司祭であるバラモン階級の人々の祈りの音楽です。このサロンでは、たくさんの映像・音源で音楽や町の風物を見せて頂きました。独特のリズムとメロディーをもつカルナータカ音楽は初めての耳にはラップを思わせるような生き生きした雰囲気があり、コンサートに集まる人々も、体全体でその響きを楽しんでいるようです。打楽器の習得のために使われる「リズム言葉」は日本のの口三味線をもっともっと華やかにしたように聞こえました。

 井生先生は演奏者の招聘にも力を入れていらっしゃいます。4月8日と16日には「天上のリズム」と題してのコンサートが東京で開かれます。
「天上のリズム」オフィシャルHP(別ウィンドウが開きます)
 http://vikku-vinayakram.com/

 サロンの全容はYouTubeでお楽しみください。

YouTube映像
 https://youtu.be/eczVAzrzIKw(別ウィンドウが開きます)



井生先生のご著書や南インド音楽のCD


(文責:事務局)