地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24

FAX:03-3713-9932
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

大連の水文字(地球ことば旅)


中学時代を大連で過ごしたというかたの誘いで、初めて大連に行った。戦前の 大連、そして満州については、日露戦争の舞台であったこと、その後日本が占 領していたこと、満州事変から太平洋戦争へと拡大していったこと、戦後は在 満日本人が苦労の末引き上げ、あとに沢山の孤児をのこしてきたこと、そんな おぼろげな知識しかなかった。アカシアの花がきれいですよ、という旅の誘い を聞いた時に、その知識のかけらが頭を巡って、のんきに観光に行ってもいい ところかしらと少しためらう気持ちがあった。 マーケット

空港からホテルへ、看板の漢字を除けば、まるでヨーロッパのどこかのような 建物が続く不思議な都市の風景。翌日旅順の水師営に行く。乃木大将とロシア 軍のステッセル将軍が、日露戦争終結の会談を行った藁葺きの民家が記念館と して保存されている。壁には日露戦争の戦場やその後の日本占領時代の生々し い写真が展示され、中国語と英語の説明がついている。流暢に日本語を話す老 人が、私たちを案内し、展示物の説明をしてくれた。 水師営日 本人の旅行者だと分かっ ているからだろうか、日本軍が住民を処刑しているような写真については触れ ない。私は中国の簡体字をながめ、英語を読んで、侵略者・日本人が、いかに ひどいことを行ったかとはっきりと書かれているのに、と、なんともいえない 居心地の悪さを感じて老人のおだやかな横顔を盗み見た。
簡体字の「殺す」と いう字が、初めて見たものなのに、一瞬で分かった。

人民公園滞 在していたホテルの前には大きな人民公園がある。大連の人たちの息吹に触 れたくて、翌朝、行ってみた。 花壇や植え込みの間のちょっとした空間で、た くさんのおばさん、おじさん(若者はあまり見かけない)が太極拳に似た踊り を踊っている。扇を持つグループ、剣をもつグループ、さまざまに一生懸命、 でも楽しそうに体を動かす。 おじさんそ の傍らで、長い筆を持ったおじさんたちが何か しているのに気づいた。近寄ってみると、バケツの水を筆に含ませ、石畳に文 字を書いているのだった。どの人も、見事な文字をするすると書いていく。あ まりに素敵だったので、一行書き終えたおじさんにカメラを見せて、撮っても いいか?と目顔でたずねると、にっこりうなずいて、そして、筆に新しく水を つけると一気に一行書いてくれた。日中友好と。

日中友好こ れまでに会った大連の役所のかたなどはみな、「中日友好」と言っていた。 それが当たり前だと思う。それが、このおじさんは「日中友好」と書いた。そ してまたにっこりして早く撮れ、というような身振りで私をうながした。そう、 早く撮らないと、水の文字は乾いて消えてしまう。何枚か続けて、私はシャッ ターを切った。

4泊5日の大連で一番心に残ったのは、朝の石畳にぬれて光った「日中友好」 だった。文字とその意味が、いくらか窮屈だった私の気持ちを楽にしてくれた。 あのおじさんの笑顔と共に、あの文字が思い浮かぶ。1、2分後には消えてし まったあの水の文字が。

《事務局 Y.O.》