地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

FAX:03-3713-9932
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

サンフランシスコからの手紙


 Foster Cityに暮らすのが長くなりました。言葉に悩み苦しめられ、魅せられ引きずられて生きてきました。わたしの目で見た一部でしかありませんが、ちょっと驚いた経験として、日系二世の日本語を聞いた時の事があります。顔を見ないで声だけで聞いた彼の日本語が父親にそっくりなんです。貴方はサムの息子ですかと聞いたらYesと答えました。
 日本から来た人がベイエリアに住む日本人の日本語を聞くと古い日本語だと言います。ベイエリアに住む日系人は、自分が持込んだ時代の日本語で生きていますから、いつか日本語の化石を作る事が出来るかもしれません。
 ベイエリアには、洪水等の災害を経て九州、広島などから村ごとアメリカに来た人たちもあります。村が引っ越しをして来たわけですから習慣やお付き合いも日本風だったりするのだと思います。

 アメリカには日本人だけでなく、海外から来て宗教や政治的な問題から集団で暮らす社会があります。海外から来る時に持込んだ習慣や言葉がそのまま生きていたりします。
 チャイナタウンでは、迷い込んだら出て来る事が出来ないとか。隠れて生きて行く事が出来るとか聞きました。中国人社会がアメリカで生きて来た歴史と成り立ちがそうさせるのだと思います。ゴールドラッシュ時代、中国人が襲われる事がしばしばあって、襲撃がくると洞窟に隠れたと言う事もあったと聞きます。
 中国人社会で中国語だけで一生を生きて行けた。高齢の女性たちを見てごらん、化粧もしないで英語も話さないで生きて来た。アメリカで中国人として生きていられた。その社会では、中国語を話す人と言葉が生き、その言葉を話す人が亡くなれば言葉も一緒に死亡するのだと思います。

 移住社会には外側とコミュニケートがあるものと、小さいグループで外側の社会とは関係がなく生きている所とあります。そういう中でも子供たちは英語をネイティブの先生から学ぶとともに、自分たちのコミューンで自分たちの言語を教わったりします。アートのクラスでの聞きかじりですが、子供の躾の問題では少人数であるがための利点もあると言います。子供の教育と躾が行き届いて安心して子育てが出来たと言う人もあります。若年で母になる問題がありますが、小さなコミューンではその心配がなかったと言います。子供がもっと子供らしく育ったと言います。
 台湾の知人を通じて台湾国母の会の方々に何人かお会いしました。台湾の政治的な状況もあるのですが、子供たちは二重国籍とか英語、日本語、台湾語の三つの名前を持っていたりします。幼稚園からの教育で三カ国語を話せるようになるのは普通、これからの教育には三カ国語を話せるのが普通と言います。その子供たちは親と同じようにやがて台湾社会と世界をまたにかけて働く人になるのかも知れません。国民全部がと言う事ではないが、ヨーロッパでも国境が近いところでは何カ国語でも話す人はあるらしい。
 幼稚園から呼び出しがかかって、あなたの子供はデベロップが遅いから問題があると言われて困っていた親を何人か見ました。家庭では母国語、幼稚園では英語環境です。けれど、彼らも幼児期から小学校低学年の間アメリカに住んで英語をマスターし、小学校中頃からメキメキと頭角を現してやがてアメリカの社会人になります。
 駐在員の子どもの場合は、日本に戻って行くと日本語環境になりますから、英語の読み書きが全く出来なくなる例もあります。もともと日本語教育を受けてから、英語社会で生きた人の場合は、高齢になるとアメリカにいても、日本語と日本食が口に合うようになるらしい。

 日系人の多くは、教育を受けアメリカ社会で活躍をしていますが、日系人社会は、第2次世界大戦前後をはさんで苦しんだし学ぶ事も多かっただろうと思います。日系人の日本語を基準にして見てみると、アメリカには色んな日本人が暮らしているのだなと思います。主人が特定の日本語しか理解出来ず、その少ない言葉だけで暮らして来たから、私の話し言葉は壊れています。けれども、日系人社会とアメリカ社会の両方に(仕事を持って)生きて、壊れていない日本語を話せる人もいます。そういう美しい日本語を聴くと心がほっとします。
 親が自分に口うつしで教えた言葉はHeritage 相続財産だと思います。方言は地方の暮らしの中に生きている言葉ですから最も重要なHeritage 相続財産です。
 突然魔が差したように自殺をする子供や青年たち。親や関係者は、何故なのかどうしてなのか解らないと言います。自分が社会と繋がっていて、自分が生きている事に意義があると認めるためには、親からの口移しの文化相続をしていたらいいのかも知れません。

 教育を一本化して教育方針があるよりも、ベイエリアの家庭学校で進歩的な親たちが子供の教育をしているように、子供が育つ環境で人間を作って行く事が良いと思います。寺小屋式にもっと特別才能教育をしたら良いと思います。辺地の子供の少人数の教育には興味があります。日系人のことばから、いろんなことを考えました。お元気で、また。

(T.W.)