nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

メロエ文字 英 Meroitic script,仏 Méroïtique


今日のスーダン共和国北部に位置するメロエ(古代ヌビアの都市国家)で使われていた銘文の文字で,クシュ語群に属する古代ヌビア語が記されているので,クシュ(Cushitic)文字とかヌビア(Nubian)文字と呼ばれることもある。紀元前 3 世紀頃にエジプト聖刻文字を範型にして作られ,紀元 4 世紀前半まで使われたが,その後はコプト文字に取って替わられた。→ 矢島

文字構造

メロエ文字には,楷書体と草書体の 2 種がある。これらが古代エジプト文字の記念碑体(ヒエログリフ)と民衆文字(デモティック)を模して作られたことは,対応する文字記号の比較によって明らかである。

しかし,用法には大きく異なる点が 2 つある。第 1 は文字数であって,古代エジプト文字が数百個を数えるのに対し,メロエ文字はわずか 23 個からなっている。そのうち 4 個は母音(a,e,ê,i),2 個は半母音(y,w)を表し,やや不完全ながらアルファベット文字に近づいている(不完全というのは,アモン /amon/ の表記を amn あるいは mn でするようなもの)。第 2 の点は,書字方向の問題で,エジプト聖刻文字,ヒッタイト聖刻文字では文字記号に人面,獣面がある場合,これに対向する書字方向を用いているが,メロエ文字ではその反対となっている。つまり,古代ヌビア人は古代エジプト人から文字記号のあるもの(音価が類似しているもの)を借用したが,その機能は無視し,すでに広く使われていたギリシア・ラテン文字体系の完全アルファベットの影響を受けつつ,独自の文字体系を創りだしたということができる。

上から楷書体,草書体,音価を示す。

メロエ語テキスト

サンプルテキスト

文例は,下ヌビアのカスル・イブリームから出土した砂岩製墓石の冒頭。紀元前 300 年頃。→ Millet

「おお…,イシスよ! おお… オシリスよ! 高貴なるタメィエ,ここに眠る。イクァレカィエは彼の父,カディタレィエは彼の母。彼は「ソソネテ」役人たちと縁続きで,都市支配者ケシュオィエと縁続きであり,「アダブ」代官セクェティケと縁続きであった。」

碑文の文字

左図:メロエ文字による碑文が刻まれたメロエの王子の墓石。中央にオシリス神が座す、アテフ王冠を被り手にはむちと三日月刀を持つ。王座のわきには上・下の両エジプトの大半を征服したシンボルが,頭上には太陽のディスク〈1 対のコブラおよび 3 対の翼を持つ〉を乗せたホルス神が描かれる。妻のイシスがオシリスの後ろに立っている。右図:メロエ文字による碑文が刻まれた奉納物のためのタブレット(祭壇石板)。女神イシスと冥界の神アヌビスがワインを 4 つの献酒壷に満たしている場面。→ Budge

楷書体

メロエ文字は草書体が先に作られ,のちにその草書体を絵文字にしてメロエ・ヒエログリグが作られた。図左はメロエ・ヒエログリフで,それを写したものが右図である。→ 山下

テキスト入力

ユニコード

ユニコードの次の領域に収録される。楷書体 U+10980..U+1099F,草書体 U+109A0..U+109BF。フォント Nilus ttf は http://luc.devroye.org/douros/ から入手する。

関連リンク

[最終更新 2018/08/20]