地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org


世界の文字

現代ウイグル語の文字 英 Uyghur script


現代ウイグル文字は,中国・新疆ウイグル自治区に住むウイグル人が使用するチュルク系の言語である現代ウイグル語を表す文字である。現代ウイグル語は,ウズベク語と共にチュルク語東部方言チャガチ語群に属し,言語学では古代ウイグルが使用した「古ウイグル語」とは差異が大きいため区別され,「新ウイグル語」「現代ウイグル語」などと呼ばれる。

ウイグル語表記の変遷

ロシア側

キリル文字表記

1920 年に,隣接するカザフやキルギスに住むウイグル人がソ連邦に併合される一方で,ウイグル人の大部分は清朝,中華民国に引き継がれ,1955 年以降は中華人民共和国に暮らすことになる。ソ連側ではラテン文字でウイグル語を表記することが試みられたが,すぐにキリル文字表記に換えられた。→ Omniglot Uyghur

キリル文字アルファベット表

中国側

現代ウイグル語はアラビア文字,ラテン文字の導入の試みに伴う文字改革を経て,1980 年代にはアラビア文字表記に復した。 [1] [2]

アラビア文字表記

中国側では 1930 年代後半から,アラビア語やペルシア語由来の外来語でしか使用されない文字([θ, ð, ħ, ṭ, ð̣, ṣ, ḍẓ, ʔ])を廃止,母音をすべて書き表すなど,アラビア文字表記の改良が試みられた。追加された母音字は 1, 21, 22, 28, 29 および 30 である。また,ウイグル語固有の音を表す文字 3,6,12,19 を追加した。下記の文字表は 1950 年代に使用されたものである。


1983 年にラテン文字表記は再びアラビア文字表記に戻された。その際,以前のアラビア文字表記では曖昧だった /o/(25)と/ø/(27),/u/(26)と/y/(28)も区別されるようになり,ウイグル語のアラビア文字表記は,音素表記と言ってもよい表記となった。

例文 「世界人権宣言第1条」

ラテン文字表記

1960 年になると,ソ連でのキリル文字表記の影響もあって,ラテン文字表記が採用されることになった。この表記は,基本的に中国語のピンイン(拼音)と同じで,/ʧ/,/ʃ/ はそれぞけ,q,x のように表記される。次の文字表は 1976 年に改定されたものである。


最新ラテン文字表記

下記の文字表は Uyghur Latin Yéziq (ULY) と呼ばれ,2000 年~2001 年にかけて新疆大学における会議によって提案された新たなラテン文字表記法である。


テキスト入力

ユニコード

ウイグル文字は,ユニコードの収録位置U+0600..U+06FF のアラビア文字領域に含まれる。下表はウイグル語用フォントを用いて作成した。



ウイグル文字表示テスト

ウイグル文字の表示には,汎用のアラビア文字用フォント [3] を使用する。

正しい表示お使いのコンピュータでは
ئىنئام

ウイグル文字入力方法

ウイグル語用スクリーンキーボードをデスクトップに表示して,キーボードから文章を入力する。タスクバーには ISO 639-1 の言語コードでウイグル語を表す「UI」が表示される。【参照】 多言語環境の設定


関連リンク・参考文献

[最終更新 2018/10/20]