nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

ソグド文字 英 Sogdian script


 紀元前2世紀頃のソグディアナの位置
ソグド語とは,ソグドに定住したイラン系の民族の話す言語で,現在イランで話されているペルシア語の遠い親戚である。ソグド人は,アケメネス朝時代に導入されたアラム文字で,彼らの言語を表記するようになった。一般にソグド文字と呼ばれているものは,このアラム文字が,サマルカンドを中心としたいわゆるソグディアナ(Sogdiana)で独自の変化を遂げてできたものである。文字を書く方向も,本来アラビア文字のように,右から左に横書きしたものが,すでに 6 世紀には上から下に縦書きするようになっていた。後にこれがウイグル人に,ウイグル人からモンゴル人に,さらには満洲人に受け継がれていったことは有名である。以下,吉田 2001

文字資料の発見地としては,まず敦煌の蔵経洞およびトゥルファン盆地があげられ,この 2 つの地方で,全体の 9 割近くが出土している。敦煌で発見された資料のなかで最も古いまとまった量のものは「古代書簡」と呼ばれる古風な言語で書かれた手紙である。若干の断片は,東トルキスタンの各地(ショルチュク,クチャ,コータン,ローラン)からも出土している。ソグド本土のものとしては,サマルカンドの東方のムグ山で発見された,80 点ほどのムグ文書が有名である。→ 吉田 1991

ソグド文字は,いくつかの字体に分類することができる。「古代書簡」が書かれている文字は,その後の文献の文字に比べて古風で,アラム文字の特徴を多く残している。また,アラム文字に比較すれば草書化しているとはいえ,一つ一つの文字はまだ別々に書かれている。8~10 世紀に書かれた文献の文字には 2 種の字体が区別できる。その 1 つは正書体(formal script)と呼ばれるもので,多くの仏典がこの文字で書かれている。この字体は西暦 500 年頃に成立し,正式な文書を書く文字として定着したものと推定されている。もう 1 つの字体である草書体(cursive script)は,ムグ(Mug)文書に見いだされ,遅くとも 7 世紀には成立していた。

文字構成

次に掲げる文字表において,文字の名称は,セム系の文字に一般に与えられているものである。アラム文字は,エレパンティネ(Elephantine)出土のパピルス(前 5 世紀)に見出されるものである。草書体の文字としては,ムグ文書のものを使っている。語末で特殊な形式をとるものは,カッコの中に入れてある。n と z および x と γ は語頭・語中では区別されないが,語末では前者は引き伸ばされた尾をもち,後者はそれをもたない。草書体の文献では,語中においても,n や x と区別するために x と γ は後続の文字から切り離して書かれる場合がある。


ソグド語テキスト

『善悪二兄弟の物語』 (紙本墨書 5 世紀 敦煌)京都国立博物館 編(2009)『シルクロード文字を辿って ロシア探検隊収集の文物 : 特別展覧会』(京都国立博物館)

『古代書簡』(正書体)

「神聖な主,パラック(?)・ナネースヴァル・カナック様に,千と万もの挨拶,うやうやしく跪いて,(ちょうど)彼らの神々に捧げられるように,彼ご自身の奴隷ナネーパンテーによりかかれたもの。」 ―万里の長城の郵袋から発見された古期ソグド語の「古代書簡」より。→ Skjærvø

「ルスタム(ロスタム)の物語」(草書体)

「彼ら(悪魔たち)は勇者ルスタムを探すために出発した。そしてその時,知覚鋭き(?)ラクシュ(ススタムの馬)がやってきて,ルスタムを起こした。ルスタムは眠りから起き上がり,すばやく豹皮の着物をまとい,弓入れを結びつけ,ラクシュにまたがると,悪魔たちのほうへと急いだ。 ―「ルスタムの物語」の(マニ教の?)のある版より。」→ Skjærvø

横書き・縦書き

文字の書き方の方向という点では,ソグド文字はアラム文字同様,右から左へ横書きされていたと一般には考えられている。しかし,上から下に縦書きされている文献が仏典には見いだされる。このことは,さし絵や漢字,ブラーフミー文字の添え書き,貝葉本での書き方の方向から知られる。さらに,7 世紀の初めにソグディアナを訪れた玄奘も,この地域では文字は 20 余字からなり縦に読まれていると報告している。以下,吉田 2014

次は,敦煌の西にあった狼煙台の遺跡で発見された,312 年頃に年代比定されるソグド語の手紙である。これは,紙の右辺にやや大きな余白をとって書き始めたが,下辺まで書き進んで書き足りないと,右辺の余白に,今度は上から下に向かって,90 度回転して書いていったものである。この例に見られるように,4 世紀初めの古代書簡では,ソグド文字はまだ横書きされていたと推定できる。


次は,サマルカンドの東,ムグ山の砦の遺跡から発掘された書簡(722年)である。そこでは受取人が目上の人の場合,冒頭に受取人の名前が来て,その後に差出人の名前が続くがその書き出しは,受取人の書き出しより一段下がって書き始める。受取人に敬意を示し行の始まりの高さを変えるこの方式は,漢文の書式の平出を真似たものであろう。これは,ソグド文字の縦書きと同じ時期に導入された方式であろう。


ユニコード ソグド文字

古ソグド文字をユニコードに登録するための予備提案 が Anshuman Pandey によって提出されている。


関連リンク・参考文献

[最終更新 2018/10/20]