地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
FAX:03-3713-9932
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org



「世界の文字」について

Unicodeの普及に伴い,多言語環境を整えることが一昔前に比べ飛躍的に容易になりました。

古代から現代まで,文化的・宗教的・歴史的・学術的観点で重要な意味をもつさまざまな言語と文字を,ご覧くださる方がご自身の手で書き記す際に,このページが何らかのヒントを提供できる契機ともなれば,と念じています。

ご意見やご指摘などをお聞かせください。

稲垣徹
t-ing at tbh.t-com.ne.jp
(" at "を"@"に変えてください)

世界の文字

ミャオ語・ラテン文字


ミャオ(苗)語は,中国,貴州省を中心に,広西壮族自治区,湖南省,四川省,雲南省などの中国南部,および,インドシナ半島のヴェトナム,ラオス,タイの3か国に分布する。この言語は大きく3つのグループに分けられ,それぞれの自称で「人」を意味することばから,「コション語」(または湘西[しょうせい]苗語), 「フム語」(または黔東[けんとう]苗語),「フモン語」(または川黔滇[せんけんてん]苗語)とよばれている。 [1]

ポラード文字苗語各方言 [2] を表記するのに不適切なところが多いため,中華人民共和国成立後,ラテン文字による新しい表記案が作られた。1956年10月に,貴陽で民族代表も参加した「苗語語言文字問題科学検討会」が開かれ,席上,漢語の拼音方案の原則にのっとり,黔東方言,湘西方言,川黔滇方言の川黔滇次方言の3方言それぞれに,ラテン式苗文字案を作ることが決定された。1956年の案はその後改正されたが,1961年にいったん中断された。その後,1981年(黔東)と1983年(湘西)に復活し,改良された方案が現在使われている。字形はラテン字形26文字をそのまま使うが,組み合わせ方法が各地で異なり,6あるいは8種の声調は,音節末尾に特定のローマ字1字を加えて表記する。 [3]

湘西苗文

苗语湘西方言の主要な分布地は湖南省湘西土家族苗族自治州,貴州省松桃(しょうとう)苗族自治县。話者数約百万人。

湘西苗文子音字・母音字  [4]

湘西苗文は48の声母と35の母音からなる。


声調表

湘西苗文には6種類の声調があり,音節末尾に声調を特定するための1文字を添える。


サンプルテキスト


黔东苗文

苗语黔东方言の主要な分布地は貴州省黔东南苗族侗族自治州黔南布依族苗族自治州黔西南布依族苗族自治州, 广西壮(チワン)族自治区融水苗族自治县, 三江侗族自治县, 靖州(せいしゅ)苗族侗族自治县。 話者数約二百万人。

黔东苗文子音字  [5]


黔东苗文母音字

黔东苗文の母音字は,1981年にそれまでの母音に9種を追加し,現行の26母音字となった。


声調表

声調は次の8種類である。


サンプルテキスト


川黔滇苗文

苗语川黔滇方言は中国の四川省,贵州省,云南省,また,ラオス,ベトナム,タイに分布し,話者数約三百万人。

川黔滇苗文子音字 [6]


川黔滇苗文母音字


声調表


サンプルテキスト


関連リンク

ミャオ語分布地域


大きな地図で見る