地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org



「世界の文字」について

Unicodeの普及に伴い,多言語環境を整えることが一昔前に比べ飛躍的に容易になりました。

古代から現代まで,文化的・宗教的・歴史的・学術的観点で重要な意味をもつさまざまな言語と文字を,ご覧くださる方がご自身の手で書き記す際に,このページが何らかのヒントを提供できる契機ともなれば,と念じています。

ご意見やご指摘などをお聞かせください。

稲垣徹
t-ing at tbh.t-com.ne.jp
(" at "を"@"に変えてください)

世界の文字

規範彝文


規範彝文は,中国四川省の彝族(ロロ族)が 1976 年以降使用している,819 字形からなる表音節文字である。雲南省の小涼山一帯に居住する彝族も四川省の彝族と同じ方言を話すため,この規範彝文を使う。

もともとの彝文字(いわゆるロロ文字)は長い歴史と多量の文献をもち,彝族が居住する雲南,貴州,四川,広西の各地で,それぞれ特徴の有る字形と書き順を伝承している。漢字と似た原理(象形,仮借など)による表語文字。伝承によると,起源は唐代にまで遡る。長い期間整理されることなく,また規範化されたこともなかったため,混乱した状態にあり,異体字がことのほか多く, 143 字もの異体字をもつものもあった。1字を数通りに読む現象がある反面,彝語の表記に必要な字形が欠ける現象もあって,読み方が統一されず,母音の緊喉・非緊喉の弁別も声調の弁別も,厳格ではなかった。

規範彝文は,四川省の彝族が,原有の字形から 819 字を選び出し,整理し体系づけた文字である。その選択は,筆画が少なく構造が簡単であり,書写に便利で,しかも字形が美しいという原則が重視された。 819 字はすべてもともとの彝文字であって,改変を加えていないという。漢字のような表語文字から表音文字への変質は一見奇異にみえるが,この文字は早くから仮借(意味とは無関係に音の類似で字をあてること)が盛んだった背景がある。 [1]

文字構成

彝語は4声調からなる。規範化にさいして標準音とされた喜徳語は, 43 子音,10 母音からなる。音節文字に 819 字は多いように思うが,4つの異なる声調をもつ,ある1音節に対して,全く違う,互いに関連をもたない字形が用意されているためである。ただし,声調の中,次高調の文字は中平調の字形の上に記号をつけて示し,専用字形を作っていない。なおユニコードでは,記号を付けた次高調字345字を収録している。

次に彝文規範字の全体を示す。

規範彝文字は,つぎに示す 26 の部首の下に整理される。字の形と読み方は,仮名文字のように,まったく関連をもたない(高調字と次調字の関連は例外である)。ユニコードでは,Yi Radicals として U+A490..U+A4CF 間に部首が収録される。

一般に,部首の位置は,上,左,右,中,外にある。たとえば,次のようになる。

2つまたはそれ以上の縦画と横画が交叉する場合,縦画によって部首を定め,横画によらない。

数字

数字は,古彝文またはアラビア数字のどちらを使ってもよいとされる。古彝文の数字はもともと,漢字を模倣したものであろう。

重複記号

重複記号は古彝文の(U+A015)1字を使う。例:vutlolo を vutlow。また,もとの用法を拡大して,重複による疑問表現や重複による評価表現にも使ってよいと規定されている。

テキスト

サンプルテキスト

出典:世界人権宣言

出典:600 Phrases in the Liangshan Yi Dialect;Font: Microsoft Yi Baiti (Windows Vista 以降搭載)

テキスト入力

ユニコード

規範彝文のユニコードでの収録位置は U+A000..U+A48F である。次にその一部を示す。詳細はここを参照。


Free Font: Nuosu SIL

文字表示テスト

本項で使用したフォントがインストールされていれば,下表右下セルに規範彝文が表示される。

正しい表示お使いのコンピュータでは
ꆈꌠꁱꂷ
NUO SU BBUR MA SHEP 彝文

入力方法

規範彝文用に,Yi Keyman Keyboard が提供されていが,これを利用するには Keyman を前もってインストールする必要がある。単語や短文などを入力するようなケースでは, 多言語環境の設定 で扱っている BabelMap を用いるのが簡便であろう。BabelMap を利用する際は,文字の名称―例えば の場合は,前掲の彝文表上で子音 n と母音 uo を合わせた “nuo”―を検索語として用いる。

関連リンク・参考文献

[最終更新 2014/02/05]