nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

ゴバ文字(哥巴文字)

ゴバ(哥巴)文字は,中国雲南省西北部に居住する納西(なし)族のトンパ(巫師)が,トンパ(東巴)文字(=ナシ象形文字)より後に作り出した表音文字で,トンパ文字の発展した形と考えられている。その創作年代は史書には記載はなく,明確には分からない。大体 13 世紀頃ではないかと推測されている。現在もなお使用されている。(西田)

文字構成

ナシ語で「弟子の文字」と称され,トンパ文字と同様に宗教活動上使われる文字であるが,1 字形は 1 音節を表し,左から右へと横書きする。筆画は簡単化し,トンパ文字よりもずっと進歩している。約 500 字からなりたつが,その字形は規定がなく,地域による,また,書き手による異形が多い。数個の字を同音に読む一方で,1 字に数種類の意味を表現させるため,その意味解釈は難しく,表音節文字としてまだ十分成熟していない。

ゴバ表音文字表

ゴバ文字の特徴の一つに,字形の整理がなされたことがなく,ナシ語の 1 音節にたいして多種類のゴバ字形が使われる点がある。たとえば,次のように,ナシ語の同一音節に 3 字から 8 字ぐらいの異字形がある。

ナシ象形文字・常用ゴバ文字対照表。

丽江东巴文化学校编(2003)『纳西象形文字』(云南人民出版社)

文書例

迎神経

『迎神経』は,すべてゴバ文字で書かれた東巴経典であるが,経題がナシ象形文字とゴバ文字両方で書かれている。

1 [宝物] 宝物から輝きが出ているさまを著わし,経典の装飾である。
2 [トンパ(巫師)] 頭に冠を戴いて口で経を読むさま。
3 本来「隆起するもの」あるいは「机」を意味し,「…の」の表記に仮借される。
4 [風神を祭る樹],トンパが祭風道場を行うときに使う。
5 [風]
6 [虎]
7 [牛の風]
8 [脚]の象形。
9 [―],陽神の表記に仮借。
10 [身体を起こす]
11 […である]
12 […のもの]

全訳は,「東巴が祭風道場―陽神を起こすものなり」すなわち『迎神経』を指す。最後の 4 字がゴバ文字である。

ゴバ文字経書

図の上の文字は左から右に読む。

むかしむかし人間はジュワルワ神山の頂上からやって来た。鳥類はジャクワ山から飛んできた。水は高い山の頂にできた…。

東巴木牌苑本(哥巴文木牌画)

中国民族古文字研究会

送神経

中国民族古文字研究会

[最終更新 2017/10/20]