地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
FAX:03-3713-9932
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org



「世界の文字」について

Unicodeの普及に伴い,多言語環境を整えることが一昔前に比べ飛躍的に容易になりました。

古代から現代まで,文化的・宗教的・歴史的・学術的観点で重要な意味をもつさまざまな言語と文字を,ご覧くださる方がご自身の手で書き記す際に,このページが何らかのヒントを提供できる契機ともなれば,と念じています。

ご意見やご指摘などをお聞かせください。

稲垣徹
t-ing at tbh.t-com.ne.jp
(" at "を"@"に変えてください)

世界の文字

ミャオ・ポラード文字

ミャオ語は中国,貴州省を中心に,広西壮族自治区,湖南省,四川省,雲南省などの中国南部,および,インドシナ半島のヴェトナム,ラオス,タイの3か国に分布する少数民族言語。苗族は,民族固有の文字を創作したことがなかった。若干の変形漢字を作ったものの,ずっと無文字で生活していた。そして,契約,記事,通信には,漢字を使い,漢文を書いていた。20世紀になって,イギリスの宣教師が作ったポラード文字が流通し,続いて,1956年以降になってラテン文字による表記方案が設定された。  [1]

ポラード文字(滇東北老苗文)

1904年,英国の宣教師サミュエル・ポラード (Samuel Pollard, 1864~1915) が中国貴州省威寧県石門坎地区に赴き伝道活動をしたが,聖書を当地の苗語に翻訳するため,苗族の協力を得て考案した文字が,ポラード文字/滇東北老苗文である。この文字は貴州省の威寧(いねい),赫章(かくしょう),水城(すいじょう)などの諸県のみではなく,雲南省東北の彝良(いりょう),大関,永善などの彝族自治県においても,約5万人のキリスト教徒の間で,現在もなお使われている。

基本字形は,大文字と呼ぶ子音字と小文字と呼ぶ母音字からなる音素文字である。小文字は大文字の4分の1の大きさをもち,子音字に母音字を添えて,音節ごとに左から右に横書きする。声調を表記するために,小さい母音字を子音字の上方,右上角,右脇,右下角の4つの位置のいずれかに置く。子音字は初め29字であったが,後に [ɣ],[ʔ],[w] の3字が補われた。

子音字

母音字

声調表 [2]

ポラード文字テキスト

サンプルテキスト

テキスト: Mt 6. 9-13.  [3]


「見よ,わたしは使いをあなたの先につかわし,あなたの道を整えさせるであろう。荒野で呼ばわる者の声がする。主の道を備えよ。その道筋をまっすぐにせよ。」(マルコ 1:2-3)
出典:Daniels (1996)  [4]

テキスト入力

ポラード文字用フォントAhmaoをダウンロードする。Word2000 以降で使用する際は,フォント Ahmao を選択し,「記号と特殊文字表」から入力する。あるいは,Unicode の文字表が表示可能なソフト BabelMap などがあれば,U+F020..U+F0FF (Private Use Area) に収録されている文字を用いて文章を入力する。なお,ポラード・ミャオ文字は Unicode 6.1 であらたに追加 (U+16F00 - U+16F9F) されたが,ユニコード対応フォントは今のところ存在しない。【参考】 多言語環境の設定

ポラード文字表示テスト

下表右下セルにポラード文字が正しく表示されない場合は,上で示した Ahmao フォントをインストールする。

正しい表示お使いのコンピュータでは
   
in ancient times

滇東北苗文

ポラード文字はあまり効率のよい文字ではないので,1956年以来,滇東北苗文と呼ばれるラテン文字を主体とする音素文字が設定  [5] され,この文字と並用されている。その新しい文字でもポラード文字と同じ原則が採用された。たとえば,b- は p-, b-, bɦ- の3つの価値をもち,陰調(1・3・5・7声)では「p-」,陽調の6声では [b-],2・4・8声では[bɦ-]と読むようになっている。

関連リンク