nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

金文

殷代の文字資料で圧倒的多数を占めるのは甲骨文字であり,それに次ぐのは金文である。金文は,主として青銅器に鋳込まれた文字のことで,普通には容器や楽器の表面に表わされた文字を指す。これらの青銅器の多くは祭祀用具であり,とくに容器は彝(い)器と呼ばれて宗廟に備えておく祭器であった。また,楽器の鼎と楽器の鍾をとって,金文のことを鍾鼎文(しょうていぶん)ともいう。

商(殷)代

ほぼ前 16 世紀~前 11 世紀。この種の金文は殷代後期に始まり,周代において最高潮に達する。ただし,殷代では金文の内容は非常に簡単で,主に作者名や祭祀の対象となる先人の称号を記したわずか 5~6 字のものが多く,晩期の長文のものでも 40 字を越えるものはない。

司母戊鼎

1939 年河南省安陽市武官村出土(高さ 133 ㎝ 口の長さ 110 ㎝ 口の幅 79 ㎝ 重さ 832.84 kg)いままで中国で発見された中で最も重い古代青銅器です武官村西北崗の王陵地域で盗掘によって発見されました。しかし、あまりにも大きくて重いため、掘り出しきれず、1946 年に再発掘して南京博物館に納められた(現在は中国歴史博物館)

銘文は「司母戊(シボボ)」と読むのが一般的である。解釈はいろいろあって確定していないが,「戊」は廟号,「司」については、これを女性の姓と見る説と「祠」(まつる)と見る説などがある。(中国歴史博物館)

西周春秋文字

西周時代(前 1122 頃~前 771)と春秋時代(前 770~前 403)の主要な文字資料としては金文があり,他に注目すべきものとしては甲骨文と盟書(めいしょ)がある。西周時代は金文の全盛期で,周王朝の貴族や臣僚が自らの戦功や王からの賞賜あるいは官職を拝命したことなどを記念して製作したことを記し,100 字を越える長文のものが増加してくる(図:令彜)。西周後期の散氏盤(さんしばん)は 350 字,毛公鼎(もうこうてい)に至っては 479 字にも達している。この傾向は春秋時代の列国の金文にも継承されるが,西周に比べると長文のものは少なくなる。

盟書

盟書の資料には,1965 年に山西省候馬市の春秋時代の普の都城遺址で発見された,いわゆる候馬盟書(図:晋候馬盟書)がある。普と趙との盟誓の文を玉片や石片に毛筆で朱書(一部墨書もある)したもので,時代は春秋晩期に属す。

晋候馬盟書(模本:春秋晩期)

令彝

令彜(西周前期)1929 年河南省洛阳市廛河回族区马坡村出土 西周 作册令方彝

(白川)

大孟鼎と銘文

内壁に 19 行 291 字の長い銘文があり,周代の縣としては現存するものの中で最大(高さ 102 cm,上部の口径 78 cm,重さ 154 kg)紀元前 11 世紀頃。主要な内容は,周の康王がすぐれた武将であった孟に対して,父祖の官職を継いで職務にいそしむようにとの訓戒をあたえ,あわせてこれまでの忠誠の褒賞として軍馬や衣服などを下賜されたことを記念して,孟が祖先を祭るこの縣を作った,ということである。

ほとんどの銘文は青銅器の内側に記録されている。ところが,青銅器の内壁に直接文字を刻みつけるという製法ではない。金文は,青銅器を鋳込むときに,青銅器そのものの鋳型に銘文用の鋳型を取り付けて,文字自体も器物と同時に鋳造するという方法で記録されたものと考えられている。甲羅や骨に直接刻み付けた甲骨文よりも,さらに手の込んだ複雑な工程を経て記録された文章である。(阿辻)(図:人間と文字)

金文の初期のものには,甲骨文字とほとんど同じ時代のものがある。しかし,甲骨文の書体が鋭い直線で構成された契刻体(けいこくたい)であるのに対して,金文は肥筆(ひひつ)といって肉太でふくらみをもった毛筆の筆跡を多分に残しており,素朴な力強さがあって非常に対照的である。その違いは,それぞれの文字の記録方法による。甲骨文字は骨や亀の甲羅に鋭いナイフで刻み付けたものであるのに対し,金文は木板や皮革の上に筆と墨で書き付けたものから作った型を使って鋳造したためである。

毛公鼎

大孟鼎は 300 字近い長文の銘文を持つが,同じく清の道光年間に岐山の麓から発見された「毛公鼎」(もうこうてい)には,それよりもさらに長く全部で 32 行,497 字に及ぶ,現存の青銅器では最長の銘文がある(高さ 53.8 cm,上部の口径 47.9 cm,重さ 34.7 kg)。(阿辻 1989)

毛公鼎が作られた時代は西周後期の宣王(在位B.C.827~B.C.782)のころとする説が有力で,銘文はかなり難解だが,全体の内容は,当時かなりの混乱状態にあった政治を復興し,綱紀を粛正するために,周王が毛公という人物に政治を全面的に委託し,車馬や衣服などを恩賞として下賜した記念に,毛公がこの鼎を作ったという。字体は整然として一糸乱れぬみごとな風格を備えており,まさに周代金文の最高傑作とよぶに恥じないものである。

国立故宮博物館 漢字源流展 毛公鼎

散氏盘

中国出土の口径 50.5 cm,高さ 20.5 cm の盛水用青銅器。盤の内側には 349 字の銘文があり,内容は西周(周)後期のそくの国と散の両国間の境を定めた契約書となっている。

百度百科 散氏盘 維基百科 散氏盤

利𣪘

1976 年 3 月上旬,陜西省臨潼県の零口公社西段大隊が,耕作中に多数の銅器をを発見し,その中に方形の台座をもち,緑青で覆われた𣪘(き)とよばれる一つの祭器(高さ 28 cm,口径 22 cm,重さ 7.95 kg)があった。器の内底には,4 行 32 字からなる銘文が鋳込まれていた。後に作器者の名をとって利𣪘と名づけられた。

この銘文は、『尚書』牧誓などに、周の武王が殷を滅ぼしたのが「甲子の朝」であったという記述と合致しいる。このことから、"牧野の戦"と呼ばれる殷周革命の勝利を予言するものとして、史料的にも重要である。最初の文字「珷」は「武王」の合文である。書体は、殷の遺風を継承し、雄健でしかも雅致があり、西周初期金文の傑作といえる。(西周)(利簋

珷征商隹(唯)甲子朝歲
鼎(貞)克昏(聞)夙又(有)商辛未
王才(在)管師易(賜)又(右)吏利
金用乍(作)旜公寳尊彜
珷(武王)は,商(殷)を征伐した。ときは甲子の日,明け方に歲と鼎の祭儀を挙行し〔勝利を祈願し〕た。天意をよく聞きただし,商の軍隊を夙有(震えあがらせ)たのである。辛未の日,武王は管の軍の駐屯地におられた。王は,有事の〔官職にある〕利にほうびとして金(銅)を賜った。それにより利は旜公貴重な祭祀用器を作った。(福田)

書体の変遷

西周金文は初期から前期においては殷代金文の書風を色濃く継承している。

保卣(西周前期)作冊大鼎(西周前期)

それも中期(昭王,穆王)になると字間・行間がそろえられ,金文特有の肥筆も少なくなり,文字は次第に整えられていく。

遹𣪘(西周中期)孟𣪘(西周中期)

そして,後期(共王以後)ではさらに変化は進行し,文字をはめ込む方格が現われ,肥筆は消えて線はより細く均一化され,また直線が多くなり,全体に書写に便利な形をとるようになる。

小克鼎(西周後期)宗婦鼎(西周後期)

周王の権威が後退して分裂期に入る春秋時代の列国の金文は,その初期においては上述の西周後期金文の書体を踏襲しているが,漸次,列国各国の特色が現われてくる。中でも注目されるのは,春秋中期以降に顕著となる東方(斉,蔡,徐)や南方(楚,呉,越)の諸国の書体で,文字を細長く書き,かつ筆画をわざと湾曲にする書体である。これが春秋後期から戦国にかけて鳥書という文字の装飾体を作り,主に,楚,宋,蔡,呉,越などの国で流行するが,これは日常使用する書体ではなかった。

蔡候盤(春秋中~後期)斉子仲姜鎛
(春秋中~後期)
呉王光剣(春秋後期)

秦系文字

金文では春秋中期に属する秦公𣪘(しんこうたい)があり,戦国に入ると兵器,権量,虎符(陽陵兵符)等の資料が増加してくる。中でも重要なのは,孝公時代の商鞅量(しょうおうりょう)の銘文である。

秦公𣪘(春秋中期)
陽陵兵符(模刻:秦)
  
商鞅量(戦国,秦)

 秦廿六年詔権
下って始皇帝の時代になると,始皇 26 年(前 221)の度量衡統一の詔を刻した多数の権や量の存在が知られている。戦国時代から統一後の秦の金文の多くは,刀で刻された刻文である。なお,権ははかりの分銅,量はます。虎符は軍隊を発動させる際に証明として使用する割符をいう。


金文フォント

中研院金文

金文フォントは,文献処理実験室 サイトから 古漢字字型2.4版 をダウンロード・解凍して取り出したフォントの中から,《中研院金文》を用いる。ここに掲載した文字は,白川静『字統』を参考にした。

白川フォント

「白川フォント」は,立命館大学白川静記念東洋文字文化研究所が開発した古代文字フォントの略称。下図は『令彝』の冒頭 3 行を,「白川金文」を使用して印字した例文である。一部の文字は上掲「中研院金文」を用いた。また,注 1 は呆の上に王,注 3 は止の下に口が付き,注 2 は干と弓が逆になる形が正しい字形である。青枠は漢字に対応する金文の字母が両フォントともに含まれていないものである。

関連サイト

[最終更新 2017/11/20]