nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

漢字 ― 隷書体

隷書は戦国時代の秦の俗字体を基礎にして漸次形成され,戦国後期にはすでに基本的な形が出来上がっていた。しかし,秦代ではあくまでも小篆が主要な書体で,隷書は補助的書体に過ぎなかった。隷書の隷は臣隷を指し,隷書は臣隷たる役人の使用する文字であるという説がある。筆画,筆法の複雑な小篆に比べて,隷書は書写に適した書体である。やがて小篆は隷書に取って代わられ,漢代に入ると隷書が主要な書体となった。

漢初の早期隷書の時期を経て,やがて隷書は成熟期に入る。文字資料としては,石刻,簡牘,帛書のほかに,銅器,漆器,陶器,甎瓦(せんが)上の文字から,さらには墓壁の題字等までその種類は多い。

石刻

開通褒斜道刻石

陝西省,褒城県の褒谷から,眉県の斜谷に通じる褒斜道は関中から蜀に出る重要な古道であったが,その開通を記念して記された摩崖。摩崖とは,天然自然の厳壁を利用して,これに文字や画を刻したもの。永平 9 年(66)。(小原)


小原

石門頌

褒斜道途中の石門(トンネル)内部の岸壁に刻されたもの。

(小原)

簡牘

簡牘は,漢代でもなお主要な書写材料であった。紙が書写材料として使用され始めるのは後漢も晩期以降のことである。漢代の簡牘はその出土場所から敦煌や居延などの辺境の軍事的遺跡と,内郡の墓中の2つに大別される。前者は公文書,後者は書籍および遺策が主たる内容である。

居延漢簡

漢代の居延城があった地域から 1 万本以上も発見された木簡。「隷書」の書体は,小篆特有の曲線を直線に変え,より簡便に書けるように改良されたものであた。(人間と文字)

帛書

帛書は 1973 年に前漢早期の馬王堆 3 号墓で大量に発見された。内容は書籍で,早期隷書の格好の資料である。成熟した隷書は,起筆の打ち込みと収筆の波磔(はたく:起筆の部分を,とくに太くしたり,長くしたりして,強調すること)に診られる特色のある筆法を備えており,このような書体を八分(はっぷん)とも称している。

老子甲本(前漢前期)

2000 年前の女性の屍体が発見されて注目された馬王堆出土の文献の一つ。馬王堆の『老子』には甲本と乙本の 2 種類がある。甲本は『老子』のあとに未知の文献 1 種が続けて書かれており,字数は計 464 行,1 万 3000 字あまりあるが,使われている文字は小篆から隷書に移る過渡期,つまり隷書の中間的な書体で,それを「草篆」(くすじた篆書)とも呼ばれる。一方,乙本の方は『黄帝四経』といわれる文献のあとに書かれており,字数は計 152 行,16,000 余字で,こちらの書体ははっきりとした隷書である。(阿辻)

長沙馬王堆漢帛書 老子乙本居延漢帛書

碑文

碑文では,石門頌,乙瑛碑,礼器碑,史晨前後碑,西岳崋山廊碑,曹全碑や熹平石経などは八分の筆法を備えた隷書の典型と目され,かつては隷書の成熟期を後漢時代の後期においていた。しかし,近年,多量の居延簡,敦煌簡の発見により,前漢の昭帝から宣帝の頃には隷書はほぼ完成の域に達していたことが知られるようになった。

曹全碑

曹全碑(そうぜんひ,八分隷)の全名は『郃陽令曹全碑(こうようれいそうぜんひ)』という。建碑は中平 2 年(185 年)。明の隆慶から萬暦の間に陝西省郃陽県の旧城から出土した。碑額は出土の時からないが碑文はほぼ完全に残っており,全 20 行で初行から 19 行は各行 45 字,末行に「中平二年十月丙辰造」の 9 字で建碑の年月日(185 年 10 月 21 日)が明記されている。碑陰の文字はやや小さく,建立関係者の名が 5 列 57 行で列挙されている。現在は西安碑林にある。(Wikipedia)(図:永田)

隷書は後漢末になって,行書,楷書へと発展していく。碑文中に典型的に見られる八分の筆法を有する隷書は実用的ではなく,実際には,これをさらに簡略化してのちの楷書に近い書体で書くようになる。この傾向は簡牘の文字によって知ることができるが,碑文でも流麗な書体からしだいに方整な書体へと移行していくことが認められる。曹全碑などがその例である。

乙瑛碑

乙瑛碑(いつえいひ,八分隷)の全名は『魯相乙瑛置孔廟百石卒史碑(ろしょういつえいちこうびょうひゃくせきそつしひ)』などという。建碑は永興元年(153 年)。山東省曲阜の孔廟に現存する。碑文は,全 18 行,各行 40 字で,内容は,桓帝のとき,魯国の相であった乙瑛の申請によって魯の孔子廟に百石の卒史(そつし,漢代の書記の官名)を置いて廟を守らせることになった次第,およびその関係者の功績を記したものである。結体は緊密で謹厳,筆力は雄健で波磔は力強く,漢代の隷書の中でも優れた碑である。(Wikipedia)(図:永田)

熹平石経

熹平石経(きへいせきけい)とは,後漢代後期に洛陽城南太学門外に立てられた儒学七経の石経である。一字石経,今字石経とも呼ばれる。記録に残る最古の石経で,同時代の儒者蔡邕の揮毫と史書は伝える。(Wikipedkia)(図:阿辻)

礼器碑

山東省曲阜の孔子廟にある。この書は,八分という隷書体で書かれたもののうち最も代表的な傑作であり,古来非常に高く評価されている。永壽 2 年(156)

(小原)

清代の隷書作品

(小原)

三体石経

三体石経(さんたいせっけい)とは,中国の三国時代,魏で正始年間(240~249 年)に刻まれた,五経を記した石碑。儒学では「経典」を「けいてん」と読むため,「石経」は「せっけい」と読むのが正しい。建碑年の元号により「正始石経」とも呼ばれる。古文・篆書・隷書の 3 つの書体により共通のテキストが書かれていることから,俗に「中国版ロゼッタ・ストーン」といわれる。刻み方はまず 1 字について上から古文→篆書→隷書の順に刻み,次の文字をまたその下に同じ順番で刻むという形式になっている。三体石経

隷書フォント

下記の例は,書家の青柳衡山氏が書いた文字をもとにした隷書体の毛筆フォント青柳隷書しもを用いたものである。例文は Web漢字体系 から引用。



関連サイト

[最終更新 2017/12/20]