nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

漢字 ― 行書体

漢字の書体の一つ。楷書が一画一画をきちんと書いているのに対し,行書体ではいくらかの続け書きが見られる。しかし,草書のように,楷書と大幅に字形が異なるということはない。行書は隷書の走り書きに興る。王羲之などの書が有名。草書ほどではないが速記向きであり,楷書ほどではないが明快に判読できることから,古代中国では公務文書や祭礼用の文書に用いられた。

行書作品

詩歌の巻頭言の草稿として王羲之が著した『蘭亭序』や,北周の詩を清書した褚遂良の『枯樹賦』,内乱で惨殺された甥の祭礼に備えて書いた顔真卿の『祭姪文稿』などが代表的な書作品である。日本では,空海と最澄が交わした行書書簡,『風信帖』と『久隔帖』はともに国宝である。

王義之『蘭亭序』

353 年(永和 9 年)3 月 3 日に,名士 41 人を別荘に招いて,蘭亭に会して曲水の宴が開かれた。上から流れてくる觴(さかずき)が自分の前に来るまでに与えられた題で詩を作れなかった 16 人が罰酒を飲まされたという。その時に作られた詩を 1 巻に纏めて「蘭亭集」を編み,王義之がその巻頭に書いた序文の草稿が蘭亭序である。(蘭亭序)

  拡大図

顔真卿『祭姪文稿』

祭姪文稿(さいてつぶんこう)とは唐の政治家・書家顔真卿が記した書。『争座位文稿』,『祭伯文稿』とともに「顔真卿の三稿」といわれた1つ。758 年(乾元元年 9 月 3 日),現在の山西省永済市にある普救寺で記された。安史の乱で非業の死を遂げた顔杲卿,顔季明(顔杲卿の子,顔泉明の弟)ら一族,中でも「姪」(1 世代下の宗族)である顔季明を追悼するため記された弔文の原稿であり,塗りつぶされた 34 文字を含め 259 文字からなる。国家に忠義を尽くした顔真卿が一族を哀悼する気持ちをも露わに記した書は中華史上屈指の名書とされ,歴代の皇帝が至宝として蔵した。(Wikipedia)(『書道芸術 4』中央公論新社)


褚遂良『枯樹賦』『伊闕佛龕碑』

貞観 4 年(630 年),褚遂良 35 歳のときの書で,褚書中,書写年代の最も早い優れた行書である。『枯樹賦』は,庾信が作った賦で,褚遂良の書のそれは,古くは徐浩の『古迹記』に見える。この『古迹記』の文や書風から見て,遂良のものであると推定されている。『伊闕佛龕碑』は,貞観15年(641 年),遂良 45 歳の時の楷書である。伊闕とは洛陽の南方にある龍門のことで,その石窟の賓陽洞(ひんようどう)の南の外壁に刻された摩崖碑がこれである。碑文の内容は太宗の第 4 子の魏王泰が生母の長孫皇后の追善のために,新たに石窟を造営したことを記したものである。図右:枯樹賦(こじゅふ,行書)図左:伊闕佛龕碑(いけつぶつがんひ,楷書)(『書道芸術 4』中央公論新社)

唐太宗「温泉銘」

行書は,日常的な書体とみなす意識が強く,文書としては広く流布しているが,碑文となると唐太宗皇帝が書いた『晋祠銘』が現在知られる最も早い行書碑である。敦煌発見唐太宗「温泉銘」太宗が書いた文字の 1 つに,驪山(りざん)にある温泉の効能や土地の風景などを述べた「温泉銘」がある。驪山の温泉はのちに玄宗が整備し,華清宮を建てて楊貴妃との生活に耽ったことで一躍有名になった地である。太宗はそこに離宮を置き,自分の文章を石碑にして建てていた。碑は早くに失われたが,敦煌から発見された拓本で分かるように,それは行書で書かれていた。

趙孟頫『前後赤壁賦』

宋の元豊五年(1082)秋七月十六日夜,蘇東坡が月明に乗じて舟遊びして,三国の英雄曹操や周瑜の風流を偲び,自分がはかない流人の身の上であることを嘆き,無限な生命の前では古人も我も何等選ぶところが無い,儚いものであり,萬物同一であることを悟り,明月と江上の清風とを楽しみ憂いを忘れたと言う感慨を述べた名文。後赤壁賦に対し前赤壁賦がある。次の作品は,蘇東坡の『前後赤壁賦』を趙孟頫が行書で書いたもの。赤壁賦 (『趙孟頫集』二玄社, 1989)

空海

風信帖(ふうしんじょう)は,空海が最澄に宛てた尺牘(せきとく)3 通の総称である。国宝に指定されており,指定名称は弘法大師筆尺牘三通(風信帖)(こうぼうだいしひつ せきとく さんつう)。風信帖

関連サイト

[最終更新 2017/12/20]