地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
FAX:03-3713-9932
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org



「世界の文字」について

Unicodeの普及に伴い,多言語環境を整えることが一昔前に比べ飛躍的に容易になりました。

古代から現代まで,文化的・宗教的・歴史的・学術的観点で重要な意味をもつさまざまな言語と文字を,ご覧くださる方がご自身の手で書き記す際に,このページが何らかのヒントを提供できる契機ともなれば,と念じています。

ご意見やご指摘などをお聞かせください。

稲垣徹
t-ing at tbh.t-com.ne.jp
(" at "を"@"に変えてください)

世界の文字

フレイザー(傈僳)文字

1920 年代に,ビルマのバモーから中国雲南省の騰越 (現在の騰衝) に入って布教活動を行った英国の宣教師フレイザー(J. O. Fraser) が,リス語を表記するために考案した文字 (Fraser alphabet) 。ラテン文字の大文字の字形のみを用い,ラテン文字で表記できない音価には字形を逆にして使うなど,工夫して作られている。雲南省のリス族  [1] では,もとのフレイザー文字に少し修正を加えた字形が現在なお使われ,変形ローマ字とか老傈僳文 (老リス文字) と呼ばれている。新しいピンイン(拼音)文字である新傈僳文 (新リス文字) と並んで,新聞をはじめ,この文字で書かれた小説・詩など種々の作品が刊行されている。 [2]

老傈僳文

大文字のみで,小文字や筆記体は使わない。そして,最も大きい特徴は,すべての子音字を a 母音含有型にすることである。子音1字のみで母音字を伴わない場合,a 母音も含めて表記する。たとえば, D: [da31], M. [ma55]

声調記号

声調は字形の右側に,ピリオド,コンマ,コロン,セミコロンを,縦に,あるいは横向けにつけて示す。

リス語 (老傈僳文) テキスト

サンプルテキスト

テキスト: The Gospel of Mark in Lisu, 1921, Shanghai

新傈僳文

1956年1月に,ラテン文字を基礎とする新リス文字の創制が決意され,1963年には小学校教育に新文字が導入されたが,1年あまりでとりやめになった。しかし,各地のいろいろの小規模な掃盲教育では,多数の人々が新リス文字を学習している。漢語の拼音法にはない有声音表示には,たとえば [b] の表示には子音字を2字重複して,bb とする方法がとられる。

声調

声調表示は,音節末に -l (1声55), -q (2声35), -# (ゼロ)(3声44), -x (4声33), -r (5声42), -t (6声31)をつける方法を採用している。
mol 「ねらう」, moq 「模型」, mo 「高い」, mox 「見る」, mor 「老いる」, mot 「むしる」

サンプルテキスト

テキスト [3]

Zhogot Goqchada coshit zheqcet ma nia, rot got coshit cojjit mi got ja shitvu dail guatshit wa ma deideq ma zheaqzhiq rritwat wa'lei ma leir ma ci, zaiq titwa diaiq zzirniaq ma mut gua nia, ggo tit mut gua nia jilqait guat shit ma yei sil, jilqait coshit nail a gua ma shitvu nia, jilqait guat ma yei dda lo.
译文:中国共产党的民族政策,不仅使我国各民族都有参与管理国家事务的平等的政治权利,而且可以在民族聚居的地方实行区域自治,管理本民族的内部事务。

フレイザー文字によるテキスト入力

ユニコード

フレイザー文字のユニコードでの収録位置は U+A4D0..U+A4FF である。

フレイザー文字表示テスト

下表右下セルにフレイザー文字が正しく表示されない場合は,ユニコード対応フォント [4] をインストールする。 (表示は使用するフォントにより左側の書体と異なる場合がある。)

正しい表示お使いのコンピュータでは
ꓪꓰꓻ
/ve33/ 花が咲く

フレイザー文字入力方法

リス語用の仮想キーボードは存在しない。そのため,Unicode の文字表が表示可能なソフト,あるいは,BabelMap などを利用して文章を入力する。 【参考】 多言語環境の設定

関連リンク・文献