地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org



「世界の文字」について

Unicodeの普及に伴い,多言語環境を整えることが一昔前に比べ飛躍的に容易になりました。

古代から現代まで,文化的・宗教的・歴史的・学術的観点で重要な意味をもつさまざまな言語と文字を,ご覧くださる方がご自身の手で書き記す際に,このページが何らかのヒントを提供できる契機ともなれば,と念じています。

ご意見やご指摘などをお聞かせください。

稲垣徹
t-ing at tbh.t-com.ne.jp
(" at "を"@"に変えてください)

世界の文字

契丹文字


太祖耶律阿保機が916年に遼国を建ててのち,まもなく神冊5年(920)に創作し公布した文字を契丹大字(Khitan large script)と呼ぶ。契丹大字は漢字を参考に(あるいは漢字の字形を借りて)作られた表意文字であったために,契丹語の多音節単語や種々の接辞を表記するのに不便であった。数年後,天賛3年(924)あるいは天賛4年(925)に太祖の弟迭刺がウイグルの使者から学んで作った表音文字を契丹小字(Khitan small script)と呼んでいる。

大字と小字の関係は,契丹大字が不便なものとして廃されたのち,契丹小字が契丹語に適合した文字として使われ始めたのではなく,両文字は一定の期間ずっと遼国内で併用されていた。上層社会ではかなり流通していたらしく,中国の史書には契丹大・小文字による試験制度を記載している。遼国が滅亡(1125)してのちも,少なくとも契丹小字は,金朝においてもかなり長い期間流通し,契丹語が1つの文章語として存続しており,金の明昌2年(1191)に契丹文字を廃止する令が出されるまで,前後300年にわたって北方地域で広く使われていた。 [1]

契丹小字

もともと契丹文字の字形は,宋の王易の「燕北録」や明の陶宗儀の「書史会要」に記載された朕,勅,走,馬,急にあたる5つの字形以外には,ほとんど知ることが少なかった。1920年前後に現在の中国内蒙古自治区赤峰市の白塔子付近で慶陵が発掘され,1922年夏には赤峰一帯で伝教していたケルヴィン(L. Kervyn)が,中陵の墓屋で発見された興宗碑とその妃仁懿皇后碑文(哀冊―皇帝の墓誌)を鈔写させ,1923年に公表して以来,契丹文字の実体がはっきりするようになった。

その後,1930年に,湯佐栄によって慶陵が大規模に発掘され,東陵と西陵から2組4面の契丹文哀冊と5組10面の漢文哀冊を掘り出し,慶陵から奉天に運ばせた。1932年に田村実造が,湯佐栄の邸内で,その4面の契丹文哀冊と11面の漢文哀冊を発見するに及んで,2千余字の正確な字形の契丹文字が研究対象として登場した。

組み合わせ様式

信頼できる拓本として,道宗皇帝哀冊文,同篆蓋,宣懿皇后哀冊文,同篆蓋(左図)がある。篆蓋の文字は,哀冊文の表題の契丹文字を分解して一字一字並べて書いてあった。つまり,篆蓋の文字を組み合わせると,哀冊文の表題の契丹文字(右図)が出来上がるのである。篆蓋の文字は,契丹文字の最小単位を代表していて,それを単語ごとに,あたかも漢字一字のような型にまとめて書いたのが契丹文字である。哀冊文の契丹文字をすべて同じように,一般に原字と呼ばれている最小単位に分解できることになる。原字一文字で表す単語のほか,名詞接辞・動詞語尾・所有格助詞を含めて,原字を左右2字を限度にして並べ,余白を置かずに下に続けて1つの意味単位として書くのが原則である。組み合わせ様式は7通りある。

所有格助詞

膠着語である契丹語の所有格助詞は全部で6種類ある。その使い方は,契丹語の母音調和の規則で考えないと解釈できないとされる。 [2]

表音タイプ

契丹原字の表音タイプは5通りある。A型:1つの子音Cのみを表記する。B型:1つの母音Vのみを表記する。C型:CVを表記する。D型:VCを表記する。E型:CVCを表記する,のいずれかに原則として属す。また,A型にもC型にもなる原字,B型にもD型にもなる原字があったかも知れない。さらに,契丹語 pu に対して,C型一字を使う場合と, p-u のようにA型文字とB型文字を組み合わせて表記する方法が共に許された。

基本数詞

基本数詞の字形はほぼ揃っており,いずれも表意文字であって,その読み方はまだ定説がない。70と90はなお不明である。契丹語数詞を表記する字形はいずれも漢字を変形したものと考えられるが,契丹大字からの直接の伝承ではない。

十二獣

十二支は,契丹語では十二獣で表現される。

契丹小字文例

下図左側は,陜西省の唐の高宗及び則天武后の陵墓である乾稜に建てられた無文字碑と呼ばれる碑文に刻されている『大金皇帝經略郎君行記』(1134年)と呼ばれる文章である。この碑文は,契丹文と漢文対訳からなり,上部が漢文の題記,下部右側が契丹語・契丹小字,左が漢語訳・漢字である(拡大図 77 KB)。下図右側に,契丹文字5行目の一部を抜粋し,その漢字訳と読みを掲げる。 [3]

韓国国立中央博物館所蔵『契丹小字七言絶句銅鏡』(拡大図)は,鏡鈕は穴の開いた半球体で,浮き彫りにされた77個の表音字で28個の単語を構成し,7行が右上から左下の順で並べられている。出典:愛新覚羅烏拉煕春 (2011) [3]

原字総表

現在認められている原字の数は次に掲げる378字であるが,その中には異体字も含まれる。契丹小字用フォント BabelStone Khitan Small Glyphs では,文字コード E000..E179 に,下表の1番から順に文字が配置されている。さらに,Yingzhe & Janhunen (2010) [4]に掲載されている379番から457番までのグリフも採録している。

契丹大字

契丹大字とする字形は,1951年夏,遼寧省錦西県孤山の遼墓から出土した契丹文墓志銘に代表される。その碑身は緑砂岩で,1行に30字前後,全体で18行の契丹文字が刻まれている。この契丹文はいまだに全部解読されていないが,筆画が単純で重複する字数が比較的多く,女真文字とよく似ている。隷書の半ばを増減して契丹大字を作ったものとされる。大字は,いかにも漢字を変形した表意文字の体をなし,単体字が中心である。おおよそ1800字ぐらいあり,もし表音文字とすると,1つの字形は単音節より複音節を表記したに違いないと考えられる。(右上図は「北大王墓志」1041年

契丹大字の字形を見ると,漢字とのつながりはきわめてはっきりしている。そのほかに,女真文字とのつながりもかなり顕著に認められる。また,表音字である契丹小字に混入して使われている表意字は,契丹大字をそのまま受け継いだのではなく,それをかなり変形して作り改めていることも,つぎの簡単な比較からわかる。

数詞

天干

地支(十二獣)

国名

出典:BabelStone: Khitan Geography Part1

契丹大字一覧

契丹大字用フォントBabelStone Khitan Large Glyphs に収録される大字の一部(文字コード E000..E0FF)を示す。

テキスト入力

文字表示テスト

本項で使用したフォント BabelStone Khitan Small Glyphs がインストールされていれば,下表右下セルに契丹小字が表示される。実際は,組み合わせ様式C型となる。

正しい表示お使いのコンピュータでは

/qid-un-i/ Khitan

入力方法

契丹文字に即した入力手段は存在しない。一般的な入力方法は 多言語環境の設定 を参照。

関連リンク・参考文献

[最終更新 2014/01/05]