nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

ラテン文字 英 Latin alphabet


起源

ラテン文字の使用(併用)地域
ラテン文字は,イタリア半島にもたらされたギリシア文字の 1 つの発展形態であるが,他の多くの古代イタリアの文字と同じように,ギリシア文字からの直接の借用ではなく,イタリアで最も早く文字文化を確立したエトルリア人から借用したものと見られる。つまり,ラテン文字の直接の源は,ギリシアの標準アルファベットとなった東ギリシア型文字ではなく,イタリアにもたらされた西ギリシア型アルファベットが,さらにエトルリア語風に改変されたエトルリア文字ということになる。以下,→ 松本

原始ラテン文字

現在のローマ市の中心部を流れるテベレ河畔の小部族にすぎなかったラテン人が文字の使用を始めたのは,紀元前 7 世紀の頃とされるが,古い時代のラテン文字の残存記録はきわめて乏しい。

サンプルテキスト

プラエネステの留め金

このようなラテン文字の最古の記録として,1876 年イタリア南部の町プラエネステで発見された小さな金の留め金(Praeneste fibula)に刻まれた銘文がある。古いエトルリア文字と同じく,右から左向きに書かれたわずか 1 行の銘文で,manios med FheFhaked numasioi と読める。古典ラテン語風に書き直すと Manius me fecit Numerio 「マニウスがヌメリウスのために私を作った」となる。しかし,ラテン語およびラテン文字史上に有名なこの留め金が,実は偽物ではなかったかという疑いが強まっている。(→ プラエネステのフィーブラ)図 → Diringer

プラエネステの留め金

ドゥエノスの壷

ローマのクィリナルの丘から発見された「ドゥエノスの壷 (Duenos vase}」に刻まれた銘文(前 6 世紀)。壷の円面に沿って右から左向に書かれ,行が変わると文字の上下が反転して用いられる(牛耕式(boustrophedon)。(→ Duenos Inscription)図 → Cordon )

ドゥエノスの壷
模写図上部
側面

フォルム碑文

ローマのフォルムから出土した紀元前 600 年頃とされる小さな石の角柱の 4 つの面に記された短い碑文(フォルム碑文 Forum cippus)。柱面に縦書きで,いわゆる牛耕式で,1 行目は下から上に,2 行目は上から下に向かい。左右対称の方向に書かれている。(→ ラピス・ニゲル)図 → Cordon

フォルム碑文

文字の名称

ラテン文字の基になったギリシア・アルファベットは,alpha,bēta,gamma,delta というように,それぞれの文字に固有の名称があって,これはセム文字のそれをほぼ忠実に継承したものである。これらの文字名は,その最初の音が当該文字の音価を表すという仕組みになっていて,これが「頭音法(acrophony)」と呼ばれる原理である。

ところがラテン文字になると,この伝統的な文字の名称が失われて,たとえば,āː,bēː,cēː,dēː のように,もっぱら音価中心の簡略化された文字名にとって代わられた。そしてこの名称は,その後のラテン系のアルファベットの文字名の基盤になった。その命名の原理はきわめて簡単で, A,E,I,O,V の母音文字は,その音価そのもの(ただし,長く発音される),子音字は,閉鎖音の場合は,各子音の後に母音 e を添えて,bē,dē,gē のように発音された(ただし,K=kā,Q=kūː/qūː は例外)。

一方,摩擦音,鼻音,流音などの継続音の場合は,それぞれの子音の前に母音 e を添えて発音した形である(ef,es,em,en,など)。ただし,気息音を表す H の名称は,気息の最も自然な発音に近い hāː という名称になった。しかし,後代のラテン語でこの気息音,すなわち /h/ が消失するという音変化が起こったために,文字名も [hāː] から [āː] に変わり,母音の A と区別がつかなくなった。その混同を防ぐために,/h/ 音を失ったロマンス系言語圏では,新たに (h)ach という名称が行われるようになった。現在のフランス語や英語のこの文字の名称([ɑʃ],[eitʃ])はこれに由来する。表 → 町田

ラテン文字の発展と名称

書体の変遷

古代世界全体を通じて文字の長い使用の歴史の中で,文字を書く筆具や材料あるいは作品の形態,つまり,書体(ないし字体)に関して様々な変遷と発達があった。

書字方向

アルファベット字体に関して生じた最初の重要な転機は,書の方向に関するもので,もともとセム文字は,現在のアラビア文字に見るように,右から左向きに書かれていた。古い時代のギリシア文字も,また,ラテン文字の直接の手本になったエトルリア文字も,この左向きの書法がそのまま踏襲された。そのなかで,ギリシア文字とラテン文字は,この左向き書法から「牛耕式」と呼ばれる左右交互書法(前記:ドゥエノス碑文,ファルム碑文)の段階を経て,一様に左から右方向に書法が統一された。以下,出典を示していない図版は Brown による。

頭文字または大文字体

ローマ時代の文字記録で後代まで伝えられたのは,一部のパピルス資料や少数の古写本(codices)などを除いて,大部分は石や金属に刻まれたいわゆる金石文である。このような金石文に見られるラテン文字は,それを刻んだ道具や材料にふさわしく,ちょうど漢字の「楷書体」のように,単純で整然とした字画によって構成される。これが,「頭(かしら)文字体,または大文体 (Capitalis)」あるいは「記念碑体(Monumentalis)」と呼ばれ,ローマ帝国時代の最も標準的な書体とされた。のちにローマン体(Roman type)と呼ばれる活字体の大文字は,これを手本としたものである。(→ Capitalis monumentalis)図 → Diringer

ローマ帝国時代の頭文字体(記念碑体)
Square Capitals Virgil, Georgics

古ローマ筆記体

古ローマ筆記体(Old Roman Cursive)は,大文字の筆記体とも呼ばれ,日常的な手書き書体で,商人が帳簿をつけたり,学校の生徒がラテン文字を習うのに使ったり,あるいはローマ皇帝が詔勅を書くのにも使われた。より正式の書き方はローマ大文字体であったが,筆記体は急いで非公式に書くときに使われた。紀元前 1 世紀から西暦 3 世紀にかけてもっとも一般的に使われたが,おそらくそれ以前から存在したと思われる。(→ Roman cursive

『マケドニアの戦い』 断片
 オクシリンコスで発見されたパーチメントの表。オールド・ローマン・カーシブの改まった文学用のもの(Literary Cursive)。(→ スタン・ナイト)

翻字:TUM IMPERI / UE PRAEFECTI / SATIS
OLLERENT / US ATOQUE ANTIOC / NERIS
DESPECTI / ESQUE ALIENAS / CTARENT /
PHILIPPU / ONE ANT VALIDI

少年奴隷の購入に関する証文 紀元 166 年 5 月 24 日の日付が明記されている。

田野風頭文字体

田野風頭文字体(Rusticus,4~7 世紀)は,頭文字体の 1 つの亜種で,その名称とはうらはらに,標準的な頭文字体よりむしろ装飾的で洗練された趣がある。金石文だけでなくペンで書かれたパピルスや古典作品の古写本にも用いられた。この書体が Rusticus (田野風)と呼ばれたのは,のちにキリスト教徒の立場から,異教的なローマ人の文字と見られたためであろう。(→ Rustic capitals

田野風頭文字体Vergilius Romanus Italian)

アンシャル体

アンシャル体(Uncialis/Uncial,4 世紀末~8 世紀)は,頭文字体のやや崩れた形で,主に手写本でのペンによる手書き書体として発達した。これは「丸み大文字体」などと訳されるように,頭文字体が少し丸みを帯び,しかもやや寸づまりな字形である。この書体は,はじめ北アフリカで発達し,のちにイタリアのローマを中心にもっぱら聖書関係の文書で用いられるようになった。そこから修道院活動を通じて,イギリスも含めたローマ領各地に広がり,高度に洗練された書体として完成した。これは,「田野風頭文字体」からの自然な発達というよりも,むしろキリスト教の伝播に伴うギリシア文字の影響のもとに,キリスト教独自の文字文化の媒体として発達したものと思われる。(→ アンシャル体

アンシャル体 (Gospels, Mark)
>

半アンシャル体

半アンシャル体(Half Uncial,5~8 世紀)は,アンシャル体とほぼ並行して,アンシャル体よりももっと字丈がつづまり,一層小型化した感じの書体。やはりアフリカ北西部から広がり,とくにキリスト教関係の文書でよく使われるようになった。

半アンシャル体 (Eugippius, Excerpta ex Operibus

半アンシャル草書体 (Terence, Fabulae

小文字体

帝政ローマ時代の終わり頃からローマ人の日常的な手書き文字としてこの早書き書体が広く行われた。この早書き書体と半アンシャル体とが結びついて,旧ローマ領のいろいろな地域で,「小文字体(Minusculus/Minuscule)」と総称される様々な書体が発達した。

新ローマ草書体

フランスの西・南部の修道院で,7 世紀から 8 世紀にかけて発達した「リュクセーイ小文字体 Luxeuil Minuscule」と「コプリ修道院体 Cobrie ab Minuscule」があるが,いずれも草書体的な性格が強く,独特な癖や特殊な合字(ligature)が用いられ,判読はかなり難しい。

リュクセーイ小文字体

コブリ修道院体

ほぼ同じ時期にスペインで発達した「西ゴート小文字体 Visigothic Minuscule」は,草書体よりは半アンシャル体に近く,一部アンシャル体の文字も使われ,合字の使用も少なく,上述のフランス書体よりは読みやすい。この書体は 7 世紀から 12 世紀頃まで使用が続いた。

西ゴート小文字体

8 世紀の半ば過ぎから南イタリアのベネヴェント(Benevento),モンテ・カシノ,サレルノなどの修道院を中心に発達した書体。これも半アンシャル体の流れを汲むもので,かなり様式化された文字である。

Beneventan MinusculePrologus Sacramentorii

Ravenna Chancery script

Merovingian Chancery script

Merovingian Uncial and B Minuscule(The Loard's Prayer)

島の文字

ブリテン諸島がローマ人の支配を離れた後,キリスト教文化の有力な拠点の一つとなったアイルランドを中心に文字の使用が盛んとなる。そこで発達した書体がやがてアングロサクソンのイギリスにも伝わり,「島の文字(Insular Scripts)」と呼ばれる独自の文字文化が修道院活動の中で発達した。(→ インシュラー体

アイルランドでは,かなり早い時期に半アンシャル体(Insular Half Uncial)の文字が導入され,ここで「島の半アンシャル体」と呼ばれる高度に洗練された書体を発達させた。この書体は,アイルランドの修道僧によるヨーロッパ各地での修道院建設を通じて,ヨーロッパ大陸での書体の発達にも大きな影響を及ぼした。

島の半アンシャル体 (Gospels, the Lindisfarne Gospels)

Insular Cursive Minuscule (“Book of Armagh”)

アングロサクソン小文字体

アングロサクソンの地にもたらされた半アンシャル体は,さらに草書的な性格を強め,「アングロサクソン小文字体」と呼ばれる独自の書体を発達させた。イギリスでは 10 世紀後半から 12 世紀の半ば頃まで,古英語のテキストではもっぱらこの文字が使われた。アングロサクソン小文字体には「尖り型(Anglo-Saxon Pointed Minuscules)」と「角形(Square Minuscule)」と呼ばれる 2 つの変種がある。

アングロサクソン小文字体尖り型

アングロサクソン小文字体角形(Psalter, hymnary etc.)

アングロサクソン半アンシャル体 (『ケルズの書』)

Anglo-Saxon Round Minuscule and Anglo-Caroline Minuscule

“Beowulf” Manuscript

カロリンガ小文字体

カルル大帝によるカロリンガ王国の建設とそれに伴うもろもろの文化改革は,ヨーロッパ文字史の上でも重要な画期となった。フランク王国を中心とするこの新しい文化運動の中から生まれた文字は,「カロリンガ小文字体 Carolingian Minuscule, 8~9 世紀)」と呼ばれるが,これは古代ローマの半アンシャル体を基盤とし,それに同時代の地方の小文字体のいくつかの特徴を加味することによって形成された。

文字の全般的な特徴は,丸みを帯びたなめらかな字形で,文字の縦線が上または下に長く延び,文字の並びも非常に均整がとれている。合字の使用もきわめて少ない。次の例は,フランスのトゥールのサン・マルタン修道院で作成された,『ラテン・ウルガタ聖書』の一部。書体は降順に大きなイニシャル,ヴァーサル(ドロップキャップ)の大文字,アンシャル体,そしてミニュスキュルがきわめて効果的に用いられている。(→ カロリング小文字体)図 → スタン・ナイト 2001

カロリンガ小文字体

このカロリンガ小文字体は,10 世紀の半ば頃イギリスにも伝わり,ここで独特の「イギリス風カロリンガ小文字体(English Carolingian Minuscule)」を発達させた。この書体は,全般に字形が大きく一層形式化され,初期のフランスのカロリンガ書体に近い。合字や略字が多用される。この書体は,もっぱらラテン語テキストのために用いられ,11 世紀末まで続いた。

イギリス風カロリンガ小文字体

カロリンガ小文字体は,早い時期にイタリアにも伝わり,前述のベネヴェント小文字体や他の草書体文字と並んで,9 世紀から 13 世紀に至るまで,写本や教皇用の公文書などで用いらた。この「イタリア風カロリンガ小文字体(Italian Carolingian Minuscule)」は,12 世紀に最も栄え,10 世紀のイギリス・カロリンガ書体と並ぶ高い完成度にたっした。この書体はのちに,ルネサンス期の人文主義者や印刷者たちの手本となった。→ スタン・ナイト 2001

イタリア風カロリンガ小文字体 

ゴシック文字

12 世紀になると,ヨーロッパ各地に大学が作られ,修道院制度が普及し,それに伴って,書物への需要も急増した。この必要を満たすために,これまでとは違った「ゴシック文字(Gothic)」と呼ばれる新しい文字形態が各地で発達した。(→ ドイツ文字

ゴシック文字は,カロリンガ小文字体の直接の発展形態といってよく,その過渡的な形態は,11 世紀後半から 12 世紀末にかけて現れた「原ゴシック,または,過渡期ゴシック文字(Proto-gothic/transitional Gothic)」と呼ばれる書体の中にはっきり見てとれる。この文字は,字幅が圧縮されて角張った形がこれまでとは違った特徴で,腰周りの「ひげ飾り」が増し,文字脚の末端も一層整っている。

原(過渡期)ゴシック体

この過渡期ゴシック体がその圧縮度と太文字の鋭角性をさらに強めたのが「直截ゴシック体(Gothic Prescissus)」と呼ばれる書体で,12 世紀末以降の手写本に数多く登場する。

直截ゴシック体

一方,「方形ゴシック体(Gothic Quadrata)」と呼ばれる書体は,文字脚が常に屈曲し,全体的に字形が一層四角張っている。この書体は,15 世紀から 16 世紀になると,字形の圧縮がさらに進み,文字下部の終端が常に装飾的な菱形の字面を伴うために,非常に読みにくくなっている。

方形ゴシック体

このような極端に角張ったゴシック体文字は,スペインやイタリアではあまり好まれず,それに代わって,もう少し丸みを帯びたゴシック文字が発達した。これは「丸みゴッシク」,通称「ロトゥンダ」(Gothic Rotunda)と呼ばれ,13 世紀から使われ始め,場所によっては 18 世紀に至るまで使用が続いた。丸みゴシック文字は,北方のゴシック体に特有の重厚な構成を基盤としているけれども,カロリンガ小文字の丸みを失っていない。

丸みゴシック体

これらのゴシック文字の草書的な変種として,12 世紀の末頃から,とくに日常的な書簡や他の非公式な文書を書くためにイギリスの秘書階級を中心に発達したのが「擬似ゴシック体」,通称「バスタルダ」(Gothic Bastarda)と呼ばれる書体で,これが大陸に伝わり,南ドイツのケルンやイタリアのフィレンツェなどでも流行した。とくに北フランスのブルグンドの宮廷では,写本用に形式化された特別の書体がここから発達した。

擬似ゴシック体

次に,様々なゴシック書体の例をあげる。→ Haarmann

ゴシック書体例

フマニスト文字

15 世紀のルネサンスと人文主義の時代を迎えて再び新たな文字改革の動きが訪れ,「フマニスト文字(Humanist Minuscule)」と総称される書体が登場し,これが間もなく画期的な印刷術の発明と結びついて,ラテン文字の歴史はまったく新しい時代にはいることになった。(→ Humanist minuscule

この運動の先導者は言うまでもなく人文主義者(Humanist)たちで,この時期に現れた新しい書体は,その名にちなんで「フマニスト文字」と総称される。その中でまず,15 世紀初頭のフィレンツェで,カロリンガ小文字体の復活という形で,「フマニスト小文字体(Humanist Minuscules)」と呼ばれる書体が発達した。→ スタン・ナイト

フマニスト小文字体

これと平行して,それの早書き書体として,ニコロ・ニコリ(Niccolò Niccoli)らの手で「フマニスト草書体(Humanistic Cursive)」が作り出された。

フマニスト草書体

草書体がさらに形式的に整えられた書体として,主に法王庁の書記たちの間で生まれ,そこからいろいろな流派へと発達した文字は,総称して「マニフェスト・イタリック体(Humanist Italic Corsiva)」と呼ばれるようになった。→ スタン・ナイト

フマニスト・イタリック・カーシブ

Humanistic Cursive Book Script

Humanistic Book Script

活字体

印刷術の発明は,それまでの手書きによる写本の伝統を根底からくつがえす文字史上の大きな革命であったが,初期の印刷者たちが活字の手本としたのは,それまでに定着していた身近な手書き書体であった。以下,スタン・ナイト 2014 による。

グーテンベルク

グーテンベルク(Johann Gutenberg)がドイツのマインツで初めて印刷した有名な「42 行聖書」(1557 頃)で採用された文字は,同時代のドイツの標準的な「方形ゴシック体」であった。ここには,それまでの手写本で慣用されていた合字や略字もそのまま使われている。Gutenberg bible Old Testamentヨハネス・グーテンベルク

グーテンベルク 42 行聖著

フストとシェーファー

裕福な銀行家だったヨハン・フスト(Johann Fust)は,グーテンベルクの共同事業者で印刷事業のために資金を提供していた。1455 年 11 月の訴訟記録からは,グーテンベルクが借金を返済せず,印刷機材すべてをフストとその未来の女婿ペーター・シェーファー(Peter Schöffer)に手渡したことがわかる。(→ Johann Fust)(→ Peter Schöffer

ヨハン・フストとペーター・シェーファー マインツ 1457 年

キャクストンン

イギリスで最初に印刷に取り組んだキャクストン(William Caxton)が手本としたのは,当時イギリスで人気のあった「擬似ゴシック文字」であった。 → ウィリアム・キャクストン

キャクストン ウェストミンスター 1476/1477 年

シュヴァインハイムとパンナルム

コンラート・シュヴァインハイム(Konrad Sweynheym)とアルノルト・パンナルムは(Arnold Pannartz),1464 年の終わり頃にイタリア最初の印刷所を,スビアコにあるベネディクト会サンタ・スコラティカ修道院に設立した。二人ともドイツ出身の印刷業者であった。

シュヴァインハイムとパンナルツ スビアコ(イタリア)1465 年

ドイツと並んで,イタリアのヴェネチアも印刷術の中心となったが,ここで手本となったのは,やはり同時代の「フマニスト小文字体」で,ここにはとりわけカロリンガ書体の伝統を伝える軽やかさと優雅さが際立っていた。ヴェネチアの印刷者たちの間で発達した活字体は「ローマン・タイプ(Roman Type)」と呼ばれ,北方的で重苦しいゴシック体に対抗する新しい書体の確立に大きな役割を果たした。

ジャンソン

ニコラ・ジャンソン (Nicolas Jenson 1420-80) はフランスの造幣局で彫金の仕事をしていたが,1458 年にシャルル 7 世の命で印刷術習得のためマインツに派遣された。彼が実際に印刷所を開いたのはヴェネツィアで,最も完成されたローマン体活字を用いて 1470 年に印刷を始めた。(→ Nicolas Jenson

ジャンソン ヴェネツィア 1470 年

マヌティウス

アルドゥス・マヌティウス(アルド・パヌーツィオ,Aldus Manutius 1450 年頃 - 1515 年)は,15 世紀に活躍した,商業印刷の父と言われるルネサンス期ヴェネツィアで活躍した出版人。1494 年にはアルド印刷所(Aldine Press)を設立しヴェネツィアから多くの名著を出版する。古典のギリシア語,ラテン語を学び,人文主義者のピコ・デラ・ミランドラとも交友があり,非常に学識豊かであった。1475 年から 20 年かけて,ヴェネツィア印刷工房を設け,ギリシア,ラテンの古典(約 120 点)を校訂し,出版した。ギリシア文字の活字を製造し,また,イタリック体やアンティカ体を開発した。(→ Aldus Manutius

アルドゥス・マヌティウス ヴェネツィア 1496 年

同 イタリック体

ギャラモン

16 世紀の後半から印刷の中心はフランスに移り,ヴェネチアのローマン・タイプは,活字鋳造者ギャラモン(Claude Garamond)の手によって一層の洗練を加えられた。ギャラモンによって活字文字は,「頭文字(Capitals)」「小文字(Lower Case)」「イタリック(Italics)」という 3 部揃った一組の文字組織として確立された。これが現在の標準的な活字体「新ローマン・タイプ(New Roman Type)」または「ギャラモン(Garamond)」と呼ばれる書体の基盤となった。 → Claude Garamond

ギャラモン パリ 1559 年

同 イタリック体 パリ 1555 年

ファン・ダイク

クリスフェル・ファン・ダイク(Christoffel van Dijck)は,1605 年頃ドイツのオッペンハイム近郊のデクスハイムで生まれ,アムステルダムに移り住み,金細工職人として記録されている。1647 年にファン・ダイクは自分の活字鋳造所を設立した。やがて,1650 年以降は,オランダを代表する父型彫刻師となり,ケンブリッジ大学出版局など他の印刷業者にも活字を提供するようになった。ファン・ダイクを筆頭とするオランダのオールド・ローマン体は,独特の黒みや骨格の頑丈さをもっているために,現在では「ダッチ・オールド・ローマン」とよばれている。 → Christoffel van Dijck

クリストフェル・ファン・ダイク ケンブリッジ 1701 年

キャズロン

18 世紀,イギリスの活字鋳造者キャズロン(William Caslon)は,当時のオランダの活字体に改良を加え,従来よりももっと個性的な活字を作り上げた。そのイタリック体はバロック的な華麗さを備え,頭文字体には一種の力感がある。この書体は「オールド・ローマン(Old Roman)」,または,製作者の名にちなんで「キャズロン(Caslon)」と呼ばれる。アメリカの独立宣言と合衆国憲法の最初の印刷は,この書体でなされたという。 → William Caslon

キャズロン ロンドン 1845 年

バスカヴィル

ジョン・バスカヴィル(John Baskerville, 1706~1775)は,イギリスの印刷業者。ウスターシャーのウルヴァリー (Wolverley) で生まれた。1725 年,バーミンガムへ出て墓石彫り師および習字教師として生計を立てた。黒ワニス塗装の商品の製造で財を成して 1750 年から印刷業を営み,パンチ・カッターのジョン・ハンディとともに,美しい活字と造本を目指した。 → ジョン・バスカヴィル

バスカヴィル バーミンガム 1772 年

18 世紀の中頃,フランスのフルニエとディドーの活字鋳造所でこれまでとはまったく違ったローマン体が作られた。

フルニエ

ピエール=シモン・フルニエ(Pierre-Simon Fournier)は,優れた活字鋳造の一族であるフルニエ家の中でも最も有名である。彼の父ジェン=クロードは 1696 年から 1729 年に没するまで,パリで古くから続くル・ペ活字鋳造所を運営した。(→ Pierre Simon Fournier

フルニエ パリ 1764 年

ディド一

ディド一族(Firmin Dodot)は 4 世代以上にわたり,活字の制作と印刷に熱心に携わった。おそらく最も大きな影響を与えたのは,フランソワ=アンプローワーズ(François-Ambroise,1730 年生まれ)だろう。彼は熟練の活字鋳造職人であり,フランス王室の印刷業者として任命されるほど成功していた。彼こそが,活字サイズの体系を洗練させ,国家の標準であった「王のピエ(pied-de-roi)」「フィートに相当]と関連付け,古めかしい名称のかわりに番号付けされたサイズ名を採用した。(→ Firmin Didot

ディド パリ 1791 年

ボドーニ

イタリアのパルマのボドーニ(Giambattista Bodoni)は,これまでに開発された様々な活字をさらに洗練して「ボドーニ(Bodoni)」と呼ばれる書体を完成させた。この活字体は,太線と細線の力強い対照,細く平らなひげ飾り,水平方向の強調を特徴とする。 → Bodoni

ボドーニ パルマ(イタリア) 1791 年

同 イタリック体

モリス

ウィリアム・モリス(William Morris)は書体とブック・デザインに関して早くから関心をもっていたが,1888 年 11 月にエマリー・ウォーカー(Emery Walker)のスライド映写付き講演を聴いたことで,突然ひらめきを得た。15 世紀の活字体を大きく写した画像はモリスの想像力をとらえて離さず,ウォーカーとの帰宅の途で活字フォントの作成を決心したという。この二人は,1890 年のケルムスコット・プレスの設立とゴールデン・タイプの制作へと結実した。 → ウィリアム・モリス

ウィリアム・モリス

各種フォント

古典書体

ヨーロッパ各地で創られ使用された様々な文字のなかから代表的なものを,ドイツの Online BibliothekTTF-Fonts が提供している TrueType フォントを使用して出力した文字見本を次に挙げる。

ヨーロッパの書体

ドイツの書体

フランスの書体

イタリアの書体

TeX をお使いの方は,http://www.ring.gr.jp/pub/text/CTAN/fonts/bookhands/ 収録の bsamples.ps をコンパイル(ファイルをクリックして PDF ファイルを生成)して,Peter Wilson, Bookhands Font Sampler をご覧ください。

現代の印刷書体

20 世紀のローマン体活字は二つの方向に進化した。一つはギャラモン体のように古典的な書体の「本物の」形象を求めるものであり,二番目は改良志向であるパラチオやフツーラ書体であった。基本的には大きな変化は無く,大文字書体は 2000 年前の古典古代ローマの形からなっており,小文字書体はフランスに起源するカロリンガ小文字体に大いに依存している。 → Knight

ユニコード

古代のイタリア半島で発祥したラテン文字は,その後ローマ帝国の版図拡張,次いでキリスト教の布教活動とともに,急速にヨーロッパ各地に広がった。さらに,近世以降,ヨーロッパ人の世界進出に伴い,アジア,アフリカ,あるいは太平洋地域の諸言語にもその使用を広げた。このように,ラテン文字は世界の様々な言語に採用される中で,それぞれの言語の特質に応じて様々な適合形態を見せてきた。ユニコードは,各種多様なラテン文字を網羅すべく拡張を重ね,最新の Unicode 10.0 では,「基本ラテン文字」から「ラテン文字拡張 E」までの 7 ブロックに分類しラテン文字を収録する。

基本ラテン文字
ASCII 互換

ラテン1補助
前述「現代の印刷書体」で挙げたフォントを始め多くのフォントは,「基本ラテン文字」「ラテン1補助」をサポートする。

ラテン文字拡張追加
ラテン文字汎用拡張,中世研究家追加,ベトナム語用ラテン文字追加,

ラテン文字拡張 A
ヨーロッパ各地のラテン文字

ラテン文字拡張 B
非ヨーロッパおよび歴史的なラテン文字,吸着音用アフリカ文字,セルビアのキリール文字に対応するクロアチア合字,ピンイン―母音組合せ,音声文字および歴史的な文字,スロベニア語およびクロアチア語用追加,ルーマニア語用追加,リボニア語用追加,中国研究用追加,各種追加

ラテン文字拡張 C
ラテン正字追加,ウィグル語用追加,クラウディアン文字,UPA 用追加,ショナ語用追加。“Times New Roman”, “Arial Unicode MS” などの汎用フォントは,「基本ラテン文字」から「ラテン文字拡張C」までをサポートする。

ラテン文字拡張 D
最新のUnicode 9.0 に収録される。古代エジプト語学,マヤ語学,中世研究家,インシュラーおよびケルト語学の文字,リトアニア語方言学用,中世ベトナム語用文字,エウェ語用古い文字,1900 年以前の正字法用ラトビア語の文字,アメリカ語学正字用文字,アフリカ諸語用文字,古代ローマ碑文用文字。「ラテン文字拡張D」ブロックの文字をサポートするフォントは,「花園明朝」「GNU Unifont」などがある。

ラテン文字拡張 E
ユニコード追加予定:ドイツ語方言学用文字,ドイツ語方言学用修飾文字,サハ語(ヤクート語)用歴史的文字

関連リンク

[最終更新 2018/08/20]