nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

オスク文字 英 Oscan alphabet,独 das oskische Alphabet,仏 alphabet osque,伊 alfabeto osco


古代イタリア中部および南部全般に,前 5,6 世紀頃から改元時代に至るまで用いられたオスク語を表記した,エトルスク文字に由来する文字。→ 蛭沼

文字構成

オスク文字表 → Omniglot

オスク文字テキスト

サンプルテキスト

アベッラの石柱碑文

オスク文字碑文で,長文にして重要なものの 1 つに,「アベッラの石柱(Cippus Abellanus)」と呼ばれるものがある。1745 年,ノーラの町の北東に隣接するアベッラ(Abella)の町で家の敷居として使われていたのが発見された。縦 192 cm,横 53 cm,厚さ 27 cm の硬い石灰岩板で,3.8 cm 程度にそう深くなく,しかし,丁寧に右から左へ刻まれている。前 2 世紀中頃のもので,アベッラとノーラとの 2 都市の境界に位置し,双方の共有であるヘルクレース(Hercules)神殿に関する,両町間の協定を記したものである。


アニョーネの青銅版碑文

イタリア中部カンポバッソー県(Campobasso)の都市アニョール(Agnone)の近郊カプラコッタ(Capracotta)にて,1848 年発見された,取っ手と鎖のついた小青銅板。28 × 16.5 cm。両面とも,オスク文字が,右らか左へ刻まれている。最初に,15 の神々が列挙されており,その神苑に祭礼の場所をもち,1 年を通じて農業の神々が崇拝さていたことが記されている。

ポンペイ出土のオスク文字建造物刻文 → Jensen

関連リンク

[最終更新 2018/08/20]