nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

エルバサン文字 英 Elbasan alphabet,アルバニア Alfabeti i Elbasanit


18 世紀の後半に始まるアルバニア人たちの民族的覚醒,民族統一と独立を求める働きは文化面にも反映し,アラビア文字やギリシア文字によらない独自の文字を創造しようとする気運が,中部,南部の都市,および,アルバニア人移住者の多い国外の都市で高まることになった。各地で独自のアルファベットが案出されたが,その使用範囲は一つの町から一地方に及ぶ程度の狭いもので,広く普及するには至らなかった。

エルバサン文字は,18 世紀の半ばにアルバニア中部の町エルバサン(Elbasan)で考案された最初のオリジナルのアルファベットである。このアルファベットで書かれた祈禱文や福音書の訳が残されている。(別掲 → 「アルバニアの文字」

文字構成

エルバサン文字は,グラゴル文字を自由に改変し,単純化した文字が主体となり,次の 40 字からなる。→ Omniglot

エルバサン文字テキスト

サンプルテキスト

エルバサン文字による主要な資料は,The Elbasan Gospel Manuscript (Anonimi i Elbasanit = The Anonymous of Elbasan,1761 年)として知られている,セント・ジョーバン・ウラジミール教会(St. Jovan Vladimir's Church)で作成されたアルバニア正教会最古の福音書である(10 × 7 cm,59ページ)。 Elbasan Gospel Manucript (サイト停止中)

テキスト入力

ユニコード

エルバサン文字のユニコードでの収録位置は U+10500..U+1052F である。前掲の文字表は,フリーフォント Albanian.otfを用いて作成した。

関連リンク

[最終更新 2018/08/20]