nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

ヴィンチャ文字 英 Vinča symbols


ヴィンチャ文字(または,古ヨーロッパ文字 Old European / Danube script)は,南東ヨーロッパ,特に,ベオグラード東方 14 km に位置するヴィンチャ遺跡から出土した遺物に書かれた文字(記号)である。

この遺跡は,1908 年から 1932 年にかけて断続的にM・ヴァシチュ(Miloje Vasić,1869~1956)によって発掘された。堆積土は 12 m に及ぶ文化層をなしており,そのうちの約 7 m をヴィンチャ文化層(紀元前 5500 ~紀元前 3500)が,さらに下層の 2 m をスタルチェヴォ文化層(紀元前 6500~紀元前 5500)が占めている。このように文化層がはっきりと分かれている遺跡は他に発見されておらず,そこにはヴィンチャ文化遺物群の年代決定や類型学にとって貴重な手がかりが残されていた。

同様の出土遺物は,ギリシャ,ブルガリア,ルーマニア,東ハンガリー,モルドバ,南部ウクライナ,旧ユーゴスラビなど,広範な地域の古代遺跡からも発見されている。

ヴィンチャ文化遺跡分布,前 5300~3500 年頃 → マリヤ・ギンブタス

ヴィンチャ文字資料

ほとんどの銘文は土器に刻まれている。残りは紡錘(平らな円筒型の環),人形,その他の物品の小さな集まりの上に現われている。記号それ自体は動物に似た表現,櫛やブラシのパターン,および卍のような,十字のような,山形模様のような抽象記号を含む,各種の抽象的で典型的な絵文字からなる。

タルタリアのタブレット

1961 年,ルーマニアのタルタリア(Tărtăria)村で,Nicolae Vlassa が溝の発掘を行ったところ発見した 3 枚のタブレットがある。刻印は石の片側だけ刻まれていた。1 枚には,2 頭の動物の姿が素描されており,1 頭はヤギで,コムギの穂の描かれている。他の 2 枚の板には穴が開いているため,お守りのようなものだったのではないかと推測されている。線によって 4 つの区画に分けられ,それぞれの区画に印が刻まれている。何を表しているのかわからないものもあるが,動物,壷,植物など,すぐにそれとわかるものもある。→ ancient-wisdom.com

ヴィンチャ文明期各地で出土した資料 → ancient-wisdom.com

マリヤ・ギンブタス

考古学者マリヤ・ギンブタス(Marija Gimbutas,1921~1994)は,印が文字を表現しているという考えの最初の提唱者であり,「古ヨーロッパ文字」という名前を作り出した人物である。彼女は,ヴィンチャの印が古ヨーロッパ語の文字体系であったか,あるいは,よりありそうな可能性として,一種の文字以前の記号体系であるという説も立てた,

次の 2 つの例は,ギンブタスの見解を示すものである。左図のテラコッタ小像上には,文字記号というよりも〈蛇女神〉や〈鳥女神〉に関わる表意文字と,鋸歯文が刻まれている。右図のブルガリア西部,ヴァラッァで発見された浅皿の裏面(a)には,象徴的図像の回りに刻印があり,内部(b)には 4 行の刻印がある。それらの銘文は,土器製作者の署名の類であるとは考えにくい。ただ少なくともそれは単なる幾何学的図形ではなく,いわば何本もの線で構成された脈絡のある刻印(サイン)であろうと述べている。→ マリヤ・ギンブタス


古ヨーロッパ文字は,古代エジプトやシュメールの文字より数千年ほど古く,今までに発見された文字・記号の最古の形を表しているとみられている。しかし,埋蔵物に表示された銘文はすべて短く、表現言語が知られていないために、ほとんどの考古学者と言語学者は,ギンブタスによるヴィンチャ記号の文字体系としての解釈に反対している。

ヴィンチャ文明期に用いられた記号

ヴィンチャ文明期間に現れた文字・記号類を,フリーフォント Danube script Gimbutas.ttfを用いて示す。→ Haarmann

関連リンク

[最終更新 2018/08/20]