地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org


世界の文字

グラゴル文字 英 Glagolitic,露・ブルガリア глаголица,クロアチア glagoljica,チェコ hlaholice


古代教会スラブ語 (Old Church Slavonic,露 Старославянский язык) は,一部が 10 世紀,大部分が 11 世紀に主としてブルガリア地方とマケドニア地方で作られたと推定される。福音書その他のキリスト教会文献(ほとんどすべてギリシア語からの翻訳)の写本に用いられたスラブ文語である。文字体系には2種類あって,その1つがグラゴール文字であり,もう1つはキリル文字 (cyrillic, 露 кириллица) である。以下の記述は,木村 [1],千野 [2],佐藤 [3] から引用した。

スラブ人の使徒コンスタンティノス=キュリロスおよびメトディオスによる古代教会スラブ語制定の歴史的背景は,主として,二人の死後間もなく弟子たちの手によって書かれたと思われるそれぞれの『一代記』すなわちいわゆる Vita Constanini および Vita Methodii によってその詳細を知ることができる。 西スラブ人の 大モラヴィア公国 (830~906) のロスティスラフ公は,ビザンツ皇帝ミハイル III 世に使者を送り,スラブ語で正しい教えを説く教師の派遣を要請した。ミハイルは学者として令名のあったコンスタンティノスと,その兄のメトディオスを選び,モラヴィア布教の準備を命じた。兄弟は北ギリシアのテサロニキの生まれで,その地のスラブ人の言語によく通じていたので,新しくスラブのアルファベットを考案し,聖書や祈禱書をギリシア語から翻訳し, 863 年にそれを携えてモラヴィアへ赴き伝道を開始した。このアルファベットがグラゴール文字であり,キリル文字はその数十年後にブルガリアで別の字形に移し変えられてつくられた,新しいアルファベットと考えられている。右図は聖キュリロスと聖メトディオス像(Wikiwand)。 [4]

現存資料

古代教会スラブ語の現存する資料は,10 世紀から 11 世紀にかけて存在したものである。グラゴール文字の資料は,ブルガリアの新約四福音書 「ゾグラフォス写本」 と「マリア写本」,ブルガリアの抜粋福音書 「アッセマーニ写本」,旧約の 「シナイ詩篇 」,「シナイ祈禱書 」,クロアチアの説教集 「クローツ写本 」である。キリル文字の写本には,福音書の 「サバの本」と聖者伝集成の 「スプラシル写本 」 がある。

Codex Zographensis同左 St.Luke XIV 19-24 Codex Marianus
Codex AssemanianusPsalterium SinaiticumEuchologium Sinaiticum
Glagolita Clozianus Sava's bookCodex Suprasliensis

上述のもの以外はごく短い断片ばかりである。その中で特に重要なのは 10 世紀のモラヴィアで書かれたものと推定される,ローマ教会の典礼による祈禱書 「キエフ断片 Kiev Fragments」で,グラゴール文字で書かれた7葉の断片である。あきらかに現存写本中最古のもので,言語的にもあらゆる点でキュリロスの制定した言語にもっとも近いと思われる。


また,プラハで発見された2葉のプラハ断片(Fragmenta Pragensia)は,1葉がパリンプセスト(一度かかれた羊皮紙の文字を消して,また用いたもの)で,その下のテキストの文字もグラゴール文字である。 [5]


12 世紀以後は一時期チェコの修道院  [6] やスロベニアの修道院  [7] で用いられたほか,クロアチアの一部を除きグラゴール文字は殆ど用いられなくなる。ところが,14 世紀以降西クロアチアのカトリック教会の一部では 《クロアチア教会スラブ語》 と結びついた 「角張った」 グラゴール文字を用いる伝統が長く続き,とくにダルマチアのアドリア海北部のクヴァルネル群島の少数の島々のカトリック教会では 20 世紀初めまで典礼用に用いられていた。クロアチアにおけるグラゴール文字使用の変遷は Žubrinić (1995)  [8] が詳しく述べている。

ロシアでは,すでに 10 世紀,東部ブルガリアから入った古代教会スラブ語がロシア教会の唯一の用語となったが,この言語は最初から生きた口語,すなわち東スラブ方言 (のちのロシア語,ウクライナ語,およびベロルシア語の共通の祖語) の強い影響を受けて急速にロシア化し,ロシア教会スラブ語というよりは, 《古代ロシア文語》 とよぶのが妥当であると思われる。この文語は,文学作品の言語という意味では,11 世紀から 17 世紀に至るまで,ロシアにおける唯一の文語であった。右図はロシアに現存する最古の文献として知られるオストロミール福音書 (1056-57) である。

文字構成

2種類のグラゴール文字(丸型・角型)と,対応するキリル文字とその転写文字,およびそれぞれの文字の数値を次に挙げる。


使用フォント: 丸型およびキリル文字 Dilyana, 角型 ALPHABETUM Unicode font

クロアチア・グラゴール文字では数百の合字が用いられた。以下は Žubrinić (2010) [9] に掲載されている合字の例である。

Free Font: Glagolica Missal DPG

バスカ石碑(Baška,11 世紀初頭,クルク島) に刻まれたクロアチア教会スラブ語を表す文字。石碑 (2 × 1 m2,800 kg) には約 400 のグラゴール文字が刻まれている。 Žubrinić (2010)参照。

Free Font for TeX Croatian Fonts

草書体

Free Font for TeX Croatian Fonts, Croatian Glagolitic quick-script


Žubrinić (2010) 参照, Free Font for Windows Privlačka parokijanska

古代教会スラブ語正書法

グラゴール文字の写本は,印刷に不便なため,キリル文字に転写して公刊するのがならわしである。 辞書,文法書も同様であって,キリル文字ないし転写用ローマ字を用いる。次に標準正書法の一部を挙げる。


略字

写本では次の2種類のタイプの略字が用いられている。

(a) 教会文献に頻出するいわゆる 《聖語》 を際立たせるための手段として,ふつう語幹の最初と最後の文字だけを残してその上に横線 (титло) をひき,それに語尾をそえたもの。

なお動詞 《言う》 の諸形も,原則として略字で書かれる。

(b) スペースを節約するために,語幹の,目印になる文字の1つを行の上に書き,その上に丸帽子 (Round Cap) をかぶせたもの。

なお前置詞 otъ はしばしば次のように書かれる。

字母の数値

数値はギリシアの伝統に従って,字母で表わされる。グラゴール文字とキリル文字とでは,1,10,100 以外は数値が一致しない。数の配列が,グラゴール文字では字母の元来の(制定者が定めた)順序に拠っているのに対して,キリル文字ではギリシア文字の数値をそのまま採用しているからである。


字母が数値を表すときは,上に横線(титло)を引く。11 から 19 までは,1 位の数を示す文字を先に書く。1,000 位の数はグラゴール文字の写本には出てこない。キリル文字では 1 位の数の左下に 1,000 位を示す記号をつける。

古代教会スラヴ語テキスト

サンプルテキスト

Országos Széchényi Könyvtár, Duod. Eccl. Slav. 2

 Text: The Budapest Glagolitic Fragments, Free Font: Dilyana

Mt 6: 9-13

SLAVONSKI) サイト停止中, Free Font: Glagolica Missal DPG

SLAVONSKI) サイト停止中, Free Font: Dilyana

キリル文字
Ягича (1883) [10], Free Font: Dilyana

標準化正書法によるテキスト
語のつづりは,細部の点では,写本によって―同一の写本においてすら―かなりの揺れがある。そこで,上述した正書法によって語のつづりを標準化させている。Text: Mt 6:9-13 木村 2003

アクセントおよび気息記号を付したサンプルテキスト
Text:『詩篇五十番』 [11], Free Font: Orthodox.tt Ucs8,装飾画像はHipTeXに添付  [12]






テキスト入力

ユニコード

グラゴール文字のユニコードでの収録位置は U+2C00..U+2C5F である。

キリル文字のユニコードでの収録位置は U+0400..U+048F ,および U+A640..U+A66F である。なお,この位置にグラゴール文字を配置しているフォントも存在する。

文字表示テスト

下表右下セルにグラゴール文字が正しく表示されない場合は,Noto Sans Glagolitic,または,各種対応フォント [13] をインストールする。使用するフォントにより左側の書体 (Free Font: TITUS Cyberbit Basic) と異なる場合がある。

正しい表示お使いのコンピュータでは
ⰸⱏⰲⱏⱀⰻⰿⰻⱃⱏ
/Z'V'NIMIR'/ (The Croatian king)

入力方法

キリル文字による入力には,ロシア語キーボードを利用する。[参考] 多言語環境の設定

関連リンク・参考文献

  • ^ 木村彰一(2003)『古代教会スラブ語入門. 新装版』(白水社)
  • ^ 千野栄一(2001)「グラゴール文字」『世界文字辞典』(言語学大辞典,別巻,三省堂)
  • ^ 佐藤純一(1999)「スラヴ文字の成り立ちと特質」『たて組ヨコ組』(53号,モリサワ)
  • ^ キュリロス・メトディオス像。(1978年,ソフィアの Княжевския 修道院所蔵)Динеков, Петър (1995) Кирило-методиевска енциклопедия (т.2, София : Изд-во на Българската академия на науките) 向かって左のキュリロスがキリル文字のアルファベットを右手に持って示している。
  • ^ グラゴール文字およびキリル文字の2つの文字体系のうち,より古いのは―つまりキュリロス自身が考案したのは―どちらであるかといえば,それは彼の名を冠するキリル文字ではなく,グラゴール文字のほうである,というのが,現在では学会の定説である。そのように推定される根拠の一つにパリンプセストがある。グラゴール文字を削り去ってそのあとへキリル文字を書いた羊皮紙写本は存在するが,その逆のものは1点も発見されていない。
  • ^ 金指 久美子(2005)「チェコのグラゴール文字文献--エマウジ修道院関連の文献を中心として」 東京外国語大学編『東京外国語大学論集』(通号 70,東京外国語大学)
  • ^ 金指 久美子(2007)「スロヴェニアのグラゴール文字文献の問題について」東京外国語大学語学研究所 [編]『語学研究所論集』(12 号,東京外国語大学)
  • ^ Žubrinić, Darko (1995) Croatian Glagolitic Script
  • ^ Žubrinić, Darko (2010 )Croatian Fonts for Users of LaTeX
  • ^ Ягича, И.В. (1883) Маріинское четвероевангеліе : съ примѣчаніями и приложеніями (Quattuor Evangeliorum versionis palaeoslovenicae Codex Marianus glagoliticus, Characteribus cyrillicis transcriptum. Санктпетербургъ : Изд. отд-нія русскаго языка и словесности Имп. Академіи наукъ)
  • ^ 古代教会スラヴ語 SlavTeX 利用の手引き - OldSlav 安田功さん
  • ^ 装飾画像は,祈禱書などの正教会文献に見えるものである。 TeX での古代教会スラヴ語の利用について 安田功さん
  • ^ 本文で例示したフォントの他に次のようなフリーフォントがインターネット上で配布されている。
    《グラゴール文字》
    Free Font: Quivira Free Font: MPH 2B Damase
    Free Font:Krckanotarskaskola Free Font: yatsutko_glagolitsa
    《キリル文字》
    Free Font: Hirmos Free Font: Kliment Std
    Free Font: Lazov Free Font: Staroslavenski unicode
[最終更新 2018/08/20]