地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org


世界の文字

ギリシア文字 英 Greek alphabet


古代ギリシアで確立されて現代ギリシアに至るまでおよそ 3 千年近い歴史をもち,ラテン文字その他おおくのアルファベット系文字の基盤となった文字体系。

アルファベット(ὁ ἀλφάβητος,または,τὸ ἀλφάβητον)という名称は,ギリシア文字の最初の 2 文字の呼び名に由来し,前 3 世紀頃から文献に現れ始める。しかし,古典期のギリシアでは,この文字はまた「フェニキア文字」と呼ばれることもあった。このような呼び方が示すように,ギリシア・アルファベットはギリシア人の完全な独創になるものではなく,前 1 千年紀の初め頃から地中海世界に進出した北西セム民族の有力な一派であるファニキア人からその文字をギリシア人が借用し,ギリシア語に適応させるために,若干の,しかし重大な改変を加えてでき上がったものである。 [1]

文字構成

ギリシア文字表

文字は古代以来のギリシア文字がそのまま使われているが,その音価は 2 千年以上にわたるこの言語の歴史を反映して様々な変遷をたどっている。次表では,古典ギリシア語の標準とされる紀元前 5 ~ 前 4 世紀のアッティカ方言および現代ギリシア語の 2 種類を示す。

二重母音

子音結合

旧字体

数字

ギリシア人は,アルファベット式と頭音方式という二つの数字体系を使用した。頭音方式(アッティカ式)は,頭文字の音による表記は,ギリシア語の 5 (pente Γ),10 (deka Δ),100 (hekaton Η)及び 1,000 (khilioi Χ)に当たる語の頭文字を単独または組合せて表記した。50 を表すには pi の内側に小さい delta を入れ,500 にはΓとΗを組み合わせて使用した。Greek number systems

アルファベット方式(イオニア式)は 1 から 9 まで異なる文字を用意し、各桁においてもこれと同じ方法で異なる文字を当てはめる。なお,数字であることを示すためアポストロフィーを末尾に付け,1,000 以上数字の場合は,行の下部で数字の前に同様の符号をつけて表記する。

サンプルテキスト

単式(monotonic)現代ギリシア語と複式(polytonic)現代ギリシア語の例を示す。出典:『世界人権宣言』monotonic, polytonic, Free Font: GFS Artemisia

文字の変遷

セム文字をギリシア語へ適用するための必要最小限の改変を加えられた文字体系,すなわち,セム語の半母音及び喉音文字をギリシア語表記にとって不可欠な 5 つの母音文字に変え,有気音を表すために Θ を用い,wāw から分化した母音文字 ϒ を文字表の最後に付け加え,少なくともその外観においてもとのセム文字とほとんど変わらない文字体系が,ギリシア最古期の「原始アルファベット」と呼ばれるものである。古い時期のクレタ,テラ,メロスの諸島で行われたアルファベットがこれに属す。 [2]

つぎに,ギリシア最古のアルファベット字形とギリシア各地で発達した初期の主要な文字形態を示す。西方ギリシア文字(Western Greek alphabet)とは,紀元前 8 世紀から紀元前 5 世紀頃の初期ギリシア文字群の内,エウボイア島(ユービア島)周辺からペロポネソス半島,そしてイタリア半島にかけて分布した,西方のギリシア文字の総称。後に東方の字形が標準になったため,区別してこう呼ばれる。

ギリシア文字最古の銘文

ディピュロン(Dipylonkanne)の壷の銘文(前 8 世紀,アッティカ)

下図は,ギリシア文字最古の壷に記された銘文で,右から左向きに書かれる。ヘクサメトロンという叙事詩の韻律で下記のように読める。転写は,書記方向を強調するために文字を反転して表した。出典:Heubeck (1979) [3]

記念碑体

紀元前 4 世紀以前の古典期のギリシアから残された文字記録は,そのほとんどが石に刻まれた碑文で,書物に類するものは全く伝わっていない。碑文の文字は一般に「記念碑体(Monumental style)」または「石文体(Lapidary style)」と呼ばれ,その形態はかなり均質で地域や時代による変異は少ない。平らな碑面にあらかじめ区画された横列に沿って鑿で刻まれるために,大きさも字画も斉一で,方形に近い均整のとれた字形を示す。後の「頭文字または頭字体(Capital letters)」はこれを手本としたものである。

紀元前 550-540 年頃の碑文の文字

初期のギリシア語碑文では,各行が前行の行末 1 字の下で始まり,前行とは逆方向で書かれている。複数行の文字が進行方向に合わせて裏返しに向けられている。この書記法が「牛耕式(Boustrophedon)」と呼ばれる。次の例は,小アジア北西部の都市シゲイオンで出土した,紀元前 550~-540 年頃の碑文の一部である。出典:ブライアン・クック [4], Free Font: ALPHABETUM Unicode

クレタ島出土の碑文(紀元前 5 世紀頃)。 [7]

碑文頭字体『アテネ民会決議』(前 408)

この書体は,ギリシア語で στοικηδόν 「整列体」と呼ばれ,一つ一つの文字が独立にほぼ等間隔に並べられ,語の分かち書きや句読点,また,アクセント記号なども一切見られず,その均斉な字体と相まって簡素でしかも格調の高い美しさを生み出している。

走り書き体(前 4 世紀)

文書体の中のとくに早書きスタイルのものは,ラテン文字のそれにならって「走り書き体(Cursive)」とも呼ばれる。これはラテン語の cursus 「走行」に由来する形容詞であるが,漢字の書体になぞらえれば,Uncial は「楷書体」,Cursive は「草書体」ということになる。図は手紙の一部(前 350 頃)。 [6]

パピルス書物体 P66(前 3 世紀前半)

パピルス P66(Bodmerパピルス2号)ヨハネによる福音書,AD 200 頃。 Papyrus 66 Bodmerは収集者(ジュネーヴの人)。20世 紀中頃収集。

ロゼッタストーン(前 196 年)

ロゼッタストーンは,プトレマイオス 5 世を記念したもので,3 段目にギリシア文字が刻まれている。右下隅に書かれていたはずのギリシア語の文章もリチャード・ポーソンの提言をもとに再現されている。ギリシア語の箇所はThe British Museumより引用。

次は,ロゼッタストーンに刻まれた文字を模したフォントの出力である。

Free Font: Ancient Greek Fonts: Rosetta Stone

アンシャル体

厳格アンシャル体(後 2 世紀)

後 2 世紀以降の一時期,字幅の狭い文字と広い文字を強調した,やや鋭角的な字画の「厳格体(Severe Uncial)」と呼ばれる書体が現われた。

聖書アンシャル体(後 4 世紀)

4世紀から5世紀頃にかけて,縦の字幅を太く,横の字幅を細く対照させ,細い字画の終端に太めのくくりを強調したやや装飾的な書体が現われ,これは主に聖書の羊皮書写本で用いられたので,「聖書アンシャル体(Biblial Uncial)」とも呼ばれる。この特徴はまた,コプト文字にも受け継がれている。図は『新約聖書シナイ羊皮写本』。→ シナイ写本 | Codex Sinaiticus

「ディオスコリデス・ヘルバル」(後 512)

後期アンシャル体(9 世紀初頭)

アンシャル体と呼ばれたこの書物体は,9 世紀以降,新たに登場した「小文字体」によって急速にとって代わられたが,しばらくの間,王や貴族のための特別な豪華本のために,きわめて装飾的な書体として用いられた。これが「後期アンシャル体(Late Uncial)」と呼ばれるもので,太い字画と細い字画の対照が一層強調され,全体的に字形が右に傾斜し,一部の文字が装飾的に拡大されたり,長められたりしている。

小文字体

純小文字体(10世紀)

『ツキディデス』写本の一部("codex vetustissimus" Florence, Laurentian Library, lxix.2) Greek minuscule

後期小文字体(15 世紀)

アリストテレス『政治学』

主の祈り

 10th century 出典:Faulmann (1989) [5]
 15th century
 合字を通常の綴りで表したのが次のテキストである。Free Font: Vusillus

 筆記体
フィロカリア

フィロカリアは 4 世紀から 15 世紀までの教父または修道僧の著作の抜粋集。1783 年にベネチアで初めて刊行された。いずれもギリシア語で書かれ,東方正教会の神学思想に影響を与えた。ここに取り上げたフォントは「フィロカリア」のデジタル化のために作られたものである。多数のリガチャを含む。

サンプルはアリストテレス『詩学』の一部。Sample / Free Font: philokalia.pdf, Philokalia-Regular.otf | Philokalia

テキスト入力

ユニコード

ギリシア文字のユニコードでの収録位置は,主に現代ギリシア語を表記する U+0370..U+03FF と,古典ギリシア語で必要な U+1F00..U+1FFF に分けて配置されている。なお,U+03E2..U+03EF はコプト文字である。

Font: Times New Roman (Windows 搭載)

古代ギリシャ数字のユニコードでの収録位置は U+10140..U+1018F である。

Free Font: Aegean, ALPHABETUM Unicode font, Cardo, New Athena Unicode, Quivira

ギリシア文字入力方法

ギリシア語用スクリーンキーボードをデスクトップに表示して,画像の配列を参照しながら,キーボードから文章を入力する。タスクバーには ISO 639-1 の言語コードでギリシア語を表す「EL」が表示される。【参照】 多言語環境の設定

関連リンク・参考文献

  • ^ 松本克己(2001)「ギリシア文字」『世界文字辞典』(言語学大辞典,別巻,三省堂)
  • ^ ギリシア語の /i/ と /u/ の文字に当てられた Ι と Υ は,セム語では半母音の /j/ と /w/ を表したが,これはまたセム語で母音文字としても使われていた。A, E, O の 3 文字は,それぞれセム語で「喉音」と呼ばれる /ʔ/ (声門閉鎖音), /h/ (声門摩擦音), /ʕ/ (現代アラビア語で咽頭化された声門閉鎖音)というような音で,それぞれ特徴的な母音の音色を伴って発音される。
    セム文字のギリシア語への適用に際して,ギリシア語にあってセム語に欠けた 3 種類の有気閉鎖音 /ph, th, kh/ の表記法の問題があった。当初,これらの音を表すために利用できたのは,セム語の「強音の」/ṭ/ を表す ṭēt Θ だけで,他には適当な文字が存在しなかった。このため,/ph/ /kh/ は無気音文字の Π, K/Q と Η の組み合せで表記するという方法がとられた。
    逆に,セム語の表記には不可欠である 4 種類の歯擦音文字 /z/, /ṣ/,/s/,/š/ のうち,ギリシア語に必要な /s/ 以外は不要であるが,捨て去ることなく,その形と順序だけは正確に維持された。
  • ^ Heubeck, Alfred (1979) Schrift (Vandenhoeck & Ruprecht)
  • ^ ブライアン・クック 著 ; 細井敦子 訳. ギリシア語の銘文. 學藝書林, 1996大英博物館双書失われた文字を読む / 矢島文夫 監修 ; 5
  • ^ Faulmann, Karl (1989) Illustrierte Geschichte der Schrift : populär-wissenschaftliche Darstellung der Entstehung der Schrift der Sprache und der Zahlen sowie der Schriftsysteme aller Völker der Erde (Neu verlegt bei Franz Greno)
  • ^ Marcos, Juan-Jose (2017) Fonts for Greek paleography (4.94 MB)
  • ^ Naveh, Joseph (1970) The development of the aramaic script. (Israel Academy of Sciences and Humanities)
[最終更新 2018/08/20]