nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

テングワール 英 Temgwar


テングワールとは,J・R・R・トールキンの創作した架空文字。テングワールという言葉は,クウェンヤ語で文字を意味する名詞の複数形である(単数形はテングワ Tengwa)。

フェアノール(Fēanor)がルーミルのサラティを改良して作ったため,フェアノール文字とも呼ばれる。この文字が中つ国で使用されている。初期には,子音文字の上に母音符号(テフタ tehta,複数形はテフタール tehtar)を添えていたが,後に母音も文字として表記されるようになった。また,文字にはその音で始まる単語の名が付けられていたが,後に単純な名で呼ばれるようになった。

文字構成

子音は「基本文字」(1~24)と「追加文字」(25~36)とがある。

基本的文字

I~IV のテマール(témar)すなわち「系列」(series)と,1~6 のティエルレア(tyeller)すなわち「階梯」(grades)からなる 24 の文字のこと。系列と階梯に従って形状が規則的に変化した。1~4 が標準的な形であり,ルーヴァ(lúva)すなわち「弓形線」(bow)の向きとその開閉で系列を示し,弓形の数とテルコ(telco)すなわち「軸線」(stem)の伸びとその向きで階梯を示した。

つまり I~IV の系列で調音部位を,1~6 の階梯で調音方法と発声を決定した。軸線の伸びが下だと閉鎖音(破裂音),上だと閉鎖が開いて摩擦音となり,弓形線が一つで無声,二つで有声となった。軸線が上下に伸びていない有声音の階梯 5 は鼻音であり,この流れでは階梯 6 は無声鼻音となるが,フェアノール文字を用いる言語でそういった音は滅多になかったので,階梯 6 には各系列で最も弱い子音,もしくは「半母音」的子音(semi-vocalic consonants)があてられる場合が多かった。

元々のフェアノール文字には,上下共に軸線を伸ばした階梯もあり,通常は有気音の子音(aspirated consonants)を表した。だが第三紀にフェアノール文字を使用した言語でこの階梯は必要とされず,階梯 3 および 4 の変形として多用された。

追加文字

24 の基本的文字以外を追加文字と呼ぶ。追加文字で厳密に独立した文字は 27 と 29 のみで,他の文字の変形であり,一般的に割り振られた音価も同様に元の文字の音から変異した音であった。

テフタール

テフタール(tehtar)は,クウェンヤで「記号」を指す。文字に添えることで,母音や(補助的に)子音を表わす。

以下は母音を表す代表的なテフタールの一覧だが,諸言語において母音を表わす記号は非常に多くの種類が存在した。

a点 3 つ ∴のように並べる。速く書くために,曲アクセント記号(circumflex)のような形など,別の記号が用いられることもあった。記号そのものが省かれることも多かった。
e鋭アクセント記号(acute accent) e と i は逆に用いられる方式もあった。
i点一つ
o右に開いたカール カールは右に開いた形状の方が好まれたので,言語によっては o と u が逆に用いられた。
u左に開いたカール
母音のテフタは,語尾が母音で終わることが多いクウェンヤでは先立つ文字の上に置かれ,子音で終ることが多いシンダール語等では次にくる文字の上に置かれた(ただし,テフタが文字の下に置かれる場合もあった)。置くべき文字が無い場合は,点の無い i のような形をした短符号(short carrier)の上にテフタを置いて母音を表記した。

関連リンク・参考文献

[最終更新 2018/11/20]