nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

リュキア文字 英 Lycian alphabet

紀元前 1 千年紀に小アジア西南部のリュキアで用いられていたアルファベット系の文字。現存する資料の大部分は,岩や石棺に刻まれた墓碑銘で,その所属年代は大体前 5~前 4 世紀である。この文字で記されたリュキア語は,古代小アジアの謎の言語として 19 世紀以来多くの学者がその解読に取り組んできたが,20 世紀半ば以降,印欧アナトリア語派の 1 つルウィー語と関連付けられることによって,急速に解明が進んだ。→ 松本

リュキア文字の直接の手本となったのは,おそらく西ギリシア型の文字(Western Greek alphabet)であり,また,字形その他から見て,成立した時期は,他の小アジア系アルファベットよりもおそらく新しいであろう。

文字構成

リュキア文字は全部で 29 の文字からなり,各々の文字の字体やその使用法は,他の小アジアの文字体系に比べて,きわめて統一的で,時代や地域による相違はあまり認められない。リュキア文字の配列に見るように,29 種のうち 17 種の文字は,ギリシア文字とほとんど同形か,あるいはその変形で,音価もギリシア文字のそれとほぼ同じと見られる。残りの 12 文字は,リュキア語の表記のためには不要なギリシア文字を,自国語の固有の音の表記に転用するなど,何らかの改変ないし創造を加えたものである。

リュキア文字例

サンプルテキスト

リュキア文字の書記方向は,一部の貨幣上の刻銘を除いて,常に左から右方向に書かれ,したがって,字形も一定して動揺がない。そして単語は,通常,コロンのような 2 つ(稀に 1 つまたは 3 つ)の点によって区切られ,連続書法(scripta continua)はあまり用いられない。

Phellos 出土の碑文

1952 年,G. E. Bean によって,古代リュキアの町 Phellos から発見された碑文。→ Neumann

墓碑左側墓碑右側
模写図・翻字

墓碑銘例

Limyra 出土の墓碑銘。→ 大城・吉田 → 模写図 Kalinka


リュキア語墓碑例

リュキア語墓碑例:リュキア語・ギリシア語併用。Limyra 出土 → 松本 2014


レートー神殿址出土の 3 言語併用碑文

この碑文は,1973 年 8 月 31 日,リュキアの主邑クサントスの近郊レートーオン Letôon (レートー神殿址)で,H. Metzger の指揮するフランス考古学隊によって発見された。碑は高さ 135 cm,幅 57.5 cm,奥行き 30 cm の直方体で,広い方の両面にそれぞれ楷書体(Stoichedon)で,リュキア語 26 字 41 行,ギリシア語 26 字 35 行が,そして 30 cm 幅の狭い片面にアラム語 27 行が刻まれている。→ 松本

碑はアラム語の面に若干の損傷を受けているが,リュキア語とギリシア語の碑面はほぼ完全に原形を保ち,テクストの全文は一字一句正確に読み取ることができる。内容は新しい祭祀の導入とその神殿建設に関するクサントス(リュキア語で「アルナ」)市民の決議文で,その日付は,アラム語碑文に明記された「アルタクセルクセス(3 世)の第 1 年シュワーンの月」という句から,前 358 年 6 月と確定できる。

3 つのテクストのうち,ギリシア語とリュキア語のそれは,内容と構文の両面でほぼ対応し,一方が他方の忠実な対訳の関係にあるのに対して,アラム語テクストは記述内容が一部異なり,一部は省略されていて,完全には対応しない。前二者はリュキアの住民民向けに,そして後者は,おそらくペルシア地方庁の書記によって,役所向けに書かれたものと思われる。

レートー神殿址で発見された 3 言語併用石碑
ギリシア語碑文 拡大 リュキア語碑文 拡大 アラム語碑文 拡大

テキスト入力

ユニコード

ユニコードのリュキア文字の範囲は U+10280..U+1029F である。対応するフォントは, Noto Sans Lzcian などがある。

参考サイト

[最終更新 2018/10/20]