地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org


世界の文字

チャクマ文字 英 Chakma script


バングラデシュの東南部,チッタゴン丘陵地区(Chittagong Hill Tracts)のカルナプリ(Karnaphuli)川の東岸に位置する首邑ランガマティ(Rangamati)を中心に同川の中流域と,さらに,わずかながらインド東北部,大アッサム地域に分布するチャクマ語を書き表すのに用いられる文字。この文字は,アッサムにアーホム王国が成立したとされる 13 世紀以降,アーホム文字・カムティー文字に範をとり生まれたものに,おそらくアラカン地方を通じてビルマ文字の影響が及んだものと推定される。 [1]

文字組織

頭子音字

子音結合/尾子音の表記

子音結合には,次のものがある。尾子音の表記には,頭子音字の上に横棒(殺母音符号)を付して示す。

母音符号

母音符号なしは,常に長い母音 aa を示す。母音符号 <-a> を付加すると,短い a になる。

独立母音字

母音で始まる音節の表記は,次ぎにあげる独立母音字が用いられたが,近年は“'”と母音符号の組み合わせで綴られるようになった。

数字

数字は次の通りである。

チャクマ語テキスト

サンプルテキスト


テキスト入力

ユニコード

Unicode 6.1 (2012) からチャクマ文字はユニコードに追加(U+11100..U+1114F) された。

チャクマ文字入力方法

Chakma Virtual Keyboard から,ユニコード対応チャクマ文字フォント及び仮想キーボードを入手する。

関連リンク・参考文献

[最終更新 2019/01/20]