地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org



「世界の文字」について

Unicodeの普及に伴い,多言語環境を整えることが一昔前に比べ飛躍的に容易になりました。

古代から現代まで,文化的・宗教的・歴史的・学術的観点で重要な意味をもつさまざまな言語と文字を,ご覧くださる方がご自身の手で書き記す際に,このページが何らかのヒントを提供できる契機ともなれば,と念じています。

ご意見やご指摘などをお聞かせください。

稲垣徹
t-ing at tbh.t-com.ne.jp
(" at "を"@"に変えてください)

世界の文字

カンナダ文字


カンナダ新聞[拡大]
カンナダ文字は,インド共和国カルナータカ(Karnataka)州で話されているドラヴィダ系の言語カンナダ語を表記するために用いられている。カナリース(Canarese)文字,またはカンナラ(Kannara)文字と呼ばれることもある。本来のカンナダ語以外に,サンスクリット語からの借用語を正確に表記できる文字体系になっている。綴りと発音が原則として一致している。

カンナダ文字はインド系の文字で,南方ブラーフミー文字が発達してできたものである。カンナダ文字とテルグ文字は,形態的相似からも明らかなように源を同じくし―古カンナダ文字はテルグ・カンナダ文字とも呼ばれる―,ようやく8~9世紀になって両者は分離独立した。カンナダ文字で書かれた最古の資料は,マイソール(Mysore)州ハーサン管区(当時)で発見されたハルミディ(Halmiḍi)碑文(西暦 450 成立)である。 [1]

文字構成

カンナダ文字の基本単位は,53の文字と4つの記号からなる。いくつかを除いて,テルグ文字ときわめて似ている。

母音文字・母音記号

子音文字

他のインド系文字と同様に,カンナダ文字の子音文字も,そのままでは a 音を伴う音節を表示する。子音を単独で表示するときは,右上にヴィラーマ(U+0CCD)を付加する。

連続する子音を表記するときは,初頭の子音を通常の大きさと位置で表記し,後続の子音をその下方に上部横線(タレカットゥ)を削除し小型化した形で付加する。 /r/ が初頭音の場合は,後続子音の後にその変形した字形,子音記号が付加される。

アヌスヴァーラとヴィサルガの使用例である。

古典テキストではカンナダ数字が使われている。

テキスト

サンプルテキスト

《訳》 大昔のこと,ヴィダルバで王様がいました。その国では,長い間,盗みがたくさん行われていました。これを捕まえることができたものは誰もおらず,ついに王様自身がある日盗人たちを捕まえに行こうとしました。
出典:Bright (2013) [2]

テキスト入力

ユニコード

カンナダ文字のユニコードでの収録位置は U+0C80..U+0CFF である。

文字表示テスト

カンナダ文字フォントは,通常,Windows OS に実装されている(Arial Unicode MS, Nirmala UI, Tunga)。その他のフォントはSALRCを参照。

正しい表示お使いのコンピュータでは
ಸುಸ್ವಾಗತ
/susvāgata/ Welcome

入力方法

カンナダ語用キーボードを設定すると,タスクバーにはカンナダ語を表す「KA」が表示される。仮想キーボードおよび入力方法については 多言語環境の設定 を参照。

関連リンク・参考文献

[最終更新 2014/04/05]