地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24
TEL:03-5798-2828
FAX:03-3713-9932
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org



「世界の文字」について

Unicodeの普及に伴い,多言語環境を整えることが一昔前に比べ飛躍的に容易になりました。

古代から現代まで,文化的・宗教的・歴史的・学術的観点で重要な意味をもつさまざまな言語と文字を,ご覧くださる方がご自身の手で書き記す際に,このページが何らかのヒントを提供できる契機ともなれば,と念じています。

ご意見やご指摘などをお聞かせください。

稲垣徹
t-ing at tbh.t-com.ne.jp
(" at "を"@"に変えてください)

世界の文字

マニプール(メイテイ)文字


インド東北部のマニプール(Manipur)州を中心に,その周辺に住むメイテイ族の言語メイテイ語 [1](Meitei)を書き表すために用いられる文字(文字体系:アブギダ),現地ではメイテイ文字(Meitei Mayek)という。
ミャンマーのチン丘陵に接する地域にはメイテイ族が居住し,15~16世紀には,小規模ながら王権が成立していた。17世紀になると,ベンガル地方からヒンドゥー教のヴァイシュナヴァ派の信仰が広まり,それとともにベンガル文字がマニプールにもちこまれた。現代メイテイ語は,ベンガル文字による正書法をもっている。この正書法が広く用いられるようになったのは,19世紀に英領になってからであろう。これを新マニプール文字と呼ぶことにする。これより前に,メイテイ語は「メイテイ・マイェック」と呼ばれるメイテイ文字で書かれていた。これを旧マニプール文字とよぶことにする。 [2]

旧マニプール文字

メイテイ族の伝承では,メイテイ・マイェックの起源は西暦紀元1世紀まで遡るといわれているが,根拠はない。ベンガル文字が広く普及するに至るまでは,この旧マニプール文字が,王族・宮廷官僚や知識人・文人の間で用いられていたようである。そして,この旧文字によるメイテイ語の写本が1千点ほど残されていて,その内容は,古典文学作品・歴史資料・宗教関係など多岐にわたっている。

文字構成

子母(頭子音字)

最も古い(?15~?17世紀)に見られる字母は下表の中「k, s, m, p, n, c, t, kh, ṅ, th, y, h, w, y, ph, '」である。18~19世紀以降,サンスクリット語,ベンガル語,ヒンディー語など,インド・アーリア系の語彙を大量に受容することになり,頭子音音素 /bh, dh, gh/ など,外来の音韻が加わることになった。こうして,借用語表記のために採用された文字を加えて,次のような字母表が作られた。さらに,本来のメイテイ語にはなかった子音結合を表記する綴り字(kw, kr, ky, kl, rk, sk, sn, tm)なども考案された。


上記のような経緯を経て,1980年4月,マニプール州知事により認可された「メイテイ・マイェック」の字母表は下記のとおりである。これは,この伝統的な民族文字復興をめざしてメイテイ文字専門委員会が知事に提出した報告書に示されたものである。この改良版をメイテイ語の話し手の間に普及させようという運動があり,州都インパールの町にはメイテイ文字による看板なども見かけられるようになった。しかし,現行の文字体系(ベンガル文字)の普及度がきわめて高いため,メイテイ文字に替えることは難しいといわれる。
1992年,インド連邦政府は,憲法を改正しマニプール州の希望に沿って,このマニプール語(メイテイ語)を公用語に指定した。このマニプール語は,ベンガル文字による現行の新マニプール文字によるものを想定している。


尾子音字


母音符号


数字


メイテイ語テキスト(旧マニプール文字)

サンプルテキスト  [3]


ユニコード

メイテイ・マイェックのユニコードでの収録位置は U+ABC0..U+ABFF である。


表示テスト

下表右下セルにメイテイ・マイェック文字が正しく表示されない場合は,ユニコード対応フォントEeyek Unicodeをインストールする。

正しい表示お使いのコンピュータでは
ꯃꯐꯝꯗꯨꯗꯥ

入力方法

Meetei Mayek」サイトには,下図のような簡易メイテイ文字エディタが提供されている。そこで作成したテキストを,他のアプリケーションにコピー・アンド・ペーストすることができる。


新マニプール文字

ベンガル文字による新マニプール文字の文字組織は,基本的に,旧マニプール文字(メイテイ文字)をベンガル文字に転写してできたものとみてよい。以下の記述は Chelliah (1997) による。 [4]

文字構成

子音字


独立母音字


母音字


鼻音



子音結合 -/w/,-/y/

/w/ と /y/ を示す記号は,ベンガル文字フォントでは U+E0B8 および U+E0B3 に,また,/gy/ を表す文字は U+E1F9 に配置される。


子音結合 -/r/,-/l/

/r/ を示す記号は,ベンガル文字フォントでは U+E0B6 に配置される。


メイテイ語テキスト(新マニプール文字)

サンプルテキスト


Singh (1975)による改良案。 [5]


ユニコード

ベンガル文字のユニコードでの収録位置は U+0980..U+09FF である。合字および各種記号類はU+E050~U+440Fの私用領域(Private Use Area)に配置されている。


マニプール文字表示テスト

下表右下セルにマニプール文字が正しく表示されない場合は,ユニコード対応フォントAsamiya-Banglaをインストールする。

正しい表示お使いのコンピュータでは
নুংঙায়বা
/nuŋŋaybə/ to be happy

入力方法

上記Asamiya-Banglaをダウンロードし,解凍したファイルの中から,フォントe-Bangla OTをインストールする。つぎに,フォルダ[Keyboards]の下の[English Layout] → [Kbdbenen] と進み,setup.exe を実行すると,ベンガル語用キーボードがインストールされる。Windows標準のベンガル語キーボードとは異なる。ベンガル語用スクリーンキーボードと,マニュアルAsamiya Bangla Manual.pdfを参照し,キーボードから文章を入力する。右図はシフトキーを押した状態。タスクバーにはISO 639-1の言語コードでベンガル語を表す「BN」が表示される。【参考】 多言語環境の設定

関連リンク・参考文献