地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24
TEL:03-5798-2828
FAX:03-3713-9932
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org



「世界の文字」について

Unicodeの普及に伴い,多言語環境を整えることが一昔前に比べ飛躍的に容易になりました。

古代から現代まで,文化的・宗教的・歴史的・学術的観点で重要な意味をもつさまざまな言語と文字を,ご覧くださる方がご自身の手で書き記す際に,このページが何らかのヒントを提供できる契機ともなれば,と念じています。

ご意見やご指摘などをお聞かせください。

稲垣徹
t-ing at tbh.t-com.ne.jp
(" at "を"@"に変えてください)

世界の文字

レプチャ文字


レプチャ文字は,インド北東部のシッキム州(Sikkim)と西ベンガル州に居住するレプチャ族がレプチャ語の表記に使う文字である。ロン文字(Rong script)とも呼ばれる(レプチャは他称であり,自称はロンという)。母音含有型の文字(文字体系;アブギダ)であり,直接にはチベット文字からの派生字と考えられているが,チベット文字と関連しない字形も多く含まれ,字形伝承の詳細は十分解決されていない。チベット時代のシッキム王チャクドル・ナムギェー (phyag rdor rnam rgyal,1686~1704/07)によって,1720年に創られた。 [1]

現行の字形と綴字法は不明なところがあるが,一般に知られているレプチャ文字は,イギリス人マネリング (G. B. Maninwaring) の「ロン語文法」(1876)の中で使われている字形と組織である。下の画像は,「ロン語文法」のタイトルページと子音字表を掲載したページである。

レプチャ文字構成

単子音字

レプチャ文字の単子音字28字は下表のような字形をもっている。大部分はその来源形を想定できるが,不明のものもある。チベット文字と想定できる文字は,1-6, 8, 9, 12-14, 16, 17, 21-24,ビルマ文字と想定されるのは3, 7, 26である。29はいわゆる担母音字であって,母音に始まる音節の場合,母音符号をになう字形として使われる。レプチャ文字として新しく追加された f- (15) は ph- (14) から,v- (25) は b- (16) から,それぞれ誕生した文字である。

子音字形全体を見ると,レプチャ文字はチベット文字を左向きに90度傾けた印象を与える。後述する母音字の項でも触れる。


子音結合字

子音結合字には,i) -y- 型,ii) -r- 型,iii) -l- 型があり,それぞれチベット文字 ya-btags,ra-btags,la-btags に該当する。レプチャ文字では,初めの2種類 ya-btags,ra-btags はチベット文字と同様に,各子音字に -y-,-r- をつけて連書する形態をとるが,la-btabs にあたる型には特別な合体時を作り出している。また,レプチャ文字には,チベット文字にはない,iv) -ry- 型と v) -ly- 型がある。

i) -y- 型

ii) -r- 型

iii) -l- 型

iv) -ry- 型

v) -ly- 型

母音字

レプチャ文字の子音字は a 母音含有型であるから,a 母音以外の母音には,7種類の母音字が使われる。それらの母音字は,子音字の左側または右側あるいは下方に置かれる。レプチャ文字にはビルマ文字のような母音専用字がなく,母音に始まる音節では上述のように担任母音字形が使われ,それに母音字がつけられる。


母音字がつけられている位置を見ると,さきに述べたように,レプチャ文字は本来の位置から左に90度傾いていることがようく理解できる。現在の形を時計回りに90度回転させると i 母音字と o 母音字は上方に,u 母音字は下方に移って,チベット文字の形態と一致する。そして,e 母音字はビルマ文字の e と同じく,もともとは子音字の左側に置かれていたことになる。下図参照。

末尾子音符号

いわゆるアヌスヴァーラなど,末尾子音を文字の上方に書く書法はレプチャ文字独特のものである。


数字と数詞

次の表で,1段目は数字を,2段目は数詞を示している。


レプチャ語テキスト

サンプルテキスト

テキスト [2]




Free translation of the foregoing.
Once upon a time a rich married couple lived in a certain town. They had money and enough to eat and drink. They got one son. Being the child of rich parents he lived without having anything to do. Afterwards his parents died, and he, who was the son of wealthy parents, squandered the property which his father and mother had left. His money went away, and nothing was left to eat and drink. Starving he wandered about, and at last he died from want of food.

テキスト入力

文字コード

ここで使用するフォントは,通常の英数字の位置(ASCII 文字コード)に各文字が配置されている。Unicode 5.1 (2008) からユニコードに追加(U+1C00..U+1C4F) されたが,今のところ対応フォントは存在しない。


レプチャ文字表示テスト

下表右下セルにレプチャ文字が正しく表示されない場合は 対応フォント をインストールする。

正しい表示お使いのコンピュータでは
Ae p On wa
/e pa-no wá/ 「王よ!」

レプチャ文字入力方法

単子音字と母音字は,英語キーボードの配列にほぼ対応している。【参照】 多言語環境の設定

関連リンク・文献