nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

マガール文字


ネパールおよび北インドに居住するマガール族が用いるシナ・チベット語族のマガール語を表わす文字(Magar Akkha)。マガール族の居住地は、ヒマラヤ山脈のダウラギリ地域の西端、南端から、南はヒマラヤ前衛のマハーバーラト山脈、東はガンダキ盆地に広がっている。マガール語には 2 つの方言があり,ラプティ県のカム・マガールはカム語を,ドルパ郡のマガール人はタラリ語かカイケ語を話す。(Wikipedia)

文字構成

マガール文字は,ブラーフミー文字とほぼ同じ構成と字形からなる。ただし,母音字は,チベット文字やタイ文字と同様に A 字母のみで,他の母音は母音記号を用いて表わす。数字は,マガール文字固有の字形をとる。(→ Pandey)

マガール文字


ka kakhagaghanga喉音
cachachhajajha口蓋音
tatathadadhana反舌音
papaphababhawama 唇音
sasaharalayanya半母音
aaieeUooEy母音

母音記号

上から,ā,i,ī,u,ū,e,ai,o,au,an を表わすための母音記号。



数字


マガール文字テキスト



関連リンク

[最終更新 2017/05/20]