nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

ドーグラー


インド・パキスタンに居住するインド・アーリヤ系(インド語派)のドーグラー族が話す,,ドーグラー語を表わす文字。これは,パンジャブ・ヒマラヤのタクリ文字の流れを汲むものであり,主に非公式なコミュニケーションと商業活動のために使用された。ドーグラー文字は 1860 年代に標準化されたが,現在は積極的に使用されていない。

Grierson によると,標準化されたドーグラー文字は,デーヴァナーガリー文字とグルムキー文字に合致させるために修正されたという。この公式のドッグラーは、「Name Dogra Akkha」または「New Dogra Script」と呼ばれ,ランビール。シング(1830~1885)の治世中の ジャンムー・カシュミール藩王国の公式書記体系であった。標準的なドーグラー文字を用いて出版された最初の本は、Bhāskarācārya による Līlavatī と題されたサンスクリット語の数学的論文の翻訳であった(1872年)。

文字構成

旧ドーグラー文字

文字表

サンプルテキスト

新ドーグラー文字

子音字および母音文字


母音記号

サンプルテキスト

関連リンク

[最終更新 2017/05/20]