nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

ドーグリー Ḍogrī 英 Dogri


インドの西北部,パンジャーブ州の一部山岳地帯とヒマーチャル・プラデージュ州で話されるパンジャーブ語の一方言ドーグリー方言を記すのに使われる文字。1860年代に,ジャンムー・カシュミール藩王国の支配者であったランビール・シングによってデーヴァナーガリーやグルムキー文字の影響を受けて文字の改良が行なわれ、公式の文字として制定された。これがドーグリー文字(Name Dogra Akkha またはNew Dogra Script)である。1872年にはこの文字による最初の書籍(Bhāskarācārya による Līlavatī と題されたサンスクリット語の数学的論文の翻訳)が出版された。→ Pandey

文字構成

旧ドーグリー文字

文字表

サンプルテキスト

新ドーグリー文字

子音字および母音文字


母音記号

サンプルテキスト

関連リンク

[最終更新 2019/01/20]