地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org



「世界の文字」について

Unicodeの普及に伴い,多言語環境を整えることが一昔前に比べ飛躍的に容易になりました。

古代から現代まで,文化的・宗教的・歴史的・学術的観点で重要な意味をもつさまざまな言語と文字を,ご覧くださる方がご自身の手で書き記す際に,このページが何らかのヒントを提供できる契機ともなれば,と念じています。

ご意見やご指摘などをお聞かせください。

稲垣徹
t-ing at tbh.t-com.ne.jp
(" at "を"@"に変えてください)

世界の文字

カムティー文字


インド,アッサム州の東北,ラキンプール(Lakinpur)地域で,北のミシュミ族と南のシンポー族の間に挟まれて分布するカムティー族の,カムティー語を表記する文字。アッサムで話されるタイ系言語を表記する文字には,アーホム文字シャン文字ノラー文字があるが,このカムティー文字は,シャン文字と同様にビルマ文字を基に作られたモン系文字である。ノラー文字は,このカムティー文字の変形であると考えられている。 [1]

文字構成

単語を構成する音節は,核になる字母(=頭子音字)を中心に,その上下左右に,母音符号,子音複合形,語末子音符号,および声調符号を付して表記する。

子音字


母音字


声調符号


各種符号


テキスト

サンプルテキスト


出典:Khamti Samples

ユニコード

カムティー文字はユニコードのミャンマー文字(U+1000..U+1090 )および,ミャンマー拡張文字(U+AA60..U+AA7F )に収録されている。


文字表示テスト

カムティー文字用フォント Padauk がインストールされていれば,下表右下セルにカムティー文字が正しく表示される。

正しい表示お使いのコンピュータでは
ကႃꩢွꩫ်ကီ:ꩫီ;ဢူ

入力方法

カムティー文字対応の入力メソッドは存在しないが,ミャンマー語用キーボードの利用方法を参考までに記す。ミャンマーのサイト ThanLwinSof: Ekaya からフリーの Ekaya Input Method (32 bit Windows を使用の場合 Ekaya-0.1.9_x86.exe)を入手,インストールガイドに沿ってミャンマー用キーボードを設定する。カムティー文字に必要な文字,例えば上記ユニコード文字表の U+AA60 を入力する際は,AA60 とタイプし,続けて Alt キーと X キーを同時に押すことによって文字を入力する。【参考】 多言語環境の設定

関連リンク・参考文献

[最終更新 2013/09/05]