nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

タイ文字


タイ語は,タイ王国の公用語で,系統はタイ・カダイ語族タイ(Tai)諸語の南西タイ語群に属す。話者は約 5000 万人で,タイ国内が主な分布域である。タイ語は,単音節声調言語である。音節は,頭子音 C1 を核とし,短母音 V,または長母音 VV, そして末子音 C2 より構成され,音節全体に声調 T がかかり,C1VC2/T または C1VV(C2)/T と図式化される。

タイ文字の系統は,南インド系文字「ブラーフミー文字」に遡る。ブラーフミー文字は,インド南部では主として貝多羅葉が書記に用いられていたため,丸みを帯びた字形に変化していった。この南インド系の文字を古クメール文字が受け継ぐのであるが,その際,主としてパーリ語の経典の筆写に用いられていた装飾的な「ムール体(楷書体)」と,クメール語の表記に一般的に用いられていた「チェリエン体(草書体)」の 2 種類があった。タイ文字は,13 世紀に,後者の「チェリエン体」に範を採り作られたものと考えらている。最古の文字資料は,13 世紀ラームカムヘン王碑文に刻まれた文字といわれる。右図は,スコータイ歴史公園にあるレプリカ。以下,佐藤(2001), 峰岸(1996)による。

文字組織

現行タイ文字は,子音文字 42 種,母音符合 21 種,声調符合 4 種,雑符合 4 種,数字 10 種からなっている。子音文字と母音符合を組み合わせて,表単音文字を表す。母音を表記する記号は,子音文字に付加される「符合」だと考えられており,それぞれの種類によって,子音文字の上下左右につけれられる。大文字・小文字の区別はなく,分かち書きはせず,句読点を用いない。

子音文字

子音文字は,元来 44 字あったが,現在では 2 字廃字となり,42 字が使用されている。しかし,子供用の学習文字表には右図のように,縦 11 列,横 4 列の計 44 字が載っている。廃字となった文字は,表 1 行目左から 3 番目と,2 行目左端の 2 字。以下,子音字に関する主な注意点を記す。
(1)各字母を単独で発音するときは,/kɔɔ/, /khɔ̌ɔ/, /khɔɔ/ … のように,母音 /ɔɔ/ をつけて発音する。表では,初頭音と末尾音を k-/ -k のように示した。タイ語の子音文字は,末尾位では,外来語風に発音する場合以外は,内破音の /-k, -t, -p/ および /-ŋ, -n, -m, -y, -w/ のいずれかの音を表す。表に示した 7, 26, 27, 39, 41, 42 の 6 文字は末尾位には用いられない。
(2)子音文字には,各字母のあとに,その文字を使った代表的な単語を付加した名称がある。この名称は,もともと 19 世紀末に,ダムロン親王(1862~1943)によって教育上の目的で考案されたものである。軟口蓋音を表す子音文字(1~5)から配列されているのは,日本語の五十音図と同様,サンスクリット語の音韻学の影響である。なお,硬口蓋音は(6~11),歯茎音は(12~23),唇音は(24~31)である。この子音文字のアルファベットは,最初の部分をとって,“kɔɔ kày khɔ̌ɔ khày”,または,“kɔɔ khɔ̌ɔ khɔɔ” (cf. イロハ,ABC)と称す。
(3)子音文字は,「中子音字」「高子音字」「低子音字」(表では[中][高][低対・低単]と略記)の「三群」と呼ばれる 3 つのグループに分類される。低子音字はさらに,高子音字に同音の文字をもつ「対応字」と,中子音字にも高子音字にも同音の文字をもたない「単独字」に分けられる。これらは,声調と密接な関係にある。サンスクリットの音韻学による無声・有声の区別と同様に,中子音字は無気音,高子音字と低子音対応字は無声有気音,低子音単独字は有声音という音声的特徴をもっているが,低子音対応字は,かつて,有声音であったと考えられている。
(4)/th/ を表記する文字は 6 種(14,15,16,20,21,22)もあるが,これは音韻変化によって同一音に合流した場合でも,語彙の借用の際,原語の綴り字を保存しているためである。子音文字は,表記原語の種類によって,原有子音字,中性子音字,増補子音字(表では《原》《中》《増》と略記)の 3 グループに分かれる。原有子音字は,原則としてインド系(サンスクリット,パーリ語)の借用語の表記に,中性子音字は,本来のタイ語およびインド系言語,クメール語,英語などからの借用語の表記に,増補子音字は,タイ語の表記に不足なため,原有子音字や中性子音字を基に作り足したものである。

二重頭子音字

タイ語の語頭における二重頭子音字には,真正二重頭子音字と擬似頭子音字がある。これらにつく母音記号は,子音文字同士が結合してひとまとまりになったものと見なし,それ全体の上下左右に母音記号が置かれ,子音文字の間に割り込むことはない。左側に書かれる母音記号は二重子音の左側に,上下に書かれるものは 2 番目の子音文字の上下に書かれる。

真正二重頭子音字

タイ語本来の二重頭子音を表記するもので,第 1 子音と第 2 子音の間に母音は介在しない。第 2 子音字は 35, 34, 35 に限られる。

擬似二重頭子音字

真正二重頭子音以外の二重子音をもつ単語を借用した場合,それらは{第 1 子音字+第 2 子音字}の形で表記されるが,本来の二重頭子音でないため発音できず,第 1 子音と第 2 子音との間に母音 /a/ が介在する。声調は第 2 子音字の強弱できまる。すなわち,第 2 子音が鼻音 /m, n, ŋ/,半母音 /y, w/,流音 /r,l/ の場合は第 1 子音字の子音クラスに従い,それ以外の破裂音 /b, d, p, ph, t, th, ʔ/,摩擦音 /h, s/ の場合は,第 2 子音字の子音クラスに従う。

下記の 2 文字は,低子音字と結びついて,それ自体は発音されない擬似的な二重子音となって,それに続く低子音字を,それぞれ高子音,中子音にする。


再読文字

多音節語の前の音節末子音字を,次の音節初頭の子音として再読する。


子音字 (rɔɔ)の母音字としての用法

子音字 は 2 つ並べたり,他の子音字と組み合わせて,特別な読み方をすることがある。


音節符合

サンスクリット語の母音符合からきた音符符合が,わずかの単語の表記に用いられている。次に示す音節符合は,それぞれ,1 文字で,子音と母音を結合した音節を表す。


母音符合

母音表記には,各種母音符合と,子音文字の (yɔɔ),(wɔɔ),(ʔɔɔ)の 3 文字が用いられる。


声調符合

文字としての声調符合は赤字で示した 4 種が用いられる。声調記号が用いられるのは,原則として,平滑音節(母音または /-ŋ, -n, -m, -y, -w/ で終わる音節)の単語であるが,借用語や擬音・擬態語など若干の停止音節 /-k, -t, -p, -ʔ/ で終わる音節)の単語にも用いられる。平滑音節の単語の声調は,頭子音字の種類(中・高・低)と声調符合の種類で決定され,停止音節の単語の声調は,頭子音字の種類と母音符合(短・長)で決定される。声調型は 5 種あり,第 1 母音の上に記号をつけて示す。

第1声調(平声)*1無符合
第2声調(低声)*2`
第3声調(下声)*3^
第4声調(高声)*4'
第5声調(上声)*5ˇ

雑符合

黙音符,省略符,反復符などがある。


数字

タイ数字は,次の通りである。


タイ文字サンプル

例文は,『世界人権宣言』第1条 タイ語版 である。

タイ文字入出力

ユニコード

タイ文字のユニコードでの収録位置は U+0E00..U+0E7F である。廃字となった文字は,U+0E03,U+0E05 の 2 文字である。


文字表示テスト

タイ文字フォントは,Windows Vista 以降,Angsana New, Browallia New, DokChampa 等がインストールされている。正しくフォントがインストールされていれば,下表右下セルに「タイ文字 akson thai [ʔàksɔ̌ːn tʰāj]」が表示される。さまざまなフォントは,WAZU JAPAN's Callery of Unicode Fonts Thai を参照。

正しい表示お使いのコンピュータでは
อักษรไทย

入力方法

タイ語用キーボードを設定すると,タスクバーにはタイ語を表す「TH」が表示される。仮想キーボードおよび入力方法については 多言語環境の設定 を参照。

タイ文字の入力方法は,(発音順ではなく)綴り字の順序で,たとえば,左側に置く母音記号は,子音字に先行して入力する方式である。下付きの母音記号と声調符合が両方とも付される場合は,子音字・母音記号・声調符合の順に入力する。


分かち書き

thai2english は,入力したタイ文を分かち書きし,それぞれの単語の翻字(ローマ字)と訳を表示する。タイ文の行末改行処理などを行う際の参考になる。このサイトを利用して,上記『世界人権宣言』の文章を翻字したものを次に示す。
má-nút táng lăai gèrt maa mee ìt-sà-rà láe sà-mĕr pâak gan nai gia rá-dtì ศักด [ gìat-dtì-sàk ] láe sìt-tí · dtàang mee hàyt pŏn láe má-noh tam láe kuan bpà-dtì-bàt dtòr gan dûay jàyt-dtà-naa-rom hàeng pá-raa-don pâap

Office 言語設定

Microsoft Office の言語パックをインストールすると,特定の言語のスペルチェックおよび文章校正プログラムを利用することができる。下図(MS Word 2013)は,タイ語のキーボードレイアウトと校正ツールが利用可能な状態であることを表示している。

関連リンク・参考文献

[最終更新 2015/02/20]