nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

ルジャン文字・クリンチ文字


インドネシア,スマトラ島中央部西海岸のブンクル(Bĕngkulu)州で,ルジャン語を話すルジャン人によって使用された。ルジャン文字(Rejang script)は,その直線と鋭角に富む字体(書体)の特徴から「レンチョン(短刀)文字(Rĕncong script)」とも呼ばれる。この地方で使われる特殊なデザインの短刀「レンチョン」の形になぞらえて命名したものである。中央部東海岸のジャンビ州(Jambi)では,ともに「レンチョン文字」と呼ばれる,ムラユ語の一種「クリンチ語」を話すクリンチ人が用いる「クリンチ文字」(Kěrinci alphabet)が使用された。それぞれの文字が使用さた地域は「バタク文字」の項の地図を参照。以下,柴田紀男(2001)による。

ルジャン文字

ルジャン文字は,伝統的には,竹筒,籐片(ラタンの棒),水牛の角,樹皮紙などに書かれた。書記材料が竹筒,籐片,水牛の角などの場合には,書記具としてナイフが用いられ,樹皮紙の場合には,ペンと油煙墨が使われた。書かれたテキストは,恋歌,諺,呪文,氏族譜,手紙などに分類される。

この文字によって書かれた言語は,ルジャン語ではなく,「古ムラユ語」と呼ばれるムラユ語の一変種である。伝統的には,この文字によって文字使用者の母語が書かれることはなかった。図 出典:Jaspan (1964)



文字構成

ルジャン文字は,「字母」と「符合」とからなるインド系の音節文字である。字母は,内属母音(inherent vowel)/a/ を含んで /((N) C) a/ (/N/ は鼻音,/C/ は子音)を表記する。符合は,内属母音以外の母音を含んだ音節や閉音節を表記するために,字母の上下左右の決まった位置に添加して使用される。

子音字


/k/ に添えた符号類


例文


ルジャン文字入出力

ユニコード

ルジャン文字は,ユニコードの U+A930..U+A95F に収録されている。ルジャン文字フォントには,Code2000Noto Sans Rejang などが使用できる。


クリンチ文字

クリンチ文字は,音節文字であり,文字構成もルジャン文字と同じく,自立的な「字母」と付属的な「符合」からなる。下記文字表は,Kerinci Rencong id.png による。


関連リンク・参考文献

[最終更新 2015/02/20]