nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

ジャワ文字


現代ジャワ文字の母胎となったのは,カウィ文字(Kawi script)とも呼ばれる古ジャワ文字(Old Javanese script)である。カウィとは,サンスクリット語 kavi 「詩人」に由来するが,この文字が主としてカウィ語(古ジャワ語)の韻文を書くために用いられたためで,カウィ語という名称は,14 世紀にすでに用いられている。現在,インドネシア語で huruf kawi 「カウィ文字」あるいは huruf Jawa-Kuno 「古ジャワ文字」と呼ばれる文字は,ジャワ文字の古典的用法のことである。以下,崎山(2001) [1] による。

カウィ文字は,南インドのパッラヴァ(Pallava)王朝(世暦紀元 300~800)時代の経典(grantha)文字を直接の起源とするインド系文字である。このパッラヴァ文字(経典文字)はまた,東南アジアのビルマ文字モン文字タイ文字クメール文字チャム文字などの源ともなった。ジャワのサカ王伝説によれば,インドからジャワ文字を伝えたのはシャカ暦元年(西暦 78),トリトレスタという婆羅門であったといわれる。その際,文字のインド式配列がジャワ式(先頭の5文字を取って「hanacaraka」とも)に改められた。

http://lowlands-l.net/anniversary/images/java-island.jpg

文字構成

現代ジャワ文字は次の 20 文字からなる。この基本となる文字は裸字(サンスクリット語 akṣara の借用語, akṣara lěgěna)と呼ばれる。各文字は,単独で +a/Ca の音価をもつが,子音で終わる音節および連続する単語の子音終わりを表示するために,該当する文字に続けて書いて直前の a を消す機能をもつ連結字(pasangan)がある。

子音字

複数の子音が連続する音節の場合,原則として先に来る子音の文字を書き,その下,あるいは右側に 2 つ目の子音文字(結合形)を添える。この時、2 つ目の子音文字は形が変化する事が多い(表では青字で示す)。


頭文字,その他の子音字

敬意を払う対象となる人物や場所を記す時に、単語の先頭 (または 2 文字目以降) で上掲の文字の代わりに使用される。これらは元々古ジャワ語において別の音 (有気音等) を表していた文字である。


カウィ文字表

カウィ文字には,前掲の現代ジャワ文字のほか,主としてサンスクリット語からの借用語を,語源に忠実に表記すつための文字,kha, gha, cha などが加わる。


子音記号など

kra, kya, kwa で用いられる記号は,三重子音の 3 つ目を記述する際にも使用される。


外国語を表す子音字

ラテン文字
アラビア文字

母音字

母音字

/a/ 以外の母音を表すときは,子音に赤字で示した母音記号を付ける。複数の子音が連続する音節の場合、/u/ の記号は 2 つ目の子音文字の方に付ける


語末につける記号

語尾が ṃ, ng, r, h で終わるときに添付する記号と,語末の母音 a を取り除くための記号。


数字


句読点等


ジャワ語テキスト

サンプルテキスト

テキストは,『世界人権宣言』第1条(Text provided by Aditya Bayu.)。


テキスト入出力

ユニコード

ジャワ文字のユニコードでの収録位置は U+A980..U+A9DF である。


文字表示テスト

ジャワ文字フォントがインストールされていれば,下表右下セルに “carakan” = javanese alphabet が表示される。

正しい表示お使いのコンピュータでは
꧁ꦕꦫꦏꦤ꧀꧂

入力方法

“Fonta Unicode Aksara Jawa” から Tuladha Jejeg をダウンロードし,フォント,および,仮想キーボードをインストールする。タスクバーには「IN」インドネシア語(インドネシア)が表示される。仮想キーボードについては 多言語環境の設定 を参照。なお,子音字結合の際は,C1 + U+A9C0(“ / ” キー) + C2 の順で入力する。他のフォントには,ユニコードフォント:Noto Sans Javanese, 非ユニコードフォント: Keyman と併せて使用する JG Aksara Jawa がある。

ジャワ文字の歴史

ドゥ・カスパリス [2]は,ジャワ文字の歴史を 5 期に分ける。次に,各期の例を示す。

初期パッラヴァ文字期 (8世紀中葉以前)初期の字形に属するのは,東カリマンタンのマハカム河口で発見された石柱のサンスクリット語碑文が最古のもので,西暦 4 世紀,クタイ王国ムラヴァルマン王の名がある。


後期パッラヴァ文字期 (8世紀中葉以前)後期は,初期の字形と異なって,基本となる文字の上下が同じ高さで書かれる。マレー語の最古の碑文はこの字体で書かれ,南スマトラのパレンパン近郊で発見された,スリヴィジャヤ王国時代の碑文。(684 年)


初期カウィ文字期(c. 750 ~ 925) 東部ジャワのマランのディノヨ(Dinoyo)碑文で,西暦 760 年,サンスクリット語文。カウィ文字の音節文字表を掲げる [3]


後期カウィ文字期(c. 925 ~ 1250) 主に東部ジャワに集中して見られる文字で,字形は洗練された方形状になった。図は,東部ジャワ・マランのンガンタン(ngantang)石碑(1135 年)の一部。


ジャワ文字期(c. 1250 ~ 1450)マジャバヒット朝(1250 ~ 1450)期に重なるこの文字期は,銅版文の隆盛によって特徴づけられる。とくに,中部ジャワのサラティガのムルバブ(Murbabu)山から出た石碑(1449/1450)の文字は,古代字と現代ジャワ文字の中間に位置する。


関連リンク・参考文献

[最終更新 2015/03/25]