nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

チャム文字


拡大
インドシナ半島のオーストロネシア語族チャム語を書き記すための固有の音節文字で,南インドのパッラヴァ(Pallava)文字の系統を引く。最古の碑文は,ベトナムのフーイェン(Phú Yên)地方で発見された 4 世紀後半のバドラヴァルマン王のチョディン(Cho-dinh)・サンスクリット語岩板碑文で,文字は,初期パッラヴァ文字に属す。 [1]

チャム族によるチャンバ(占城)王国は,西暦 2 世紀末インドネシア半島に建てられた林邑王国に始まり,17 世紀には,北方からの越人の南進によって完全に滅びた。しかし,その末裔は,現在,カンボジアに 10 万人,ベトナムに 5 万人が散在して生存し,少数民族語ではあるが,チャム語とともにチャム文字の使用も行われている。カンボジアで使用される文字は akhar srah,ベトナムで使用される文字は akhar thrah (ともに「常用文字」の意味)と呼ばれ,文字数は後者のほうが多い。akhar thrah は曲線的に,akhar srah は字画を残して分解的にかかれるのが特徴である。

文字構成

インド系文字としての特徴を持ち,各文字には基本母音として a が含まれる。ただし,鼻音系列もじは,ə という音価をもち,補助記号によって音価 a を表す。文字は,母音字・母音記号・子音字,および数字からなる。チャム語の音節は CV(C) で表され,音韻末には音韻末子音字が用いられる。

ベトナム(東)・チャム文字

母音字
母音記号
子音字
音韻末子音字
数字

サンプルテキスト

創世記 1:1 【出典】Brŭk ngăk graup seh pô êtha. (Bible. N.T. Acts. Cham. Vietnam, 1977.)


カンボジア(西)・チャム文字

母音字
母音記号
子音字
音韻末子音字
数字

テキスト入出力

チャム文字コード

チャム文字のユニコードでの収録位置は U+AA00..U+AA5F である。通常の英語キーボードの配列である ASCII コードに割り当てられているフォントの例も併せて示す。ユニコード対応のチャム文字キーボードは存在しない。入力方法については 多言語環境の設定 を参照。下記に示す ASCII 版フォントには,入力方法の一覧表が添付されている。

ベトナム・チャム 《使用フォント》ユニコード:Noto Sans Cham ASCII:JG ChamVN

カンボジア・チャム 《使用フォント》ユニコード:CJM Kh 001 ASCII:JG ChamCambodia


関連リンク・参考文献

[最終更新 2015/03/25]