nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

パウチンハウ文字


ティディム・チン語(Tiddim Chin)は,シナ・チベット語族チベット・ビルマ語派のクキ・チン語支に属する。クキ・チン語支は,約 50 言語からなる言語集団である。ティディム・チン語は,そのうちの北部チン語群に属し,約 35 万人弱の話者を有する。ティディム・チン語話者は,ミャンマー連邦北西部のチン州西部とザガイン管区東部,およびインド共和国北東部のマニプル州南部とミゾラム州北部に多く住み,近年ではミャンマー連邦の都市部,ミャンマー連邦国外への移住も見られるようになった。(→ 大塚)

文字構成

パウチンハウ文字

ティディム・チン語には,ラテン文字による正書法(後述)のほか,パウチンハウ文字(Pau Cin Hau /paːucìnhàːu/)という独自の文字による表記もある。パウチンハウ文字とは, Laipian /làːipiàn/ と呼ばれるキリスト教系新興宗教を創始しティディム・チン語話者 Pau Cin Hau (1859 年生~1948 年没)が 1931 年に考案した文字である。 パウチンハウ文字は,別名 Tualla /tuallàːi/ 「現地の文字」と呼ばれることもある。もともとは 1,050 文字から成る表語文字であったが,3 度の改定を重ねるたびに文字数が減り,現在は 57 文字から成る表音文字となっている。子音文字 21 字,母音文字 7 字,9 種類のコーダ記号と 20 種の声調記号から成る。現在,パウチンハウ文字の読み書きができるティディム・チン語話者は非常に限られている。


パウチンハウ文字初級教科書(1932)(→ Pandey 2011)

パウチンハウ文字(写真中,上段)で書いてある教会の看板 (→ 大塚)

表語文字

表語文字の例を挙げる。詳しくは,Pandey 2010 および 2013 を参照。


表語文字とビルマ文字で書かれたティディム地区の学校の標識。(→ Pandey 2010))

ラテン文字

ティディム・チン語話者の多くは,ラテン文字による正書法を用いる。この正書法は,20 世紀前半にアメリカ合衆国のバプティスト派宣教師 Joseph Herbert Cope(1882 年生~1938 年没)が宣教活動の中で考案したものである。現在でもキリスト教会の日曜学校などが中心となって,文字教育を積極的に行っており,若年層の話者にも広く普及している。この正書法には,声調または母音の長短を区別する為の記号が無い。


ユニコード

パウチンハウ文字のユニコードでの収録位置は U+11AC0..U+11AFF である。作表には,フリーフォントUnifont Upper を用いた。

関連リンク

[最終更新 2017/06/20]