nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

カウィ文字

現代ジャワ文字の母胎となったのは,カウィ文字とも呼ばれる古ジャワ文字である。カウィとは,サンスクリット語の「詩人」に由来するが,この文字が主としてカウィ語(古ジャワ語)の韻文を書くために用いられためで,カウィ語という名称は,14 世紀にすでに用いられている。

カウィ文字は,南インドのパッラヴァ(Pallava)王朝(世暦紀元 300~800)時代の経典(grantha)文字を直接の起源とするインド系文字である。このパッラヴァ文字(経典文字)はまた,東南アジアのビルマ文字,モン文字,タイ文字,クメール文字,チャム文字などの源ともなった。ジャワのサカ王伝説によれば,インドからジャワ文字を伝えたのはシャカ暦元年(西暦 78),トリトレスタという婆羅門であったといわれる。

カウィ文字は,パルメラヤシの葉に書き付ける文字として発達し,尖った筆記用具を用いるため,字形も長い線を描く事が困難になり,丸みをおびてやや斜めに書く字体に変わる。書かれた文字資料は,ロンタル(貝葉)と呼ばれる。

カウィ文字表

文字見本

カウィ語ージャワ語辞典

Winter, C. F. (Carel Frederick) (1880)Kawi-Javaansch woordenboek : ten behoeve van degenen, die Javaansche gedichten wenschen te lezen (Batavia : Landsdrukkerij,)

ラグナ銅版碑文

マニラ南方のラグナ州の川縁から出土した 1 枚の銅板は,初期カウィ文字で書かれ,碑文の釈迦暦 822 年(または西暦 900 年)から,制作年代は,10 世紀頃と推定された。内容は,現在のマニラ北部のブラカン州の,証人名を記した,ある家族の負債免除の証文である。この碑文は,東南アジア島嶼部におけるカウィ文字の使用範囲のほか,碑文の語彙は,多くのサンスクリット借用語とフィリピンの現地語(古タガログ語),古マレー語を含み,その語法は,他の碑文とも多くの共通点が見いだせることから,リンガ・フランカ(共通語)としてのマレー語の適用範囲を具体的に示す証拠ともなった。

後期カウィ文字期

西暦 925 年から 1250 年にかけて,主に東部ジャワに集中して見られる文字で,とくにクディリ朝(1100~1222)下で字形は洗練され,方形状になった。この時期の文字は,インドネシア各地の文字へと継承されたといわれ,西部ジャワでは西暦 1080 年のチ・チャティー碑文群のスンダ文字,南部スマトラでは西暦 997 年のパワン・ランギット碑文の文字も,この文字に類似する。次の図は,東部ジャワ・マランのガンタン(Ngantang)石碑(1135 年)の一部。(橋本)

関連サイト

[最終更新 2017/10/20]