nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

サマリア文字 英 Samaritan script


サマリア(現代名セバスティヤ)は,分裂後のイスラエル王オムリが前 880 年頃に建設した首都である。その国はのちアッシリアの属領となって異民族と雑婚が行われたため,バビロン捕囚から解放された南方のユダの民からサマリア人として排斥され,前 3 世紀にユダヤ人から宗教的にも分離した。サマリア人は前 6 世紀以降,旧約聖書の完成していく過程をユダヤ人と共有せず(ゆえに冒頭のモーゼ五書のみを聖典とする,言語も文字も異なった発展をたどった。[高階 p. 461]

文字構成

全部で 22 個の文字は連字されることなく,右から左に横書きされる。借用した先カナアン文字に母音字がなかったために,子音のみを表記する表音文字であるが,兄弟関係にあるフェニキア文字と異なり,古ヘブライ文字の段階ですでに,語末母音 a, e, o を h で,u を w で,i を y で表記していた「読みの母 matres lectionis。後代の写本では,語中に y, w を挿入して i, u を示すことを多用した。ユダヤ人の五書とサマリア版の相違は約 6 千にもなるが,大半はこれに起因する。[高橋 p. 465]


サマリア文字の字体の変遷

サマリア文字の字体は「完全文字」(Majuscule, harf kāmil,また mujallas 「正しく捉えられた」文字)と「半文字」(Minuscule, niṣf al-ḥarf 「文字の半分,また ṭaraš 「なおざり」文字)に区別され,前者はモーゼ(サマリア)五書や題字,見出しなどに,後者は祈禱書や日常の文書に使用される。

[Unknown / Public Domain / 出典]
I: 古ヘブライ文字(前 6 世紀 アラド,ラキシュ陶片)II: 五書写本(1215/6)III, VII: 17 世紀中葉の写本 IV, VIII: 現代の写本 V, IX: タイプライター印字体 VI: サマリア・ショア記写本(1513)X:European print, a number of texts and part of texts in older European works were printed in this script.

サマリア語テキスト

サンプルテキスト

トーラー

SamaritanTorahScroll トーラ [Unknown / GFDL / 出典]

ホロン(イスラエル・テルアビブ近郊の都市)のユダヤ教礼拝堂で用いられるトーラーの1つ。ユダヤ人とは対照的に,サマリア人はシナゴーグにおいてトーラーを朗読することなく,常に同じ箇所(レビ記 9:22)が開かれていた。Samaritan Pentateuch

サマリア五書写本 Samaritan Pentateuch

サマリア五書 [American Colony / Public Domain / 出典]

ユニコード

サマリア文字のユニコードでの収録位置は U+0800..U+083F である。フリーフォント: Noto Sans Samaritan


関連リンク・参考文献

[最終更新 2022/03/15]