nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

ウルク文字 英 Pictogram from Uruk


ウルク文字(ウルク古拙文字とも)は,中部イラクの古代都市ウルク(現代名ワルカ Warka)遺跡から出土した小型粘土板上に記されていた文字で,のちにメソポタミア各地で広く用いられた楔形文字体系の原型をなすものと考えられている。ウルク遺跡以外に,ジャムダト・ナスル(Jamdat Nasr)で出土した粘土書板の文字は同類と考えられるので,これらを総称して原(プロト)シュメール文字(Proto-Sumerian)と呼ぶ研究者もいる。これらはシュメール文字と何らかの関係を持っていると考えられるからである。右図: 前 4 千年紀末のウルク古拙行政文書。絵文字と数を表す記号が書かれている。→ 矢島

ウルク遺跡の発掘は 1927 年以降,ヨルダン(J. Jordan)の指揮するドイツ調査団によって行われた。エ・アンナ(E. Anna)神殿遺跡を地下深く掘ったところ,のちに「ウルク第 4 層(Uruk IV)と名づけられた地層から小型の粘土書板が多数出土したが,これらには人間の頭,手,足,ヒツジなどの動物,魚,穀物を表わす穂の形,数字(半円形,円形)などの文字記号が刻まれおり,神殿奉納品の記録文書と考えられる。出土した粘土板文書の総数は,当初は 570 と報告された。その後もウルク文書の発見は続き,現在では 4,000 個ほどに達しているといわれる。右図: ウルク第 4 層出土の粘土書板

ウルク文書の文面がごく短く,多くは単語の羅列にすぎないため,ウルク文書の使用言語を明らかにすることは現在の段階ではきわめて困難である。文字記号の配列から見ると,後代のシュメール文書のそれに近いとも考えられるが,ジャムダト・ナルス文書では例外的なものも見られ,非シュメール語(原エラム語?)を使用言語としたものではないかとの推測もある。

ウルク文字が出土したウルク遺跡の「ウルク第 4 層」は,考古学的に前 3 千年頃にあたるものと推定されている。したがって,ウルク文字はメソポタミア楔形文字体系の最古形とされるばかりでなく,エジプト聖刻文字(これはメソポタミア楔形文字体系からの何らかの影響を受けていると考えられる)や東洋の漢字体系,その他の独立的文字体系のどれよりも古い文字遺物であると思われてきた。しかし,1961 年,ルーマニアのタルタリア(Tărtăria)村で,Nicolae Vlassa が溝の発掘を行い,ヴィンチャ期に属すと見られる 3 枚のタブレットが発見され,ウルク文字に先立つものではないかとの可能性が現われた。(→ 別項『ヴィンチャ文字』参照)

文字資料

ウルク文書

文書の大きさは,長さ約 4~5 cm,幅約 2.5~3 cm で,表面がレンズ状にもりあがっている。数詞と物品名のほか人名も記されていて,おそらく神殿エ・アンナへの奉納物品目録の類であろうといわれている。左図は表面,左欄を上から下へと読み,ついで右欄を読む。図中央は右側の稜。裏面(右図)は右欄より左欄へと読む。→ 杉

ウルク文書

ある祝祭行事において消費されるビールの割当量を計算したもの。→ フロリアン・クルマス


ジュムデト・ナスル期のタブレット

図版のタブレットは後代の書字方向に合わせて示されているが,これは誤解を招く方法である。当時のシュメールの書記がタブレットを読んだと同じようにそれを眺めようとすれば,右図の下方に示した矢印が横にではなく,上方に向くように誌面の向きを変えなければならない。そして,もとの向きに戻してみると,タブレットの水平線が縦欄になることがわかる。→ クリストファー・ウォーカー


ウルク古拙文字の粘土板台帳

ウルク文字の描画は,およそ紀元前 3200 年頃のシュメール文字の最初の段階を示している。裏面には,2 行の数値記号 ― 球形の記号は数字 10 を,円錐の記号は数字 1 を示す ― の下に,牡牛の頭部と牝牛の頭部が描かれている。表面には,円錐形の数値記号が,直線で仕切られた枠に分けられた他の様々な記号と一緒に描かれている。台帳の中のように ― 実際,この銘文は台帳だった―。これらの枠の1つ1つには,目録を解することのできるたくさんの記号がはいっているのである。→ フロリアン・クルマス


関連リンク

[最終更新 2018/10/20]