地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org


世界の文字

エスキモー(イヌイット)文字 英 Eskimo writings


エスキモーはグリーンランド,カナダ極北,アラスカ,チュクチ半島(ロシア)に居住し,人口は 10 万人強,そのうちエスキモー諸語を話すのは約 8 万人と推定される。18 世紀初頭にヨーロッパ人と接触して以後,各地に進出してきたキリスト教の宣教師によって,会派によって異なる様々な表記法がエスキモー諸語のために考案されてきた。語域が広いだけに種類は少なくない。このような広義のエスキモー文字は,大きく,1)音節文字,2)ラテン文字系(グリーンランド語等),3)キリル文字系(アリュート語等),の 3 種に分かれる。2)と 3)は単音表示的。3 種のうち,1)を狭義において「エスキモー文字」ということが多い。1)はカナダ極北に,3)はアラスカのごく一部(すでに過去)とチュクチ半島に限られ,全体として 2)が優勢である。右図参照(拡大)。さらに,絵文字の伝統があった南西アラスカには,アラスカ文字 [1]の名で知られる音節文字があった。

狭義のエスキモー文字として知られているのは,カナダのエスキモー語域のうち,ウンガヴァ地方(ケベック北部),キーワティン地方(ハドソン湾北東),バフィンランド,および中部極北に住むイヌイット(「人(複数)」)が用いているクリー文字の系統を引く音節文字である。クリー文字に基づいてエスキモー語の表記法を完成し,積極的にその普及を図ったのは,1875 年にハドソン湾のエスキモー語域に遣わされて来た英国国教会のペック(Edmund J. Peck, 1850~1924?)である。しかし,ペックの表記法では,/k/ と /q/,/g/ と /ng/ を区別できず,さらに,閉音節の末尾子音を表示することができなかった。結果として,同一の文字が何種類もの音節を表しうるために,前後関係に意味の判断を委ねざるをえないことになる。ペック以後は,それぞれの地域と宗派によって,さらに後には言語学者がこれに加わって,様々な改良案が提出されていった。

1977 年にカナダーイヌイット同盟(Inuit Tapiriit Kanatami)の言語委員会によって,異なる慣用を1種に統一し,かつ各地の方言に特徴的な音の表示法をも明確化しようとの提案がなされた。ところが,このような改変には,古い体系の音節文字で印刷された聖書に親しんできた年配者などからの反発や抵抗が生じ,今日,統一案の受容は地域によって異なっている。しかし全体としては,小学校の授業,ほとんどの雑誌や新聞,ワープロ等にも採用されるようになるなど,しだいに定着しつつある。 [2]

文字構成


イヌイット語テキスト

サンプルテキスト

Nunavik 方言 (Inuttitut )。ケベック州のイヌイット居住地ヌナビクで話される。

Nunavut 方言。ヌナブト準州のイヌイット話者に用いられる。

出典: Omniglot Inuktitut syllabary

文字入力

文字コード

イヌイット文字を含む統合カナダ原住民音節文字(Unified Canadian Aboriginal Syllabics)のユニコードでの収録位置は U+1400..U+167F である。



文字表示テスト

統合カナダ先住民音節文字フォント Aboriginal Unicode Fonts がインストールされていれば,下表右下セルにイヌイット文字が表示される。

正しい表示お使いのコンピュータでは
ᑎᑎᕋᐅᓯᕐᒃ ᓄᑕᐊᕐᒃ

入力方法

Languagegeekサイトで提供する各種言語用キーボードからイヌイット語を選択する。なお,このソフトウェアキーボードを利用するには,別途 Tavultesoft 社の Keyman Desktop を必要とする。下図はイヌイット語キーボードの例である。短文を引用するような場合は, 多言語環境の設定を参照。

関連リンク・参考文献

[最終更新 2018/08/20]