nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

マハージャニー文字


マハージャニー文字(Mahājanī lip,Mahajani letters)は,デーヴァナーガリー文字が簡略化された文字体系で,「商人,金貸し」を意味する mahājan の文字の意。この文字はまた,ラージャスターンのマールワール地方出身の商人がよく使うことからマールワール文字(Mārwāṛī lipi)ともいわれる。主に,マールワール地方,および,その地方出身の商人が記帳・通信に用いる。(→ 坂田)

マハージャニー文字は,母音の表記が不十分なため,文字体系としては優れたものとはいえない。すなわち,これによって表記される言語がおよそ 10 の母音をもつにもかかわらず,マハージャニー文字は,語頭では 2 つないし 3 つの母音のみを表記でき,その他の位置では母音を表記できない。また,公的な場で使われることがないため,地域と個人の変種がたくさんあって,標準化されていない。

  表記の不完全さの例
  通信文の表記 ローマ字転写:B b a j m r g y)
  意図した通信 母音を補足:Bābū ajmer gayo.「旦那はアジェメールに行った」
  誤読された形 Bābū āj mar gayo.「旦那はきょう死んだ」

マハージャニー文字表

マハージャニー文字見本

Proposal to Encode the Mahajani Script in ISO/IEC 10646   

ユニコード

マハージャニー文字のユニコードでの収録位置は U+11150..U+1117F である。フォントは,Unifont Upper を使用。

関連リンク

[最終更新 2017/02/20]