地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

◆ことばのサロン

9月のことばのサロン

「私たちは外国人をどのように受け入れるか―ドイツの難⺠支援を参考に」

日時:9月28日(土)14時~16時30分
話題提供:松原好次先生
     (元電気通信大学教授・社会言語学)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 教室(予定)
   (JR田町駅徒歩8分、地下鉄三田駅徒歩7分、地下鉄赤羽橋駅徒歩8分)
   アクセス・キャンパスマップ

参加費:無料
お申し込み:不要。直接会場へどうぞ。
共催:慶應言語教育研究フォーラム

入管法改正に伴って、定住外国人の増加が見込まれています。私たちの隣人としての外国人とどう付き合っていくか、お互いが良い関係を築くにはどうすることが望ましいのか。著書「難民支援」でたくさんの外国人を受け入れてきたドイツの政策をそのメディアを通して研究された松原先生を迎え、お話を聞きます。たくさんのヒントがもらえそうです。




10月のことばのサロン

「創作の中のアイヌ語―「アイヌ文化で読み解く『ゴールデンカムイ』」を題材に」

日時:10月12日(土)14時~16時30分
話題提供:中川裕先生
     (千葉大学文学部教授)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 教室(予定)
   (JR田町駅徒歩8分、地下鉄三田駅徒歩7分、地下鉄赤羽橋駅徒歩8分)
   アクセス・キャンパスマップ

参加費:無料
お申し込み:不要。直接会場へどうぞ。
共催:慶應言語教育研究フォーラム

アイヌ研究の第一人者で、大人気の漫画『ゴールデンカムイ』の開始以来、アイヌ語・アイヌ文化の監修を続ける中川裕先生。10月のサロンでは、著書「アイヌ文化で読み解く『ゴールデンカムイ』」を題材に、創作の中でのアイヌ語について様々な視点からお話いただきます。『ゴールデンカムイ』を未読でも、その世界の中に浸れるサロンです。『ゴールデンカムイ』の販売もあります。




11月のことばのサロン

「イラン・イスラム共和国理解のために―テヘラン下町のホセインの追悼儀礼から」

日時:11月16日(土)14時~16時30分
話題提供:谷憲一先生
     (一橋大学大学院・社会人類学)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス 教室(予定)
   (JR田町駅徒歩8分、地下鉄三田駅徒歩7分、地下鉄赤羽橋駅徒歩8分)
   アクセス・キャンパスマップ

参加費:無料
お申し込み:不要。直接会場へどうぞ。
共催:慶應言語教育研究フォーラム

谷先生より
ニュース等でイスラーム体制とそれに反発する世俗化した市民という対立が強調されがちではありますが、こうした2項対立に還元されない、宗教的ともそうではないともいえるような、テヘランの下町でシーア派の宗教儀礼を担う人々に焦点を当てたいと考えています。


ことば村・ことばのサロンは、ことばについての話題を提供するゲストをむかえ、ことばについて、親しくわいわいと話し合う集まりです。どなたでも参加できます。ことばについて、目からウロコ体験。ぜひ遊びにきてください。