地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

◆ことばのサロン

7月のことばのサロン

「子守唄を通して見える世界―アフリカを中心に」

日時:7月14日(土)14時~16時30分
話題提供:海野るみ先生(羽衣国際大学/文化人類学・民族音楽学)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス教室(予定)
   (JR田町駅徒歩8分、地下鉄三田駅徒歩7分、地下鉄赤羽橋駅徒歩8分)
   アクセス・キャンパスマップ

参加費:無料
お申し込み:不要。直接会場へどうぞ。
共催:慶應言語教育研究フォーラム

南アフリカを主なフィールドに、声を出す行為(うたう、語る、唱えるなど)がローカルな記憶を想起する装置として働く場で、人々の実践やそれに関する語りを調査し記述しています。(海野るみ)

阿部年晴・ことば村前理事長が温めていた企画・「子守唄」を取り上げる第一回目のサロンです。耳に触れる機会の少ないアフリカの子守唄を中心に、子守唄が広げる世界を探ります。お楽しみに!





9月のことばのサロン

「万葉集にやまとことばの起源を探る」

日時:9月15日(土)14時~16時30分
話題提供:小林昭美ことば村副理事長(元大正大学/古代日本語研究)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス教室(予定)
   (JR田町駅徒歩8分、地下鉄三田駅徒歩7分、地下鉄赤羽橋駅徒歩8分)
   アクセス・キャンパスマップ

参加費:無料
お申し込み:不要。直接会場へどうぞ。
共催:慶應言語教育研究フォーラム

万葉集は原初の日本語「やまとことば」で書かれていると考えられている。漢字だけで書かれた万葉集を解読すると、中国語起源のことばや朝鮮語と同源語が多く含まれていることがわかり、原初の日本語の姿が見えてくる。(小林昭美)





10月のことばのサロン

「ブータンのことばと文化(仮)」

日時:10月13日(土)14時~16時30分
話題提供:西田文信先生(東北大学/言語学)

会場:慶應義塾大学三田キャンパス教室(予定)
   (JR田町駅徒歩8分、地下鉄三田駅徒歩7分、地下鉄赤羽橋駅徒歩8分)
   アクセス・キャンパスマップ

参加費:無料
お申し込み:不要。直接会場へどうぞ。
共催:慶應言語教育研究フォーラム

ブータンには20ほどの独立した言語が話されております。公用語であるゾンカ語を含めて、少数言語全般についてお話しできればと思っております。(西田文信)



ことば村・ことばのサロンは、ことばについての話題を提供するゲストをむかえ、ことばについて、親しくわいわいと話し合う集まりです。どなたでも参加できます。ことばについて、目からウロコ体験。ぜひ遊びにきてください。