地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

◆ことばのサロン

3月のことばのサロン

「福沢諭吉の英語―翻訳から考える日本の近代化」

日時:4月1日(土)14時~16時30分
話題提供:鈴木健次先生(元NHK教養番組プロデューサー・大正大学名誉教授)

会場:慶応義塾大学三田キャンパス 南校舎445教室
   (JR田町駅徒歩8分、地下鉄三田駅徒歩7分、地下鉄赤羽橋駅徒歩8分)
   アクセス・キャンパスマップ

参加費:無料
お申し込み:不要。直接会場へどうぞ。
共催:慶應言語教育研究フォーラム


 福沢諭吉は坂本龍馬や近藤勇と同時代の人です。8歳で漢学をはじめ、青年期には長崎、大阪の適塾などで蘭学を学び、その後独学で英語を学びます。

 27歳で咸臨丸で渡米、その後遣欧使節に加わるなど、幕末までにすでに欧米の世界を自分の目で見て『西洋事情』を書いています。

 その後、『学問のすゝめ』や『文明論の概略』を書き、慶應義塾大学の基礎を作ったことはよく知られています。

 坂本龍馬や近藤勇が刀で新時代を開こうとしたのに対して、福沢諭吉はペンで新しい文明に立ち向かった人といえるのではないでしょうか。

 鈴木先生はアメリカ学者でもあり、放送大学で「幕末の日本人が見たアメリカ~万延元年遣米使節の異文化理解』という講義をされたこともあります。今回はことばから見た西欧文明との遭遇を語ってもらいます。場所も福沢諭吉ゆかりの慶応大学です。

 お楽しみに。



4月のことばのサロン

「阿部年晴先生をしのぶ―阿部先生の仕事と人」

日時:4月22日(土)14時~16時30分
話題提供:小田亮先生(首都大学東京教授・社会人類学)

会場:慶応義塾大学三田キャンパス(予定)
   (JR田町駅徒歩8分、地下鉄三田駅徒歩7分、地下鉄赤羽橋駅徒歩8分)
   アクセス・キャンパスマップ

参加費:無料
お申し込み:不要。直接会場へどうぞ。
共催:慶應言語教育研究フォーラム

ことば村・ことばのサロンは、ことばについての話題を提供するゲストをむかえ、ことばについて、親しくわいわいと話し合う集まりです。どなたでも参加できます。ことばについて、目からウロコ体験。ぜひ遊びにきてください。