nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

エジプト民衆文字 英 Etyptian demotic


エジプト神官文字と異なり木石に刻まれることが多く,資料のいくらかは聖刻文字と併記され,一部はギリシア語訳を伴う。ロゼッタ碑文はその一例である。神官文字と同様,もっぱら右から左に横書きされた。綴りは 2 つの傾向を示す。一つは,神官文字を民衆文字に置き換えるだけで音変化を反映しない歴史的正書法であり,一つは,史的音変化を反映する表音的正書法である。→ 塚本

前 7 世紀,サイス朝プサンメティコス 1 世の時代に使われ始め,初期に行政や常用の公式書体として採用され,その後プトレマイオス朝に宗教文書,文学作品が書かれるようになった。初期は,字源となった神官文字への翻字が可能なほどであるが(古民衆書体),プトレマイオス朝から独自の発展をたどり,続け字の豊富なことが特徴である(プトレマイオス朝民衆書体)。ローマ時代には,さらに簡便な書体に向かい(ローマ時代民衆書体),行政におけるギリシア語の優勢に押され法律文書からは途絶えたものの,文学・科学文献や宗教文書に生き残った。使用期間は 1 千年以上にわたり,それまでの記録量をはるかに上回る膨大な文献を残した。図は,大英博物館蔵「ロゼッタ・ストーン」の民衆文字が刻まれた箇所。

文字体系

エジプト民衆文字サンプル

前 3 世紀頃の資料と現代の学者による聖刻文字転写。→ Gardiner(1957)


ローマ皇帝アントニウス・ピウスの治世 10 年の記録。内容はワインの受取書。ローマ時代,紀元後 145 年 土器片 ロンドン,大英博物館蔵 → 秋山


木片に記された民衆文字。図 c の裏面にはギリシア文字が 2 行記されている。→ Diringer


紀元前 3~2 世紀,古代エジプトの都市テーベで交わされた売買契約書。ベルリン博物館所蔵。→ Thebanische Kaufverträge

図左:アマシス像の胴体部のデモティックの碑文。ルーブル美術館蔵。図右:ギリシア語(左と中央の列)とデモティック(右列)で書かれたパピルス。ベルリン 国立博物館蔵。→ アンヌ=マリー・クリスタン

『アマルナ文書』 メソポタミア地方,ティグリス川上流にあったミタンニ国の王トゥシュラッタがアメンヘテプ 3 世にあてた手紙。当時の外交文書はこうした楔形文字で書かれていた。下半分にはヒエラティックで,この手紙がアメンヘテプ 3 世の治世代 36 年に届いたものであることが記され,王宮の文書庫に保管されていた。

手紙の内容は,病気平癒を祈願してニネビュのイシュタル神像をエジプトに送ったというもの。アメンヘテプ 3 世のミイラからは,晩年,歯槽膿漏で歯痛になやまされていたことがわかっている。新王国時代第 18 王朝 紀元前 1357 年ごろ 高さ 9.5 cm 幅 6.5 cm 厚さ 2 cm 粘土製 テル・アル=アマルナ出土

Hierodulie-Urkunde → Daniel, Robert W. (1986) Griecische und demotische Papyri der Universitätsbibliothek Freiburg. (Bonn : R. Habelt)

『アメンエムオペの教訓』を 2 列に分けて記したパピルスの巻物の一部。それぞれの「節」は赤で番号が付けられている(ここでは第 5,及び第 6 節)。そして韻文の各行はそれぞれ行分けして書かれている。デモティックの教訓文学では,このように韻文と散文を区別する方法が一般的な慣例となった。第 3 中間期,紀元前 1000 年頃。高さ 24 cm。→ リチャード・パーキンソン

関連リンク・参考文献

[最終更新 2018/08/20]