地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
FAX:03-3713-9932
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org



「世界の文字」について

Unicodeの普及に伴い,多言語環境を整えることが一昔前に比べ飛躍的に容易になりました。

古代から現代まで,文化的・宗教的・歴史的・学術的観点で重要な意味をもつさまざまな言語と文字を,ご覧くださる方がご自身の手で書き記す際に,このページが何らかのヒントを提供できる契機ともなれば,と念じています。

ご意見やご指摘などをお聞かせください。

稲垣徹
t-ing at tbh.t-com.ne.jp
(" at "を"@"に変えてください)

世界の文字

マラヤーラム文字


マラヤーラム文字は,インド南部のケーララ州 (Kerala) の公用語マラヤーラム語を表記するための文字である。マラヤーラム語はタミル語の西域方言から発展し,9~10 世紀頃から固有の言語として現れる。したがって,マラヤーラム文字の成立も古くはなく,同文字の最古の資料である刻文も 10 世紀のものである。 [1]

マラヤーラム語が成立するまで,ケーララ地方はタミル語文化圏に含まれており,政治的・文化的にタミル地方とは密接な関係にあった。やがてチョーラ王朝が現れ,バーンディヤ地方を平定し半島南部を治める強大な王朝となった(9~13世紀)。チョーラ王朝の出現によって,ケーララ地方は政治的・文化的にタミル地方と分断されることになり,そのためケーララ地方では独自の文化が発展することになる。それまでケーララ地方では,タミル語が宮廷語,文章語として用いられていたが,それに代わりタミル語の西域方言が新たに標準的な言語として用いられるようになり,これがマラヤーラム語となった。以後,マラヤーラム語はサンスクリット語の語彙を多量に取り入れつつ,独自の言語として発展してゆく。

文字に関しては,チョーラ王朝の下で,タミル文字にサンスクリット語を書写するのに用いられるグランタ文字の交じった文字(グランタ・タミル Grantha-Tamil 文字とも呼ぶことがある)に統一されるようになった。グランタ文字は,サンスクリット語の語彙を大量に取り入れ有声音や帯気音をももつマラヤーラム語を表記するのに適した文字として使われるようになり,13 世紀頃までにはマラヤーラム文字として定着することになった。その後,同文字は変形を続け,19世紀になって現行のマラヤーラム文字となった。

文字構成

マラヤーラム語は,ドラヴィダ系言語特有の反転音や反転摩擦音を含むばかりか,アーリヤ系の有気音をほとんどすべて含んでいる。後者の点でタミル語と異なる。なお,マラヤーラム語は,ドラヴィダ系主要言語のうちでは最も多くのサンスクリット語系の語彙を用いるとされる。

マラヤーラム語の 14 の基本母音と 36 の基本子音はすべて表音文字であり,すべての母音と子音が結合すると 14 × 36 = 504 音となるが,サンスクリット系の母音である l' はあまり使われていない。またマラヤーラム語には後述する,多数の重子音と,複雑な u や ū の母音との結合方法などがあるため,字母の書き方を合理化し,印刷する際に必要な活字の数を減らす動きが起こり,1981 年には,合理化によって,必要活字数を 900 から 90 に激減させることができた。以下の文字表中で2種類の文字を並べた場合は,左側に合理化前の文字(母音記号)を示した。

母音字

14 の基本母音のほかに,aṃaḥ を表す文字がある。

子音字

子音字にはすべて [a] の音が含まれている。[a] をとって狭義の子音の音を表すためには文字の右肩に三日月形のマークをつける。


下記の文字は母音を伴わない独立した子音字である。

子音字+母音字

子音 k,t,p と母音の結合例を示す。

子音字+u, ū

母音 u と ū の音と子音字が結合する際に,表記合理化以前では赤字で示すように不規則な表記をする文字が多数存在する。

重子音

マラヤーラム文字には,特定の子音と直後の子音が一体となった重子音(結合文字)が多数ある。表記の仕方は,字母を上下に重ねたり,互いの字母の一部分または記号化された符号を結合させる。なお,字母の書き方の合理化の結果,上部にあった字母に三日月形のマーク付し,下部につけられていた字母をその右に並べていくやり方がとられた。

Grünendahl  [2] から旧正書法による重子音の一部を引用する。

数字

文字の書き順例

ほとんどすべてのアルファベットと重子音の多くも一筆で書くことができる。 [3]


マラヤーラム文字テキスト

サンプルテキスト

次のテキストは伝統的な正書法による『世界人権宣言1条』である。


Free Font: FreeSerif
次は現代の正書法によるテキストである。

Free Font: Kartika Windows XP 搭載

「食事を制限しても運動量を増しても心臓病が制御できないのはなぜであろうか?それどころかそれは日に日にますます多くの人々を奴隷化している。このことの影にいる悪者はだれだろう?」
出典:Mohanan (1996) [4],Free Font: e-Malayalam OT

テキスト入力

ユニコード

マラヤーラム文字のユニコードでの収録位置は U+0D00..U+0D7F である。


文字表示テスト

下表右下セルにマラヤーラム文字が正しく表示されない場合は,ユニコード対応フォント [5] をインストールする。表示は使用するフォントにより左側の書体(Kartika)と異なる場合がある。

正しい表示お使いのコンピュータでは
സ്വാഗതം
/swagatam/ welcome

入力方法

伝統的な綴りを表すフリー・フォント “e-Malayalam 7C” と,最近の表示方法によるフォント “e-Malayalam OT” を例に,入力方法の一部を示す。

マラヤーラム文字キーボードを設定すると,タスクバーにはISO言語コードISO 639-1の言語コードでマラヤーラム語を表す「ML」が表示される。【参考】 多言語環境の設定

関連リンク・参考文献