nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

シンディー文字 Sindhi letters


西インドのシンディー(シンド)語を表記するために,アラビア・ペルシア文字を改良して作られた文字体系である。
シンディー語は,もとはランダー文字,フダーワーディー文字(Khudabadi), グルムキー文字(Gurmuki),ホジャ文字(Khojiki),デーヴァナーガリー文字(Devanāgarī )などで書かれていたが,シンド地方の住民のおおくが,ムスリム政権下でイスラム教に改宗して西方への傾斜を強めたことから,ペルシア文字がしだいに浸透し,その改良された形であるシンディー文字が,イギリス統治下で,手書きと印刷の文字として広く使われるようになった。アラビア文字の場合は,通常はナスフ体を用いる。

フダーワーディ文字 Khudawadi (Sindhi) script

この文字は,フダーワーディ文字あるいはシンド文字と呼ばれ,インドアーリア系のシンド語を表記するために用いられた。1868 年にボンベイ政府により,「ヒンディー語シンド語」あるいは「ヒンドゥーシンド語」として標準的な文字体系とされ,ハイデラバードを中心に使用された。しかし,最終的にはアラビア文字に置き換えられた。

母音・母音記号


子音字


数字


例文

例文は“Grierson's Linguistic Survey of India” SHINDHĪ -- VICHŌLĪ of SINDHĪ HYDERABAD を参照。

文字コード

なお,U+E2DF は鼻音化を表す anusvara,U+E2E9 nukta および U+E2EA virama は音節に含まれる母音を相殺するための記号である。


Fonts: OldShindhki なお,Unicode 7.0 でフダーワーディ文字(U+112B0..U+112FF)の登録が予定されている。 【参照】Final Proposal to Encode the Khudawadi Script in ISOS/IEC 10646 

アラビア文字表記

シンディー語の音韻体系はヒンディー語のそれに似るところが多く,ペルシア文字では,シンディー語の表記は十分にできない。そこで,シンディー語地域の人たちは,ペルシア文字の母音文字のほかに,それに補助記号をつけたり,それを 2 つ組み合わせるなどの方法で母音の長短を書き分け,そり舌音を表記するには歯茎音の文字の下に点を付し,帯気音は無気音に補助点を加えるといった工夫を加えて,ペルシア文字をデーヴァナーガリー文字に対応するように改めたのであった。全体として見るとき,シンディー文字は,借りてきた体系を巧みに自分のもとした典型的な事例だということができる。 [1]


数字


サンプルテキスト


出典: UDHR Sindhi

文字コード

シンディー語で用いる文字はユニコードのアラビア文字領域(U+0600..U+06FF)に含まれる。


Fonts: Arabic Typesetting (Windows 付属)。その他のフォントは,Sindhi Fontsを参照。

デーヴァナーガリー文字表記


例文

例文は“Grierson's Linguistic Survey of India” SHINDHĪ -- VICHŌLĪ of SINDHĪ HYDERABAD を参照。

文字コード

シンディー語に特有の文字を赤字で示す。


関連リンク

[最終更新 2014/09/05]