地球ことば村
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
メニュー
ようこそ

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F
TEL:03-5798-2828
http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org



「世界の文字」について

Unicodeの普及に伴い,多言語環境を整えることが一昔前に比べ飛躍的に容易になりました。

古代から現代まで,文化的・宗教的・歴史的・学術的観点で重要な意味をもつさまざまな言語と文字を,ご覧くださる方がご自身の手で書き記す際に,このページが何らかのヒントを提供できる契機ともなれば,と念じています。

ご意見やご指摘などをお聞かせください。

稲垣徹
t-ing at tbh.t-com.ne.jp
(" at "を"@"に変えてください)

世界の文字

アーホム文字


13世紀の初頭から18世紀の末にかけて,インドのアッサム地方で用いられていたタイ族の一派,アーホム族の文字。南インド系の文字,アーホム文字は,シャン文字カムティー文字と同様,古モン文字からの派生形だと考えられている。 [1]

文字構成

表単音文字で,子音字と母音字を組み合わせる。子音字は1字形が1単音を表示し,単独に読むときには, aa 母音をつける。母音字は,それぞれその種類によって,子音字の上下左右に置かれる。また,元来もっていたと考えられる声調の表記はない。

アーホム文字表

文字配列には二通りあり,一番目は G. Barua による「アーホム‐アッサム‐英語辞典」(1920年)に基づくもので,次はアーホム文字フォントを作成した Stephen Morey の分析に基づくものである。


母音文字表


Free Font: Ahom Font (morey-fonts.zipに同梱)

テキスト

サンプルテキスト


出典:Terwiel & Wichasin (1992) [2], Free Font: Ahom Manuscript (morey-fonts.zipに同梱)

テキスト入力

文字コード

アーホム文字は U+0020..U+007F に配置される。


文字表示テスト

本項で用いたアーホム文字フォントがインストールされていれば,下表右下セルにアーホム文字が表示される。

正しい表示お使いのコンピュータでは
AhoM
Ahom

入力方法

アーホム文字対応の入力メソッドは存在しない。【参考】 多言語環境の設定

関連リンク・参考文献

[最終更新 2013/09/05]