nƂΑ
言語学者・文化人類学者などの専門家と、「ことば」に関心を持つ一般市民が「ことば」に関する情報を発信!
j[
悤

【地球ことば村・世界言語博物館】

NPO(特定非営利活動)法人
〒153-0043
東京都目黒区東山2-9-24-5F

http://chikyukotobamura.org
info@chikyukotobamura.org

世界の文字

アラム文字 英 Aramaic scripts


The Pentateuch - A Yemenite manuscript
with the Targum. 〔拡大図〕
聖書図書館所蔵(2017年6月30日閉館)
広義には,アラム語の直接資料に用いられた文字のうち,フェニキア文字から派生した,線形単音文字体系を指す。前 8 世紀前半までの古アラム語の碑文は同時期のフェニキア語碑文と同じ文字で書かれているが,アラム語を表記しているものは古アラム文字(Old Aramaic scripts),または,フェニキア・アラム文字(Phoenician-Aramaic scripts)と呼ばれることもある。→ 松田(2001)

この文字が,前 8 世紀後半以後,すなわち古アラム語時代の後期から後述のような字形の実用的簡略化の道を歩み,前 5 世紀にその極に達する。といっても,この時代にアラム語はアッシリア,新バビロニア,ペルシア各帝国の公用語であり,その文字も帝国全土でほぼ統一されていた。そして,ペルシア帝国が崩壊して,ギリシア語とギリシア文字がこの地方における共通の伝達手段となっても,アラム語とアラム文字は死滅せず,ただ統一を失って前 2 世紀以後,アラム文字は各地域ごとに多少とも相異なる方向に変化した。これらは大体その文字で書かれた代表的言語の名を冠して,(方形)ヘブライ文字(聖書アラム語,パレスチナ・ユダヤ教徒アラム語,バビロニア・アラム語),パルミラ文字(パルミラ語),ナバテア文字(ナバテア語),シリア文字(シリア語,パレスチナ・キリスト教徒アラム語)と呼ばれる。

上にあげた各種のアラム文字はいずれも 22 個の字母からなる文字体系であって,字形の変化の結果同形異音の音価に変化が起こったりはしたが,ある字母が用いられなくなったり新しく作られるということはなかった(「マンダ文字」を除いて)。

古アラム語 Ancient Aramaic(前 10~8 世紀)

古アラム語というとき,前 8 世紀を中心とする時期に,当時活躍していたアラム民族の諸都市で建てられた碑文のアラム語を意味する。古アラム語の記録に用いられた文字が最古のアラム文字と言えるわけであるが,それらはまた同時代のフェニキア文字そのものでもあり,字形にいくらかの相違があったとしても,個人差の程度に過ぎない。古アラム語の碑文は十数点発見されており,その代表的なものに,3 個からなるセフィーレ碑石の刻文(後述)がある。→ 松田(2001)

カナン・アラム文字の「キラムワ刻文」
フェニキア語古アラム文字でヤーディの王,カイアの子であるキラムア王子よりアッシリアの王シャルマネセル 3 世(紀元前 858~824 年)への奉納金について記している。 → Donner(1973)


ベン・ハダド碑文 前 9 世紀中期
ダマスカスの王ベン・ハダド碑文は,アラム語ダマスカス方言でかかれ,フェニキアの神メルカルトに捧げられてものであった。→ Diringer(1968)


テル・ダン石碑 前 9 世紀後半
テル・ダン石碑(Tel Dan Stele)は、1933 年から 1934 年のイスラエル北部、テル・ダンでの発掘調査で発見された石碑である。この発見は,聖書外資料として初めてイスラエルの王「ダビデ」の名前を記していることで注目されている。このアラム語の碑文は,表面が字を書くためにスムーズに加工された石板に線形アルファベットで刻印されている。現存部分は 13 行だけであり,個々の語は語分割符号である「点」によって分けられている。→ ヨセフ・ナヴェー(2000)→ テル・ダン石碑拡大図

テル・ハラフ出土の碑文
シリア北東部のテル・ハラフ(Tell Halaf:聖書のゴザン Gōzān の遺跡を含む)から出土した,アラムの王ハッディエスイー(Haddyesʽī)の 23 行からなる前 850 年頃の碑文。→ ユセフ・ナヴェー(2000)


バルラキブ王碑 前 730 年頃
トルコのサムアル(現:ゼンジルリ Zencirli)で出土したバルラキブ王碑(131 cm × 62 cm)。アラム語の地方方言で書かれている。図左 → Diringer 図右模写 → Donner(1973)


ハマトの王ザクルの碑文 前 800 年頃
ザクル碑文では,アラム文字の特徴は顕著ではなく,フェニキア・アラム文字と称することができる。アラム文字がフェニキア文字から分岐したのはおよそ前 8 世紀中期に始まることである。左図 → ジョン・ヒーリー,右図 → Donner(1973)


ハマト碑文 前 8 世紀中期
ハマトで発見された煉瓦には,短いアラム語のテキストが草書体で刻まれている。この時期以降アラム文字の草書体は急速に発達した。→ ヨセフ・ナヴェー(2000)


セフィーレ石文 前 750 年頃
セフィーレ(Sfire)で入手された前 750 年頃の,約 110 行にわたって 2 つのアラム国間の条約を記した石文 3 点はもっとも長文で,古アラム語資料の代表である。→ Donner(1973)


帝国アラム語 Imperial Aramaic(前 7~3 世紀)

アラム語は前 6 世紀の末にはすでにペルシア帝国の公用語として幅をきかせていた。この時期のものを帝国アラム語と称す。前 5 世紀にナイル河上流のエレファンティーネ島にユダヤ人の一団が植民していたが,ここから彼らが作成したアラム語のパピロス文書が多数発見されている。→ 松田(1988)

アッシリア時代 (前 7 世紀)

ネーラブ墓碑 前 7 世紀前半
シリアのネーラブで出土した神官墓碑(95 cm × 45 cm)。 → 松田(2001)→ 模写 Donner(1973)


アッシェル陶片書簡 前 650 年頃
古代都市アッシェル(Assur)出土の 6 片からなる陶片に,21 行にわたって書かれた書簡。 → 松田(2001)


新バビロニア時代 (前 6~5 世紀)

サッカラ出土のアドン書簡
エジプトのサッカラ(Saqqāra)出土の書簡は,南パレスチナの王アドン(ʼdn)がエジプト王(ネコ 2 世,Necho II)に,バビロニアの侵攻を訴えたもので,アラム語の国際性を示している。→ 松田(1998)→ Donner(1973)


リュディア語‐ギリシア語墓碑
サルディス出土のリュディア語‐ギリシア語の 2 言語併用碑文。アラム語テキストは,紀元前 4 世紀のアラム石碑体文字で書かれている。→ ヨセフ・ナヴェー(2000)


アショカ王勅令碑文
アフガニスタンのカンダハル(Kandahar)出土の 1 基はギリシア語(上半分)とアラム語(下半分,図の 4 行目以降)で書かれたアショカ(Aśoka)王(前 268~233 在位)の勅令碑文。→ Donner(1973)


エレファンティーネ・パピルス 前 5 世紀
エレファンティーネ・パピルスは,バビロン捕囚時にエジプトに逃れ,エレファンティーネでユダヤ人の共同体を営んでいた人たちが紀元前 5 世紀に残した,アラム語の結婚,離婚,相続などの契約文書,また,私信等の記録。下図は,破壊されたユダヤ教会の再建を懇願する書簡。 Elephantine papyri


エレファンティーネ・パピルス「離婚証明書」前 441 年
〈訳〉アルタクセルクス王の 25 年,アブの(月の)14 年,すなわちパホンの 19 日に,Swn 砦の建築士 Piʼbar Paḥī が Warizat 分隊所属の Swn のアラム人 Mahseyah bar Yedoniah の娘 Mibṭaḥyah に言った…… → 松田(2001)


エレファンティーネ出土の「夢の陶片」 5 世紀後半

→ 松田(2001)

カルバントラ墓碑 「碑文書体(lapidary)」 前 4 世紀初頭 → 松田(2001)


中期アラム語 Middle Aramaic(前 2~後 3 世紀頃)

前 3 世紀の末頃から,アラム語は,文字共通語としての統制力を失い始め,シリア・メソポタミア,エジプト,北パレスチナには,ギリシア語が侵入した。しかし,ヘレニズム世界にあって独自の文明を維持したユダヤ,北西アラビア,パルミラ,バビロニア,パルティアでは,ペルシア時代の帝国アラム語を規範とした文字言語が継承され,文字の書体や正書法だけでなく,統辞法や語彙においても,書き手の母語の影響をも受けつつ,次第に各地方独自の文字アラム語が形成されていった。→ 「ナバテア文字」「パルミラ文字」「パフラヴィ文字」「シリア文字」

パルティア王国のアラム語

アルメニアから出た境界碑文 前 180 年頃
アルメニア王アルタクシアス 1 世(前 189~前 160 年)によって建てられたアラム語の国境石碑。アルタクシアスは彼の農地改革を進める中で村々に耕地を分割したが,そのことが小さな石碑に刻まれている。→ ヨセフ・ナヴェー


首都ニサの遺跡から出たオストラコン  前 1 世紀
ニサのぶどう酒倉からは,前 1 世紀のアラム文字で書かれた 2,000 枚を超えるオストラコン(文字の書かれた土器片)を出土している。それらは壷の中身を説明した「ラベル」であり,ぶどう酒やビネガーの品質と出所,発送年,配送した役人の名が記してある。→ ヨセフ・ナヴェー(2000)

現グルジア地方のアルマジから出土したギリシア語・アラム語 2 言語碑文 1 世紀
この時代にはグルジア人やアルメニア人も独自の文字を持っていなかった。グルジア文字アルメニア文字はもっと後代になって考案された。一方,パルティア人のほうは,ペルシア人もそうであったように,独自の文字を創らなかった。そこで,文字となるとギリシア文字またはアラム文字を使用した。当時アラム語はすでに話し言葉ではなかったし,アラム語の方言も生じなかったので,かれらは帝国アラム語で書き続けた。→ 松田(1988) 拡大図


タルグムのアラム語
タルグム(Targum,アラム語で「翻訳」は,前 4 世紀頃以来,ヘブライ語を解しなくなったユダヤ教徒のための,アラム語による『旧約聖書(Pentateuch)』の翻訳)としてパレスチナなどに伝承されている。→ The Palestinian Targum to the Pentateuch. Codex Vatican v.1 (facsimile) (Jerusalem ; Makor Publishing) 拡大図 聖書図書館所蔵(2017年6月30日閉館)


後期アラム語 Late Aramaic(3 ~ 7世紀)

帝国アラム語の規範力は 3 世紀頃にはまったく衰え,アラム語を話す各地方ごとの方言に分化し,東西二大方言の区別は,いよいよ顕著になった。そのため,この時期には,もはやアラム諸方言としてではなく,アラム諸語として扱われる。→ 「マンダ文字」「サマリア文字」

シリア語
この時期のシリア語は中期シリア語ともよばれ,400 年頃完成したペシタ(Pšīttâ)とよばれる旧約聖書(右図)の翻訳に用いられ,シリア文字による正書法を新たに確立し,東アラム語を話すキリスト教徒の文字共通語となった。ペシタ訳


現代アラム語 Modern Aramaic, Neo-Aramaic

後期アラム語諸方言は,10 世紀頃までにはほとんどすべてアラビア語によって滅ぼされたが,僻地に逃れてイスラム化されなかった,ユダヤ教,キリスト教,マンダ教の教徒たちはアラム語を守り続け,現代でもなお,約 30 万人がアラム語を話しているといわれる。

字母一覧表

フェニキア文字の祖先である原カナン文字の字母配列順(いわゆるアルファベット順)は,すでに前 2 千年紀後半には決まっていたと推定されるが,アラム文字の使用者も,おそらく最初からそれを知っていたのであろう。

テル・ハラフから出た,無数の亀裂状文様が刻まれていると見られていた四分円形の石版(前 8 世紀末頃のものと推定される)には,実は,文様に混じって,19 ないし 20 個の古アラム文字が伝統的字母配列順に従って刻まれていることが明らかになった。図(b)は文字だけを書き出したもの。一番外側に右から左へ ʼ b g d h w z ḥ ṭ y k l,内側に左から右へ m n s ʽ p [s],2 列目も左から右へ r š と刻まれている。→ 松田(2001)


アラム文字の世界で出土した,現在知られている最古の完全な「アルファベット碑文」は,エジプトのワディ‐ハンマーマート(Wadi Hammamat)から出たもので,帝国アラム文字の書体で 22 字母が 1 列に書かれている。転字は右から ’ b g d h w z ḫ ṭ y k l m n s ‛ p ṣ q r š t となる。→ Revue d'Assyriologie 41: 1947-48.


アラム文字コンピュータ処理

古アラム文字と帝国アラム文字,それぞれのフリーフォントが下記のサイトから入手できる。ワードプロセッサーなどで使用する際は,右横書きの機能を必要とする。

古アラム文字 フリーフォント Early Aramaic


帝国アラム文字 フリーフォント(ユニコード) Noto Sans Imperial Aramaic


ユニコード

帝国アラム文字のユニコードでの収録位置は U+10840..U+1085F である。


入力方法

アスキー(英語)配列の Early Aramaic フォントには,文字とキーボードとの対応表が付属する。ユニコードの帝国アラム文字用キーボードは存在しない。一般的な入力方法については 多言語環境の設定 を参照。

関連リンク・参考文献

[最終更新 2018/10/20]